1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. CHiCO with HoneyWorks
  6. CHiCO with HoneyWorks「決戦スピリット」が魅せる「熱意」とは

【歌詞コラム】CHiCO with HoneyWorks「決戦スピリット」が魅せる「熱意」とは

ぎゅっとまとめ
  • 勝利に貪欲な選手達の「熱意」を歌う曲
  • 込められる「熱意」は選手のものだけにあらず!?
  • 「音楽」と「部活」2つの「熱意」が融合して生まれた最強の青春ソング

このアーティストの関連記事をチェック

飛べ!全国の頂へ!「ハイキュー!! T…

大人気スポーツアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』のエンディングテーマとなった楽曲『決戦スピリット』。多くのアニメのOP・ED曲を制作してきた「CHiCO with HoneyWorks」が、熱意を込めた歌詞の内容に迫ります。

公開日:2020年6月21日 更新日:2020年6月21日


この記事の目次 []
  1. ・勝利を欲しがる「エゴイスト」達の熱意
  2. ・選手だけではない。応援をする人々から送られる熱意
  3. ・音楽という熱意による最強の部活青春ソング

勝利を欲しがる「エゴイスト」達の熱意

2020年から放送を開始した、大人気スポーツアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』。

第4期では、第3期の続編にあたる『全日本ユース強化合宿編』に加え、ついに全国舞台へと駒を進めた烏野高校の奮闘を描く物語となっています。

そのED曲を務めたのが『決戦スピリット』です。


楽曲制作者は、若者を中心に熱い支持がある大人気ユニット『CHiCO with HoneyWorks』。

バレーにかける熱い想いや青春をカッコよく、パワフルに歌ったこの楽曲に込められた内容に迫ります。


----------------
プレッシャーそれがどうした
神様の助けはいらない
エゴイストそれがどうした
勝ちたいに理由などない
≪決戦スピリット 歌詞より抜粋≫
----------------

始まりの歌詞は、勝つことに貪欲な「エゴイスト」達の姿です。

「勝ちたい」ただその一心に、試合という名の勝負に臨む人達の姿が想像できます。

アニメ『ハイキュー!!』は、バレーに情熱を注ぐ「バレー部」の青春物語です。

つまりここでいう「エゴイスト」とは、その部活動に精を出す学生部員のことでしょう。

この貪欲な思いを部員たちが持っているということになります。

しかし、ただの貪欲ではありません。

「神様の助けなどいらない」という歌詞からは、自分の力で勝利を掴みたい、まっすぐな熱意が伝わってきます。


----------------
Break out 挑まずにはいられない
Break out 影さえも振り切ってけ
Break out 現状の限界
乗り越えろ チャンス
We are 全力をかけた
We are 怯えることない
Winner 確信へ変われ
高く高く高く
舞い上がれ
≪決戦スピリット 歌詞より抜粋≫
----------------

続く1番Bメロの歌詞からも、熱い気持ちが伝わってきます。

その反面「影」や「現状の限界」といった歌詞が歌われていることから、そこには大きな障壁も存在しているようです。

だからと言って、それが熱意を冷ます理由にはなりません。

勝ちに貪欲な彼らは、この壁すらもチャンスに切り替えようとしているのです。

最後の「舞い上がれ」という歌詞は、ボールを追って飛びあがるバレー部員を彷彿させるだけでなく、彼らの勝利にかける熱意そのものを表現しているように見えます。

貪欲なまでに勝利を欲しがる「エゴイスト」=「部員たち」。

1番の歌詞から見えてきたのは、そんな勝利への熱意でした。

選手だけではない。応援をする人々から送られる熱意



Cメロでは、部員たちを鼓舞するような歌詞が歌われています。

----------------
臆することない
Wow 強き風が背中押す
Wow 宿れ青い炎
Wow 時代を作れ風雲児
Wow 頂上へいざなう道
≪決戦スピリット 歌詞より抜粋≫
----------------

勝利の為に彼らが乗り越えて来た「影」や「現状の限界」。

それを通して得てきた経験が、確かに彼らの力の糧になっていると歌っています。

同時に、彼らの経験や勝利への熱意に、敬意を払う姿勢も感じられます。

ここで思い浮かぶのがマネージャーの存在です。

部活というと部員ばかりに目が行きがちになりますが、影から彼らを支えるマネージャーもいるのです。

ハイキューでもその存在は色濃く描かれており、なくてはならないキャラクターとして存在しています。

このCメロは、そんな彼らを影から支える人達からの応援。

そこに込められた思いが表現されていると感じます。

そう捉えると、間に挟まれるコールは、まるで声を張り上げて応援をしているように見えてきませんか。

部員たちだけでなく、応援する人々の熱意。それがこのCメロから見えてくるのです。

音楽という熱意による最強の部活青春ソング



これまでの努力、培ってきた経験。

その全てを糧に挑む試合という名の「戦場」。ここまで来た以上、もう怖がっている暇も恐れている暇もありません。

どんな逆境的状況にも屈せず、最後まで勝利を得られる事を信じて戦うしかありません。

そんな彼らの昂りが、この大サビで歌われています。

----------------
Break out 挑まずにはいられない
Break out 最強の最前線
Break out 戦場の均衡
ぶち壊せ Ready Go!!
We are 逆境の嵐
We are 恐るるに足らず
Winner 喝采を浴びて
強く強く強く
清くあれ

味わった敗北のキズは
涙やって花を咲かせる
"諦めろ"と笑えばいいさ
そんな言葉 僕は知らない
"粋がってろ"馬鹿にされても
勝利掲げ僕は生きたい
敗北を知り花は咲く
≪決戦スピリット 歌詞より抜粋≫
----------------

かつて味わった「敗北」。己の努力を嘲わらってきた他人の言葉。

それらが脳裏によみがえりながらも、勝利を掴みに行く姿は「エゴイスト」にふさわしいといえます。

清々しいまでに「勝利」という一点に全てを注ぐ熱い姿となっています。

そんな彼らの思いを乗せた最後の歌詞がこちらです。


----------------
"不可能"と笑えばいいさ
そんな言葉 僕は知らない
≪決戦スピリット 歌詞より抜粋≫
----------------

他人からしたら「不可能」な事すら、勝利を諦める理由にはならない。

きっぱりとした物言いで楽曲をしめる歌詞からは、そんな思いが充分に伝わってきます。

部活はあくまで学生が学業の傍らに行うもの。彼らの全てではありません。

ですが、彼らにとっては全力を尽くすに値するもの。

たとえ1日の数時間しかない練習時間だって、一生のほとんどを費やしていると当時は思うものです。

それは音楽においても同じようなものだと思います。

実際にその楽曲が奏でられるのはたったの数分間程度。

しかし、その数分間の為に何時間、何日とかけている制作者の強い熱意がそこにはあるのです。

この楽曲がとてもパワフルに熱意が伝わってくるのは、制作者の熱意が詰まった「音楽」というジャンルを通して人々の心へ語りかけているからなのでしょう。

単なるアニメのED曲ではありません。

「音楽」と「部活」一見、似ていないようにみえる2つの熱意が融合して生まれた、最強の青春ソング。

それが『決勝スピリット』なのです。


TEXT 勝哉エイミカ

CHiCO with HoneyWorksは、女性ソロシンガー「CHiCO」(ミュージックレイン所属)とクリエイターチーム「Honey Works」(インクストゥエンター所属)とのコラボユニットである。CHiCOは、2013年、ソニー・ミュージックエンタテイメントSD主催の、ボカロとアニソンに特化した全国区歌手オーディション「···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

「天空の城ラピュタ」は何度見ても最高!…

映画「何者」これがリアル!現代の就活生…