1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. ボーカロイド
  4. 歌詞コラム
  5. cosMo@暴走P feat. 鏡音リン
  6. 「空想庭園依存症」の歌詞を考察。理想にすがり続ける少女の結末とは?

「空想庭園依存症」の歌詞を考察。理想にすがり続ける少女の結末とは?

ぎゅっとまとめ
  • 『空想庭園依存症』は「空想庭園シリーズ」の1つの着地点
  • 「理想」にすがりつく少女の物語
  • 「個性」を奪われた末に待ち構える悲しい結末
2009年6月、ニコニコ動画に投稿されたcosMo@暴走Pのボカロ楽曲『空想庭園依存症』。この楽曲は、「空想庭園シリーズ」の1つの着地点とされる曲です。爽やかな曲調と裏腹に、その内容は悲しいものでした。歌詞を考察し、結末をみてみましょう。

公開日:2020年7月20日 更新日:2020年7月20日


この記事の目次 []
  1. ・受け入れられなくなる少女の「理想」
  2. ・徐々に生まれ始める少女の「不安」
  3. ・個性を抜き取られた少女の「最期」

受け入れられなくなる少女の「理想」


----------------
理想郷 求めて立ち入った はずの
ここは いつまで ワタシを縛るの?
早すぎる 流行の波に 流されたくないと
建前かかげて 座り込んでうずくまる
≪空想庭園依存症 歌詞より抜粋≫
----------------

この曲の主人公は、自らの望む世界を求めて空想庭園に足を踏み入れた1人の少女。

MVをみると、左手には羽でできたペンらしき物を持っています。

その姿から、少女は物語などの作品を作る人なのではないかと想像できます。

自分が作る作品の世界、それこそが「理想郷」なのではないでしょうか。

その理想郷が、他の人には受け入れられず、自分の世界を壊さなければならない状況に立たされているのではないかと思います。

建前は流行に流されたくないとありますが、では本音は一体何なのでしょう?


----------------
嫌いなものに
「嫌い!!」と叩きつけた
自分の首を
刎ねとばすような感覚で
≪空想庭園依存症 歌詞より抜粋≫
----------------

その答えは、今受け入れられている世界を明確に否定することで、自分の理想郷を守り抜くという強固な意思ではないでしょうか。

「首を刎ねとばす」という非常に強い言葉が使われている事から、意思の強さが伺えますね。

自分の作った理想郷に強く固執しているこの少女ですが、2番に入るとある変化が訪れます。

徐々に生まれ始める少女の「不安」

----------------
この気持ち伝える術何故どうして
コンナニモ後ロメタイノデショウカ?
執拗に繰り返すそれはもしかしたら洗脳かも
≪空想庭園依存症 歌詞より抜粋≫
----------------

理想郷の転換を拒み続けている少女の、その勢いは止まることがありません。

しかし、とうとう少女は否定するという行動に後ろめたさを感じるようになってしまいます。

歌詞の表記が一部カタカナになっており、心情を揺れ動いている様子が現れている所にも注目です。


----------------
間違いだとは思わないけれど
笑顔が悪意に歪んで映るよ
≪空想庭園依存症 歌詞より抜粋≫
----------------

少女もこの転換が間違いではないと、とうとう認めました。

しかし、転換すると自分の理想郷はどうなってしまうのか、この世界にいる意味は何なのかという葛藤も見え隠れしているのでしょう。

----------------
「楽しい物語も悲しい物語も
流行物にすぎないと 絶望を知るのだ!」
知ってた!分かっていた!!
でも心が痛いよ!!!
最後すがった希望にすらも見放されるの
≪空想庭園依存症 歌詞より抜粋≫
----------------

最後の望みとして、少女はある人にこの状況をどうすればいいかを尋ねます。

そのある人とは、少女を空想庭園に足を踏み入れさせた張本人、少女が信頼していた人物のようです。

しかし、その答えはとても残酷なものでした。

「流行物」はアクセサリーと読まれ、飽きが来れば排斥されてしまうものだという現実を突きつけたのです。

その悲しい現実を分かっていながらも目を背け続けていた彼女は、ついにどん底に落ちてしまいます。

個性を抜き取られた少女の「最期」


----------------
好きでもないものを好きになってしまった
そしたら心を壊されかける道化
「あまりにひどくなみださえかれてしまう」
それでもやめないんだ
ここにしか居場所がないから……
≪空想庭園依存症 歌詞より抜粋≫
----------------

とうとう自分の理想郷が全て転換され、個性が抜き取られてしまいました。

自分の理想から遠くかけ離れたものを無理やり強要される少女は、抜け殻のようになってしまいます。

少女のセリフが全てひらがなになっている様子は、この空想庭園に絶望していることを表しているのでしょう。

彼女は自らの希望によってこの世界に足を踏み入れたので、ここから逃げ出すという選択肢はありません。

これからもずっとこの「現実」に向き合い続けるのです。

「居場所がないから」という最後の高音部分は、少女の悲しみが存分ににじみ出ていると感じられます。

『空想庭園依存症』は「空想庭園シリーズ」の1つのバッドエンド。

しかしこのシリーズには、別の終り方をしている楽曲もあります。

この曲を聞いたあとは、他の「空想庭園シリーズ」の楽曲を聞いて、別の終わり方はどんなものなのかを、是非ご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。


TEXT こびぃ

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

SCANDALの「Living in …

米津玄師「感電」が投げかける稲妻のよう…