1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. 歌詞コラム
  5. BiSH
  6. BiSH「LETTERS」音楽活動自粛の影響を受けて彼女たちが出した答えは?

【歌詞コラム】BiSH「LETTERS」音楽活動自粛の影響を受けて彼女たちが出した答えは?

ぎゅっとまとめ
  • 『LETTERS』は自粛の影響を受けて急遽作られた楽曲
  • 独自の感性で描かれる不安や恐ろしさ
  • BiSHが伝えたい想いとは

このアーティストの関連記事をチェック

【Mステ】8月21日の放送は2時間SP…

シングルリリースを予定していたBiSHが急遽リリースした3.5thアルバム『LETTERS』。このアルバムは新型コロナウイルスの影響を受けて誕生しました。表題曲『LETTERS』の歌詞に焦点を当て、楽曲に込められた想いを紐解いていきます。

公開日:2020年9月9日 更新日:2020年9月9日


この記事の目次 []
  1. ・伝えたい想いが込められた「LETTERS」
  2. ・独自の感性で描かれる脅威の恐ろしさ
  3. ・明日ではなく今を照らす

伝えたい想いが込められた「LETTERS」

▲BiSH / LETTERS [OFFiCiAL ViDEO]

これまでライブを活動の中心としてきたBiSH。

新型コロナウイルスの影響によりその活動が絶たれたことで、彼女たちは「人に支えられてきたこと」を再認識したと言います。

支えてくれるファンだけでなく、メンバーとも距離が離れてしまった異常事態の中で感じたもどかしさやありがたみ。

そういったことを感じながら生まれた楽曲が『LETTERS』です。

今だからこそ伝えたい想いが込められた歌詞を紐解いていきます。


----------------
あまりに突然に世界が
予告もなく変わり果ててしまって
あまりに突然に世界は
真剣に残酷な判断しちゃった
≪LETTERS 歌詞より抜粋≫
----------------

当然と言うべきか、私たちの生活が変わり果ててしまったところから歌詞は始まります。

世界が変わり果てた様子を描く言葉は多々ありますが「世界は真剣に残酷な判断しちゃった」というフレーズからは、とてもBiSHらしさを感じます。

どこか他人事のような一歩引いた目線にも見える言葉が、自分たちの力が及ばない大きな力で世界が変化した様子を描き出しています。

これまで当たり前に行ってきた活動が、突然できなくなった彼女たちだからこそできる表現ではないでしょうか。

独自の感性で描かれる脅威の恐ろしさ


----------------
憤ってるとかじゃない
ただ僕ら目をそらさず
上手にかわせてないだけ
生きるのは難しいね
≪LETTERS 歌詞より抜粋≫
----------------

このフレーズも呆然と立ち尽くすような無力感を描いたものですが「目をそらさず 上手にかわせてないだけ」という歌詞にはとても考えさせられるものがあります。

私たちは新型コロナウイルスの脅威に晒されてきた期間、この大問題と向き合おうと言われてきたはずです。

問題の重さを受け止め、世界中で意識を変えなければならないと強く教えられてきました。

それにも関わらず「上手くかわせてないだけ」なんて言われてしまうと、なんだか拍子抜けした気分になってしまいます。

命が失われていく現実と向き合いきれていない様子を描いたのか、残酷な世界と向き合い続けた様子を描いたのかはわかりません。

ですが、どちらの意味であれ「生きるのは難しい」という言葉に行き着いたことが、事態の重さを物語っています。

明日ではなく今を照らす


----------------
こんなときこそ僕ら
まっすぐにぶつかり合おう
立ち向かう厳しさを
バカにしないでくれ
≪LETTERS 歌詞より抜粋≫
----------------

シンプルな言葉で綴られる彼女たちの覚悟は、これまでの活動があったからこそ辿り着けた答えでしょう。

ライブ空間を感情のぶつけ合いと捉えていた彼女たちは、直接会えなくなった今だからこそ正面からぶつかり合うことを求めています。

これまで行ってきた活動から導き出した答えを自己肯定するかのように「バカにしないでくれ」と高らかに歌います。


----------------
すべて届けるよ胸の中
ダサい姿も全部晒そう
あなたいるこの世界守りたいと叫ぶ

見えない明日は待たない
今もあなたの無事を祈る
絶対距離は遠くないんだ
今も近くにあるんだ
≪LETTERS 歌詞より抜粋≫
----------------

ストレートで素直な歌詞からは、音楽が必ず人を救うと信じる気持ちが溢れているようです。

この楽曲が勇気を与えてくれるのは、前向きな言葉だけでなく彼女たちの不安やもどかしさ、寂しさも込められているからでしょう。

必ずやってくる不明瞭な未来を「待たない」選択をする彼女たちは、私たちに新たな考え方を教えてくれます。

ポジティブな希望が込められたBiSHからの『LETTERS』が、今を照らす光になることを願っています。


TEXT 富本A吉

アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D からなる楽器を持たないパンクバンド。2015年3月に結成。 2018年1月30日から行われる全国12箇所を回る全国ツアー「BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR」は開催前に全公演SOLD OUT。 3···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

夜空に浮かぶたった一つしかない月に想ふ…

乃木坂46「I see…」この恋に、大…