1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. Reol
  6. Reol「第六感」の研ぎ澄まされし歌詞のセンスに迫る

Reol「第六感」の研ぎ澄まされし歌詞のセンスに迫る

TOP画像引用元 (Amazon)
ぎゅっとまとめ
  • ハイセンスな歌詞の魅力を紹介
  • ハートに刺さるポジティブなメッセージ
  • 時代を切り開く研ぎ澄まされた感性
2020年7月に配信シングルとして発売されたReolの『第六感』。ボートレースのCMに起用され、自身も出演したことで話題となりました。勘やインスピレーションの意味で使われる『第六感』ですが、楽曲の中ではどのような意味を持つのでしょうか歌詞から楽曲の世界を紐解いていきます。

公開日:2020年9月30日 更新日:2021年3月19日

Column

Roy


この記事の目次 []
  1. ・今の時代を自らの六感で切り開く
  2. ・思い描いた未来とは違ったとしても
  3. ・自分だけの聖域を守る

今の時代を自らの六感で切り開く

▲Reol/第六感(Official Video)

心地いいビートにReolの歌声が爽やかに共鳴し、幕を開けるこの楽曲は、スタイリッシュな都会が舞台です。

歌詞の主人公は何かを求め、あるいは何か始めるためにやってきたのでしょう。

空高く建っていくビルが、いつか観ていた映画のワンシーンのように感じられ、歌詞の世界に広がりをもたせています。

----------------
ヒールが鳴らすリズムと命の音が揃う
あたしはまだ未完成で不完全
起死回生のハウトゥー 知ってるの
≪第六感 歌詞より抜粋≫
----------------

ヒールシューズの立てる足音がリズムとなり、メロディと共鳴し合う。

これから新たな音楽が生み出されることを連想させられるようなフレーズですね。

ここで主人公はまだ未完成で不完全な状態だと語っています。

起死回生のハウトゥー」とは困難から這い上がるための術ということなのでしょうか?

続く歌詞を見ていきましょう。


----------------
今が一番若いの 第六感、六感またがって
今日は年甲斐ないことしたいの
予定にないこと 第六感、六感おしえて
物足りないの 引き合いたいよ 偶然とハートしたい
≪第六感 歌詞より抜粋≫
----------------

サビのフレーズでは、今一番若い瞬間に自分自身から溢れ出すインスピレーションを便りに、未だ見たことのないモノに出会いたい。

刺激的で偶然に起こる出来事を心で感じたいという想いが込められているのではないでしょうか。

自分の第六感に問いかけていることから、答えは自身の中にあることを暗示しているようにも感じられます。

「起死回生のハウトゥー」とは自分の勘や感覚を信じてアクションを起こせば、日常が変わるということを意味しているのでしょう。

思い描いた未来とは違ったとしても


----------------
いつか話した予想とは違っているものさ
そんな悲しまないでいいよ
≪第六感 歌詞より抜粋≫
----------------

第六感を信じて思い描く夢、未来のために走ってきたけど、たどり着いた場所は予想とは違っていた。

何かにチャレンジした人にとって、誰もが経験したことがあるのではないでしょうか?

ここでは、予想とは違った結果や挫折があったとしても「悲しまなくてもいいよ」と歌っています。

挑戦や行動したことで出会えるモノがあって、それは自分にとって大きな成長や、かけがえのない宝物になるということを伝えているのではないでしょうか。

自分だけの聖域を守る


----------------
産声をあげた日は理由もなく泣いていたのに
今僕ら 泣くことすらうまくできずに
されどしかと死守せよ 品格と真似できぬプライドを
せーので手放せよ 感覚で胸を打つものそれ以外を
≪第六感 歌詞より抜粋≫
----------------

この世に生を持ったときは誰もが当然のように泣くことで感情を表現していました。

しかし現代ではインターネット、SNSの普及により感情を素直に出すことが難しかったり、直接的なコミュニケーションが薄れていっている気がしますよね。

ここの歌詞では、そんな時代でも自分にとって本当に大切なモノを見極め、信じるプライドを守り抜くといった、ポジティブなメッセージが感じられます。

----------------
今最高潮なんです! 第六感、六感またがって
このまま何処までいけるの
途方も無いままで 六感、六感おしえて
もう揺るがないこの速度は そう偶然とハートしたい
≪第六感 歌詞より抜粋≫
----------------

クライマックスのサビでは、今が最高潮であり「このまま何処までいけるの」というフレーズが、高鳴る心を表しているように思います。

揺るがない速度とはまさに、研ぎ澄まされた『第六感』が開眼している状態なのでしょう。

『第六感』とは加速する時代の変化に負けない、自分自身が信じられるモノを貫く強さなのではないでしょうか。

情報に溢れた時代の中、先にある未来を恐れずに自分だけの感覚を信じて挑み、走り続けることでたどり着ける境地がある。

そういった前向きな意味が歌詞のメッセージに込められていると思います。

あなたの『第六感』が胸を打つモノはありますか?


TEXT Roy

1993年11月9日生まれ。シンガーソングライターであり、自身のアーティスト活動全般をセルフ・プロデュースするマルチ・クリエイター。 2018年、“Reol”名義で活動を開始。 1stフルアルバム「事実上」をリリース後、アジアを含め全9都市を回る大規模なツアーを開催し大成功を収め、翌年リリー···

この特集へのレビュー

女性

sakura

2021/07/07 17:05

大好きです!!!!

女性

sakura

2021/07/07 17:05

大好きです!!!!

女性

りんごり占い師

2021/03/19 13:53

かっこいいのに可愛いとは(*´∇`*)

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

映画「Fukushima 50」東日本…

「アンヘル」が歌う「幸せ」とは本当に「…