1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 映画・ドラマ
  4. 映画・ドラマ&特集
  5. GReeeeN
  6. NHK朝ドラ「エール」は、希望のドラマ。優しさとぬくもりに包まれて…

NHK朝ドラ「エール」は、希望のドラマ。優しさとぬくもりに包まれて…

ぎゅっとまとめ
  • 朝ドラ『エール』は、福島を応援するドラマ
  • 『エール』は、作曲家・古山裕一とその妻の波乱万丈の生涯を描いた物語
  • GReeeeNが歌う主題歌『星影のエール』は、音楽の力を感じ、世界観にピッタリ

このアーティストの関連記事をチェック

GReeeeN「愛唄」のさりげない表現…

2020年3月30日から放送されている、NHK「連続テレビ小説」第102作『エール』は、作曲家・古関裕而と彼の妻・金子をモデルに、その生涯をフィクションで描いたドラマです。この記事では『エール』の魅力を紹介します。

公開日:2020年7月18日 更新日:2020年8月21日

Editor

有紀


この記事の目次 []
  1. ・朝ドラ「エール」とは!
  2. ・「エール」のあらすじ
  3. ・コメディの帝王志村けん
  4. ・ GReeeeNの「星影のエール」
  5. ・本放送も間もなく帰ってくる

朝ドラ「エール」とは!

画像引用元 (Amazon)

NHK「連続テレビ小説」第102作『エール』は「マッサン」以来の男性主人公。

昭和という激動の時代を生き、人々の心に寄りそう楽曲を多数生み出した作曲家・古山裕一(こやまゆういち)とその妻・関内音(せきうちおと)の、波乱万丈の生涯を描いた物語です。

モデルは実在の人物で、昭和を代表する作曲家・小関裕而とその妻・金子。

登場人物名や団体名などは一部改称して、フィクションとして描かれています。

小関裕而はさまざまな学校の校歌を作っているので、もしかするとあなたの学校や母校もそうかもしれませんよ。

古関の出身地・福島市と、妻・金子の出身地でもある豊橋市が連携して、NHKに要望書を提出したり、15万人分を超える署名を集める誘致活動を展開し、ドラマ化しました。


ドラマタイトルの『エール』は「応援」の意味。

『エール』は、東日本大震災から10年の節目を目前に「福島を応援したい」という思いを込めて企画されました。

小関裕而は福島の偉人であり多くの応援歌を作った作曲家で、劇中で使われる音楽の多くに、小関裕而本人のものが使われています。

青年期から30年にもおよぶ、長い人生を演じる主人公・古山裕一役には、幅広い人間性を演じることのできる演技力が評価されている、窪田正孝をキャスティング。

情熱的で行動力のあるヒロイン・関内音役には、ヒロインオーディションで見せた熱演と歌唱力が評価を受けて、二階堂ふみが選ばれました。

「エール」のあらすじ

▲[エール] 主題歌 | GReeeeN「星影のエール」 | タイトルバック | NHK

明治42年(1909年)、福島の老舗呉服屋に古山裕一が誕生しました。

老舗の跡取りでありながら裕一は夢想的で、周りには商売には向かない子どもだと思われながら、育てられます。

しかし、音楽に出会った裕一は、独学で作曲の才能を開花させていくのでした。

青年になり、音楽の道をあきらめきれない裕一は、家族に黙って海外の作曲コンクールに応募し、なんと上位入賞を果たします。

それをきっかけに出会った裕一と関内 音は、福島と豊橋という、遠く離れた地に住みながらも相手を想い続け、やがて結婚。

東京に出た二人は、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していきます。

しかし、時代は戦争へと突入し、軍の要請で戦時歌謡を作曲する裕一は、自分の歌を歌って戦死していく若者の姿に苦しむことに…。

戦後の復興し始めた日本で、傷ついた人々の心を音楽の力で勇気づけようと、古山夫妻は新しい時代の音楽を奏でていくのでした。

『エール』に流れるのは、暗い時代を乗り越えて輝く希望。ぬくもりやあたたかさが、キラキラと輝いています。

コメディの帝王志村けん

▲志村けん、スカパラに期間限定で加入 華麗な三味線演奏にバカ殿も釘付け  『キリン氷結』WEBムービー

小山田耕三役の志村けんが、新型コロナウイルス感染症により肺炎を発症し、2020年3月29日、お亡くなりになりました。

きっと、今でも信じられない、信じたくないと思っている人がたくさんいるでしょう。

彼は、日本中のみんなを笑わせてくれた日本の宝です。

『エール』では収録済みのシーンはそのまま放送し、未収録分については脚本を変更して「ナレーションをうまく使って登場させる形」が検討されているそうです。

GReeeeNの「星影のエール」

▲GReeeeN - 「星影のエール」リリックビデオ Full Ver.(コード譜つき)NHK 連続テレビ小説「エール」主題歌



朝ドラ『エール』の主題歌『星影のエール』は、GReeeeNが担当。

もちろん、作詞・作曲もGReeeeNです。

GReeeeNは歯科医とアーティストを両立するため顔出しNGの、大人気男性4人組ボーカルグループ。

今までにもドラマ『ROOKIES』主題歌やKDDI au三太郎シリーズ「一緒にいこう」篇 CMソング、 「王様のブランチ」 テーマソングなど、数え切れないほどのドラマ・映画の主題歌やCMソングなどを手掛けています。

『星影のエール』は2020年年5月11日からデジタル配信され「オリコン週間デジタルシングルランキング」で1位を獲得しました。


『星影のエール』を聴いて、生きるって、生命って、なんて素晴らしいのだろうと、思った人も多いのではないでしょうか。

辛いこともあるけれど、前を向いて生きていきたいと思わされますよ。

温かく優しい光が降り注ぐような歌が、胸に響きます。

まさに『エール』の世界観にピッタリですね。

こちらの楽曲は、公式がカラオケ音源をYouTubeで配信しているので、あなたもぜひ、GReeeeNになりきって歌ってみてください。

本放送も間もなく帰ってくる

▲【Short ver.】『星影のエール』【フルオーケストラ・リモートコンサート 】(NHK 連続テレビ小説「エール」主題歌)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、4月1日に収録の一時休止を発表されていた『エール』。

第65回の放送後は、6月29日より第1回からの放送分が再放送されていますね。

そして、6月16日からは「感染防止のための制作マニュアル」に基づいて収録が再開されました。

第66回以降の放送は、収録再開後の状況を見て判断し、決定次第発表されるそうですよ。

「待ち遠しいけど、キャストやスタッフの安全を考えて、無理のない体制でやってほしい」と思っている人も多いでしょう。

まずはのんびり、再放送とともに1話から観なおして、本放送の始まりをお待ちください。

最新情報はこちらからどうぞ。

▷NHK連続テレビ小説『エール』公式HP
▷連続テレビ小説「エール」公式Twitter


TEXT 有紀

HIDE、navi、92、SOHの男性4人組、福島県で結成されたボーカルグループ。 2007年1月24日シングル『道』でメジャーデビュー。メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔を伏せて活動中。 『愛唄』『キセキ』『遥か』『オレンジ』等、デビュー以来数々のヒット曲を生み出す。『キ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

NiziU(ニジュー)メンバーの年齢・…

空白ごっこ「リルビィ」弱気な恋心をクー…