1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. Tani Yuuki
  6. 『Unreachable love song』の意味とは?Tani Yuukiのセンスが光る切なすぎる失恋ソングを考察

『Unreachable love song』の意味とは?Tani Yuukiのセンスが光る切なすぎる失恋ソングを考察

TOP画像引用元 (Amazon)
ぎゅっとまとめ
  • 『Myra』でヒットしたTani Yuukiが新曲をリリース
  • 恋の始まりから終わりまでを描いた『Unreachable love song』
  • 令和の失恋ソングの定番になるかも
2020年『Myra』でヒットしたTani Yuukiが、新曲『Unreachable love song』を2月20日に配信リリースしました。恋する僕の「届かない想い」を切実に綴った歌詞の意味を考察します。

公開日:2021年4月13日 更新日:2021年4月13日

Column


この記事の目次 []
  1. ・暮らしに寄り添う失恋ソング
  2. ・『Unreachable love song』の意味とは
  3. ・好きだからこそ空回りしてそんな自分が嫌になる
  4. ・歌詞に込められた様々な“Unreachable”
  5. ・滝壺のような恋
  6. ・終われない恋の最中で
  7. ・届けられない感情を込めた一曲

暮らしに寄り添う失恋ソング

2020年、TikTokのテレビCMにも起用され話題となった『Myra』をリリースした。

シンガーソングライター・Tani Yuuki

Tani Yuukiが2021年2月20日に、新曲『Unreachable love song』を配信リリースしました。

▲Unreachable love song - Tani Yuuki (Official Lyric Video)

オリジナル楽曲として3作目となるこの曲は、早くも『Myra』同様にTikTokを始め、若い音楽ラバーの間で話題となっています。

恋をしているときの複雑な心模様や、恋人と別れてからの葛藤を描いた『Unreachable love song』。

生活に寄り添った表現を中心に紡がれる物語を、歌詞から紐解いていきましょう。

----------------
嫌でも探してしまうよ
至る所に君のことを
こんな気持ちになるならいっそ
知らなきゃよかったよ
≪Unreachable love song 歌詞より抜粋≫
----------------

僕は、何をしていても君のことを考えてしまうようです。

考えたくないのに、つらいのに忘れられず、頭の中から追い出すことができません。

こんなどうしようもない気持ちになるのなら、「知らなきゃよかったよ」と綴る歌詞は、とても切実なものです。

----------------
横断歩道待ちの信号
電車を待つ人のシルエット
きっとそんなとこにはいないの
≪Unreachable love song 歌詞より抜粋≫
----------------

横断歩道や電車など、生活に密着したモチーフが登場することで、聴いている側の想像がより掻き立てられるフレーズです。

人混みで偶然君に出会うかもしれない。

そんな奇跡なんてあるはずないと分かっていながら、僕はそれでも君を探してしまうのです。

もし、失恋したあなたが駅で電車が来るのを待っているときに、イヤホンから『Unreachable love song』が流れてきたとしたら、きっとあなたの暮らしに寄り添ってくれるでしょう。

『Unreachable love song』の意味とは


----------------
Unreachable love song
なぜか瞳が離せないんだ
喉元まで出た言葉
僕ら以外の全てが
止まってしまったみたいだ
走る稲妻のような
心臓を掴まれるような
動けないほど張り詰めた
唐突な始まりだった
≪Unreachable love song 歌詞より抜粋≫
----------------

「Unreachable」は日本語で「手の届かない」「不可能」などと訳すことができます。

よって、『Unreachable love song』の意味は、「もう届けることができない君へのラブソング」と考えられるでしょう。

君には“届かない(Unreachable)”想いを感じたことがある人はきっと少なくないはずです。

僕が君に出会った瞬間はこんなふうに、衝撃的な始まりでした。

恋に落ちた瞬間、僕の世界の中心は君になってしまったのです。

そんな君との距離が近付き、そして離れていくまでのストーリーを描いた『Unreachable love song』。

まるで恋愛映画のような曲ですね。

好きだからこそ空回りしてそんな自分が嫌になる


----------------
stop 今じゃないし、 意気地ないし、空回り
be called 出やしないし、ごめんなに?の繰り返し
so-so な日々 ないし悪いくらいでもう終わり?
so long またしまい込んでいる
≪Unreachable love song 歌詞より抜粋≫
----------------

君と恋人同士になってからも、僕は空回りばかりしてしているようです。

本当に伝えたいことは何一つ君に伝えられないまま、僕は届かない君への想いを心の中にしまい込んでしまいます。

----------------
嫌でも辿ってしまうよ
至る所で君の想い出を
こんな惨めになるならいっそ
忘れたいくらいだよ
≪Unreachable love song 歌詞より抜粋≫
----------------

君に伝えたいことを伝えられないまま、別れてしまった二人

『Unreachable love song』は、君と別れた僕が、君と出会ってからの日々を思い出しながら歌っている楽曲です。

思い出と現実を行き来しながら、ストーリーが展開していきます。

歌詞に込められた様々な“Unreachable”


----------------
見送る度に歩いてた陸橋
着崩したパーカーにスウェット
きっと気に留めてすらいないの
Unreachable love song
≪Unreachable love song 歌詞より抜粋≫
----------------

僕は君との思い出を全て鮮明に覚えているのに、きっと君は気に留めてすらいない。

歌詞には、そのすれ違いを感じた僕の切ない気持ちが絶妙に表現されています。

様々な意味での“Unreachable”がこの曲には詰まっているのです。

滝壺のような恋


----------------
なぜか瞳が見られないんだ
吐き出す心無い言葉
僕らだけこの世界から
弾かれてしまったみたいだ
流れる滝壺のような
心臓を掴まれるような
動けないほど張り詰めた
冷たすぎる終わりだった
≪Unreachable love song 歌詞より抜粋≫
----------------

僕は自分の想いを正直に伝えられない自分にも腹が立っているようです。

そんなイライラを君にぶつけてしまった僕は、さらに自己嫌悪に陥ります。

冷たい言葉や語気の強い口調を「滝壺のよう」と表現するのは、作詞家としてのTani Yuukiのセンスですね。

冷たさと辛さが切妙なバランスで描かれています。

滝壺の中で身動きが取れないまま、唐突に僕の恋は終わってしまうのです。

終われない恋の最中で


----------------
嫌でも溢してしまうよ
ため息混じる独り言を
ふと気を抜くとすぐに世界ごと
ぼやけてしまうんだよ
バイト、部活、ノルマに、課題も
慣れた動きがままならないよ
ベットに潜りながら歌うの
Unreachable love song
≪Unreachable love song 歌詞より抜粋≫
----------------

君と別れてからも日々は続いていきます。

君に出会う前の僕が、どんな風に生きていたのかもよく思い出せません。

それだけ僕にとって君は大きな存在だったということでしょう。

こんなにも大切で愛していたのに、この感情を君に届けることができない僕は、『Unreachable love song』を歌うのです。

----------------
君の居ない世界でさ、息はできるのかな
自分がどうしたいか、が一番わからないんだ
時間が経ってしまえばもう笑い話だから
でも今の形は無しかな
割り切れず止まったまんま、動けないんだ
≪Unreachable love song 歌詞より抜粋≫
----------------

君のことが大切なのに、僕は君に本当の想いを伝えることができません。

「自分がどうしたいか、が一番わからないんだ」というのは、身勝手でありながら恋をする人には共感できる気持ちなのではないでしょうか?

もし本当の気持ちを伝えたら離れていってしまうかもしれない、という臆病な感情が自分の気持ちさえも分からなくしてしまう。

そんなふうに終わっていってしまった恋は、きっと星の数ほどあるのだと思います。

終わってしまった恋は過去になれば笑い話になるのかもしれません。

けれど、僕は今の割り切れない自分のまま、笑い話にもできずにいます。

僕にとって君との恋は今でも続いていて、終わらせることができない恋なのかもしれません。

----------------
今でも描いてしまうよ
夢に消えた未来のことを
どれほど時流れてもきっと
忘れられないんだろう
横断歩道待ちの信号
電車を待つ人のシルエット
今日も君を重ねて歌うの
Unreachable love song
≪Unreachable love song 歌詞より抜粋≫
----------------

過去として割り切れることができない君との恋。

もしかしたら続いていたかもしれない未来のことを想像して、僕は君を想うのです。

生活の中に滲む君の影に僕の正直な本心を重ねて、Unreachable love song(届かないラブソング)を綴っています。

届けられない感情を込めた一曲


一つの恋の始まりから終わりを情緒的に描いた『Unreachable love song

君と恋人同士だったときに「届けられなかった」本心と、君と離れて「届けられなくなった」気持ちの狭間で揺れる僕の感情が鮮明に描かれています。

生活に寄り添った表現は、きっとあなたの心にも寄り添ってくれるはずです。

あなたが心から笑える日が再び来ますように。

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

King Gnu「泡(あぶく)」歌詞の…

鈴木鈴木「枯れそうな恋」恋愛三部作完結…