1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. MONKEY MAJIK
  6. 白雪姫のような恋がしたい。MONKEY MAJIK「Story」が描く終わらない夢

【歌詞コラム】白雪姫のような恋がしたい。MONKEY MAJIK「Story」が描く終わらない夢

このアーティストの関連記事をチェック

夢へと誘う危険なナンバー。MONKEY…

MONKEY MAJIK×稲垣潤一×G…

MONKEY MAJIKは、カナダ人の兄弟がメインボーカルを担当するバンド。他のパートを日本人ふたりが担当し、バンド全員で仙台市に在住している。日本語と、カナダ人兄弟の母国語である英語を楽曲に混ぜ合わせることで、J-POPと洋楽の特徴を併せ持つ、独特で不思議な雰囲気の曲になっている。

公開日:2016年1月18日 更新日:2020年3月31日

Column

毛布


この記事の目次
  1. ・MONKEY MAJIK 最新情報
  2. ・リリース情報
  3. ・ライブ情報
  4. ・MONKEY MAJIK Profile



MONKEY MAJIKは、カナダ人の兄弟がメインボーカルを担当するバンド。他のパートを日本人ふたりが担当し、バンド全員で仙台市に在住している。日本語と、カナダ人兄弟の母国語である英語を楽曲に混ぜ合わせることで、J-POPと洋楽の特徴を併せ持つ、独特で不思議な雰囲気の曲になっている。

「Story」には、おとぎ話をアレンジしたフレーズがたくさん登場する。シンデレラだったら「ガラスの靴抱いて 笑顔で泣いてる毎日は あとどれくらい」。白雪姫だったら「林檎を口にして あなたのむかえをよこたわり 瞳の奥」というように。

おとぎ話をそのまま歌詞にするのではなく、おとぎ話をベースにして、現代の恋愛の歌にも取れるようにしているところが、この曲の特徴だ。たとえば、先程の白雪姫。「林檎を口にして あなたのむかえをよこわたり 瞳の奥」は、現代に置き換えれば、一度は離れてしまったけれど、じっと恋人が戻るのを待っている女の人の姿が想像できる。その直後の歌詞がこれだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
もう一度こうして巡り逢って
くるおしいほど愛おしくて
このまま朝をむかえにいこう
いまここではじまる

・・・・・・・・・・・・・・・・・

王子様のキスで目覚めた白雪姫。もう一度見つめ合うことができた二人は、どれだけお互いのことを愛しく思っただろう。現代だと、恋人ともう一度再会することができ、愛しい気持ちが止められない。このまま朝まで一緒にいよう。またここから始めよう。そんな幸せな情景が浮かぶ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕たちのStory
つくりたくて
でもさきに夢みさせて
おとぎ話のなかのPrincess
The dream ain’t over

・・・・・・・・・・・・・・・・・

これから二人で、楽しいことがたくさんある、思い出でいっぱいのStoryをつくっていきたい。でも、その前に、二人のこれからを夢想してしまう。それはおとぎ話のハッピーエンドのような、幸せであふれたものであってほしい。この部分からは、二人の恋愛が再開する時の、男性側のそんな思いが伝わってくる。

「おとぎ話のなかのPrincess The dream ain’t over」の部分は、直訳すれば「おとぎ話のなかのお姫さま 夢は終わらない」となる。けれど、こんなふうに意訳することもできるのではないだろうか。

「お姫さま、僕とおとぎ話の続きを。」

おとぎ話のようなハッピーエンドを、現代の恋人たちも、みんな夢見ている。
好きな人と、いつまでも幸せに暮らすこと。それはまるでおとぎ話のように。いつまでも終わらない夢みたいに。

TEXT:緑の瞳

MONKEY MAJIK(モンキーマジック)は、日本のロックバンドである。事務所はエドワード・エンターテインメント・グループに所属したのち、エイベックス・マネジメントに移籍し現在に至る。カナダ人兄弟のメイナード・プラントとブレイズ・プラントがツイン・ボーカルおよびツイン・ギターを担当し、···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

アヴリルのアコースティックな崖っぷちソ…

NMB48「Must be now」は…