1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. NICO Touches the Walls
  6. 息苦しさから救ってくれるNICO Touches the Wallsの「Diver」

【歌詞コラム】息苦しさから救ってくれるNICO Touches the Wallsの「Diver」

このアーティストの関連記事をチェック

一瞬で恋に落ちる、『夏の大三角形』

「キャプテンアース」はSFと未来宇宙の…

1度聴いたら耳から離れないメロディーと、少し鼻にかかったら甘いボーカル。 これは息の長いバンドになりそう!それが彼らの第一印象でした。

公開日:2016年1月10日 更新日:2016年6月30日




1度聴いたら耳から離れないメロディーと、少し鼻にかかったら甘いボーカル。これは息の長いバンドになりそう
それが彼らの第一印象でした。

「NICO Touches the Walls」。バンド名を知った時は、不思議な名前だなぁと しか思わなかったのですが、そこにも彼ら独特のこだわりがあったようです。まず、「NICO」とは女性の名前なんだそう。外国の女性の名前をバンド名に入れたかったのだそうです。「Touches the Walls」の部分は、ボーカル、ギター担当の光村さんが「壁に触れるという行為は壁の向こうにある世界、日常から新しい世界を創造するというイメージにつながる」と考えたことから付けられました。

そんなバンド名までアーティスティックな彼らが、シングル・アルバム通じて初のTOP10入りを果たした曲が「Diver」です。



NICO Touches the Wallsの「Diver」の歌詞はコチラ
-----
息をしたくて ここは苦しくて
闇を見上げるだけの僕じゃ 浮かぶ方法もないダイバー
生きているんだって 確かめたいならそう
深い海底を目指してもう一度だけ
息をしてみて
ただの幸せに気づいたら もう二度と溺れないよ

-----

読んでいると、こちらまで息苦しくなってきてしまう詞なのですが、最後にはふわりと救ってくれるような、不思議な歌詞ですね。きっと彼らにとって「海底」とは恐らく自らの夢や目標を表し、浮上することは目標から遠ざかることを表しているのでしょうが、自分が持つ選択の自由や、身近で応援してくれている人といった、ごくごく当たり前のもの、つまり「ただの幸せ」に気付くことができたなら、困難に溺れることも無くなると伝えてくれている気がします。

日常の中でも突然息苦しくなることがありますが、そんなときには深呼吸をすると気持ちが落ち着くそうです。「息をしてみて」というところは、苦しくて辛い思いをしている人にとって、本当に救いなのだと思わずにはいられません。

そしてこの「Diver」 は、テレビ東京系アニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」のオープニングテーマと、「NARUTO -ナルト- 少年篇」エンディングテーマ に使用されていたのですが、実は彼らの曲がテレビアニメ「NARUTO -ナルト-」に使用されたのはこの曲だけでは無かったのです。2008年 にもテレビアニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」の6代目エンディングテーマに 「Broken Youth」が使用され、2013年 には「ニワカ雨ニモ負ケズ」が「NARUTO -ナルト- 疾風伝」の第13期オープニングテーマに使用されました。実はNICO Touches the Wallsとテレビアニメ「NARUTO -ナルト-」の間には、深い縁があったんですね。



ちょっとビターだけど、最後は苦しみから抜け出す「Diver」。
あなたもそんな「Diver」になってみませんか?

TEXT:rie-tong

NICO Touches the Walls(ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ)は日本のロックバンド。略称はNICO(ニコ)。所属事務所はA-Sketchで、所属レーベルはキューンレコード。メンバーは、光村龍哉(Vo.&Gt.)、古村大介(Gt.)、坂倉心悟(Ba.)、対馬祥太郎(Dr.)の4人組。バンド名は、ある時光村がよろ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

"ロマンスがありあまる"川谷絵音の世界…

生きるのがつらくても。THE BOOM…