1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 三浦春馬
  6. 三浦春馬さん作詞曲「You&I」に描かれる愛の結末とは?

三浦春馬さん作詞曲「You&I」に描かれる愛の結末とは?

TOP画像引用元 (Amazon)
ぎゅっとまとめ
  • 表現者・三浦春馬の世界観を凝縮した楽曲『You&I』
  • 愛を巡る男と女の絶妙な駆け引き
  • 繊細で妖艶な歌詞センス
透明感のある歌声と突き抜けるようなハイトーンボイスが魅力的な三浦春馬さん。彼が唯一作詞を手がけた『You&I』。この楽曲の歌詞に込められた意味を探り、その魅力に迫ります。

公開日:2020年11月5日 更新日:2020年11月10日


この記事の目次 []
  1. ・三浦春馬さん初の作詞曲
  2. ・愛しい人を前に募る愛
  3. ・重ね合わせる身体のぬくもり
  4. ・女性目線で描かれる恋
  5. ・激情の果てにあるものは

三浦春馬さん初の作詞曲

『You&I』は、三浦春馬さんの2ndシングル『Night Diver』のカップリング曲

そして、三浦春馬さん自身が初めて作詞を手がけている楽曲です。

歌詞には、作詞者の考えや思いが反映されやすいもの。

歌い手としてだけでなく、作詞者としての三浦春馬さんに触れられる貴重な楽曲です。

歌詞の内容にも思いを馳せながら耳を傾けてみましょう。

愛しい人を前に募る愛


----------------
はにかんだ君の小さな笑窪に
そっと日々の幸せを覗き込む
穏やかな胸に差し込む恋慕に
切なさの意味が根を張り囲う
≪You & I 歌詞より抜粋≫
----------------

冒頭の歌詞から、愛しい人への愛に溢れています。

大切な人のはにかんだ笑顔。

「笑窪」に幸せを見出しているところに、三浦春馬さんの繊細さを感じます。

人が幸せを感じる瞬間というのは、なにげない日常の中に隠れているのかもしれません。

ドラマチックな演出をした特別なデートではなくても、日常のふとした瞬間に愛を感じるのでしょう。

----------------
抱きしめる度に
こぼれおちそう
≪You & I 歌詞より抜粋≫
----------------

愛しい人を抱きしめている時間は、この上なく幸福なはず。

それなのに、幸せが今にもこぼれ落ちてしまいそうな不安に駆られるのはなぜでしょうか。

愛しくて堪らないからこそ、失う瞬間が怖いのかもしれません

ここで描かれる心の叫びや感情の揺らぎは、誰かを深く愛したことのある人なら、痛いほど分かるでしょう。

重ね合わせる身体のぬくもり


----------------
You
揺らすほどに
And I
撫でるほどに
くぐもる
あい…あい…
You
迫るほどに
Feel
注ぐほどに
抑え 呑み込む 今も尚…
≪You & I 歌詞より抜粋≫
----------------

サビの歌詞は、穏やかな幸せを描いていた冒頭の歌詞から少し雰囲気が変わります。

より踏み込んだ関係、より深い愛情が、言葉の端々から溢れ出していますね。

「くぐもる」「迫る」という歌詞からは、誰も入れない2人だけの空間を感じます。

まるで、身体を沿わせた2人の吐息が聞こえてくるような、繊細で妖艶な表現。

初めての作詞曲とは思えないセンスに、三浦春馬さんの底知れぬ才能を感じます

女性目線で描かれる恋

----------------
頬骨の香りに あなたの寝顔に
そっと日々の甘美が滲み出すの
大きな背筋に顔を埋めながら
脈打つ音に目蓋を閉じる
≪You & I 歌詞より抜粋≫
----------------

1番でははっきりと描かれていませんでしたが、ここでこの楽曲が女性目線で描かれていることがはっきりと分かります。

「鎖骨」「大きな背筋」という歌詞からは、恋する女性の深い愛情が感じられます。

「鎖骨の香り」「寝顔」に甘い幸せを感じ、愛しい人の「大きな背筋に顔を埋めながら」今この瞬間の幸せを噛みしめているのでしょう

繊細でかわいらしい女性的な表現。

これを三浦春馬さんが書いたのだと思うと、その感性の高さや作詞センスに圧倒されます。


----------------
微笑見る度に
こぼれおちそう
≪You & I 歌詞より抜粋≫
----------------

愛しい人の微笑みを見る度にこぼれおちそうになるのは、幸せでしょうか。

それともなのでしょうか。

震えるほどに愛おしく、一瞬たりとも離れたくないという、強く深い愛情が痛いほど伝わってきます。

それなのに、今にも壊れてしまいそうな不安を拭えないのもまた恋というもの。

幸せと不安の狭間で揺れ動く女心を見事なまでに捉えていますね。

激情の果てにあるものは

----------------
叫びたい 求めてるその先の言葉
欲しくて堪らない心
焦らされ焦らした
愛の悶え
≪You & I 歌詞より抜粋≫
----------------

叫びたい言葉と狂おしいほどに求めている言葉。

そのどちらもが、愛の言葉なのでしょう。

「愛してる」のたった一言を求め、そして相手にも言えずに悶える男女

愛とは、どこまでも複雑でもどかしいものです。

しかし「愛の悶え」という歌詞からは、焦らし、焦らされる歯がゆささえも愛おしく心地よいような、恋の駆け引きをどこか楽しんでいる気配さえ感じます


----------------
You
愛するほど
And I
労るほど
くぐもる
あい…あい…
Feel
交わるほど
Us
愛でるほどに
≪You & I 歌詞より抜粋≫
----------------

互いが互いを必要とするかけがえのない存在であることを知り、求め合いながら、肝心な言葉は言えずにいる。

欲しくて堪らない言葉だからこそ、怖くて言えないのかもしれません。

「もしも口にしたら、今の関係が壊れてしまうかも」

互いの愛を確信していながら踏み込めないじれったさ。

しかし、十分に愛が成熟し、互いの思いが最高潮に達した時、2人は晴れて結ばれるのでしょうね。

----------------
深まる…
互いの愛の調
≪You & I 歌詞より抜粋≫
----------------

最後の歌詞は、駆け引きさえも楽しみながら、愛を深め合う2人の顔が浮かんでくるようです。

非常に生々しくリアルな愛を歌っていながら、三浦春馬さんの儚くも美しい歌声によってプラトニックさも感じさせてくれます。

彼の感性を堪能できる唯一の楽曲『You&I』を、ぜひ味わってみて下さい。


TEXT 岡野ケイ

▷三浦春馬 スタッフTwitter ▷三浦春馬 Instagram

この特集へのレビュー

女性

mionaomom

2021/02/21 16:57

私は歌詞を読んで「あい」と、わざわざひらがなで書いているところに芦名星⭐️さんかと思いました。「あしなせい」真ん中(しなせ)抜いて「あい」。彼女の本名は「五十嵐 彩」イニシャルは「AI」。彼女はえくぼもあります。それで、彼女が小泉孝太郎さんと破局。春馬くんが心配して連絡を入れて相談に乗っていた?彼女と春馬くんは「ブラッディ・マンデイ」で共演をしています。その頃からお互いに気にはなっていた存在だったのかな?そして日本酒好きとか共通点も多く、一気に距離が縮まったのではないかと…。春馬くんは黒髪ロングの方がお好きのようでしたし。
それと、余談ですがお若い方はご存知ないかもしれませんが、大瀧詠一さんの「幸せな結末」という歌が40年ぶりくらいにテレビから流れてきて根拠も無く春馬くんの彼女への気持ち。と勝手に思ってしまいました。ですからお二人は幸せなんだとちょっと安心しました。
あくまで妄想。ですけどね。なんとなく思いました。

女性

ペコ

2020/12/15 12:00

はにかんだ顔で小さな笑窪が印象的なのは私の中では多部未華子さんしか思いつきません。
君に届けで共演してからの春馬君と多部ちゃんの10年愛のようなものを感じてしまいます。
君に届けの頃の雑誌インタビューや映像をみると彼がサムハイやブラッディマンデイの出演で芸能界を去る事まで考えた大変だった頃の後のお仕事で多部ちゃんの爽子にかなり癒され、恋心があったのだと感じます。
そしてアイネクライネの舞台挨拶で質問された日々の暮らしの中での小さな幸せ。君に届けの雑誌インタビューで多部ちゃんにどんな生活をしてるか覗いてみたいと言っていた春馬君。
アイネクライネのオールアップでの2人の微笑ましいやり取り。
多部ちゃんからの言葉は春馬君にとって嬉しかっただろうし、まさにその先の言葉を聞きたくなるような雰囲気でした。
2人の10年を思う時、一冊の恋愛小説を読んでいるような、一本の恋愛映画を観たような気分になるのです。
そしてこの歌は彼の素直な気持ちが出ていて切ないのですがとても優しく穏やかな気持ちになります。

女性

NICO

2020/11/10 23:07

この曲はある女優さんにリンクしています。
歌詞の中の謎の言葉(あい…)ですが、
春馬くんの主演ドラマ「僕のいた時間」に
恋人役の女性が「あい」と入力していくシーンがあります。
このシーンはここで終わっており、続きは「あいしてる」と入力したのかな?と思わせる場面です。
「僕のいた時間」は春馬くん自ら企画を提案して実現したドラマであることは知られています。
歌詞の一番ラストの(互いの愛の調)
「アイノシラベ」で調べると、ある曲に辿りつきます。
それがRainy~愛の調べ~です。
ジャンヌダルクというビジュアル系バンドの曲で、歌詞は
「きみとの思い出だけはひとつも雨は流さない」「こんなに忘れられないくらい愛したのは君だけ」「最後の言葉になるけど捧げたい、この唄を」
この曲のプロモーションビデオに出演していたのが女優の多部未華子さん。
しかも多部さんの記念すべき芸能界デビューの仕事だそうです。
多部未華子さんは僕のいた時間での恋人役でもあります。
はにかんだ笑窪
あなたの大きな背筋(つまり、春馬くんよりもかなり小柄な女性)
全て多部未華子さんにリンクしているのです。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

吉田山田「好き好き大好き」は自分の好き…

和田光司「Butter-Fly」はいつ…