1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. GReeeeN
  6. GReeeeN「アカリ」に込められた想いとは?歌詞の意味を考察!

GReeeeN「アカリ」に込められた想いとは?歌詞の意味を考察!

GReeeeNが新曲『アカリ』を2021年7月26日に配信リリース。『アカリ』はTBS系ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の主題歌に起用されています。「みんな誰もがヒーローになれる」という想いが込められた『アカリ』の歌詞の意味を考察します。

公開日:2021年8月30日 更新日:2021年8月30日


この記事の目次 []
  1. ・GReeeeN「アカリ」はTBS系ドラマ主題歌
  2. ・ヒーローにも悪者にもなれる時代
  3. ・GReeeeNならではの前向きな歌詞
  4. ・誰もが「アカリ」のような存在

GReeeeN「アカリ」はTBS系ドラマ主題歌

▲GReeeeN / アカリ 【TBS系 日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』主題歌】

『キセキ』『愛唄』などのヒット曲で知られる、4人組ボーカルグループ『GReeeeN』。

2021年7月26日に配信リリースされた新曲『アカリ』は、テレビドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の主題歌に起用されています。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』は、鈴木亮平演じる医師「喜多見幸太」が患者を救うために奮闘する医療ドラマ。

----------------
この世界が暗闇に飲み込まれても
君がいるから
≪アカリ 歌詞より抜粋≫
----------------

ドラマの世界を重ねると、冒頭の歌詞は患者の目線のように思えてきます。

災害や事故現場など、1分1秒を争う状況下で自分を救おうと命がけで行動する喜多見先生。

その姿は、患者にとってまさに希望の光であり、ヒーローのようですね。

一方、GReeeeNは楽曲『アカリ』について「みんな誰もがヒーローになれる」という想いを込めたとコメントしています。

患者にとって医師はヒーローですが、患者が懸命に生きる姿を見て勇気をもらう人もいるはず。

そう考えると、GReeeeNの言葉通り「誰もが誰かのヒーロー」なのでしょう。

ヒーローにも悪者にもなれる時代



続けて、『アカリ』の歌詞の意味を考察していきましょう。

----------------
Everything is 喰らうSick 涙がプラスチック
みたいに 無味無臭な現代人
≪アカリ 歌詞より抜粋≫
----------------

「Sick」は病気という意味がありますが、ここではもっと広い意味で「その人の心が傷ついている様子」を表しているようにも感じられます。

例えば、近年はインターネットでの誹謗中傷もよく問題になっていますね。

誰もがヒーローになれる一方、誰もが簡単に悪者にもなれてしまうことを伝えようとしているのかもしれません。

「涙がプラスチック」「無味無臭」は、相手の気持ちを考えない行動を表現しているように思います。

----------------
あっちの方から こっちの方に
聞こえる誰かのリアルなstory
Everything's gonna be alright
そういうものに 私はなりたい
今現在と過去と未来
Show you 輝く命とプライド
Let me here say
≪アカリ 歌詞より抜粋≫
----------------

たとえインターネットで誰かを傷つけたとしても、相手は生身の人間。

そこには必ず、リアルな悲鳴があるでしょう。

簡単にお互いを傷つけあってしまえる時代で、主人公は「なんでもうまくいくよ!」と言える存在になりたいと考えているようです。

人を傷つけるのではなく、あくまで「誰かのヒーローでありたい」という主人公の誓いのようにもとれますね。

GReeeeNならではの前向きな歌詞



『アカリ』は以下の歌詞が繰り返し登場します。

----------------
Don't cry もう泣かなくていい
毎回 君に救われてきた
何百回 永久に永久に
君は僕の世界守るヒーロー
YES or NO 鐘ならし勇気出して
Don't stop 次々に進めよ
今日だって 過ぎ去って
Everything's gonna be alright, yeah!!
≪アカリ 歌詞より抜粋≫
----------------

「道」「扉」など、多くの応援ソングを送り出してきたGReeeeNならではの前向きな歌詞に励まされますね。

「Don’t cry もう泣かなくていい」の歌詞は、「僕」が「君」に投げかけた言葉のようにも、その逆にもとらえられます。

おそらく、どちらの意味もあって「僕も君もお互いがヒーローのような存在である」ことを表しているのではないでしょうか。

----------------
Hu ララランド 一緒に歌って
Hu 時を感じていこうよ
Hu 僕ら二人そろえば なんだって
描き変わって 暗闇を光へ
≪アカリ 歌詞より抜粋≫
----------------

『アカリ』が主題歌のドラマ『TOKYO MER』でも、救命救急チームの仲間たちが助け合って困難を乗り越えていきます。

同じように、「2人いればどんなに絶望的な状況でも立ち向かっていける」ことを表しているのでしょう。

----------------
難しいことも 楽しいこともあるさ
もう諦めないで あなたはあなたでいていいんだからね
≪アカリ 歌詞より抜粋≫
----------------

加えて、何かを変える必要はないと伝えているのかもしれません。

この歌詞は、「あなたはあなたのままで、誰かのヒーローなのだから」と優しく教えてくれているように思います。

誰もが「アカリ」のような存在



GReeeeNアカリ』の歌詞の意味を考察してきました。

さて、歌詞全体を見ていくと、歌詞中に「私」「僕」「君」「あなた」「You」と複数の一人称、二人称が登場しているのに気づくのではないでしょうか。

最後にこの部分を考察すると、さまざまな表記が登場するのは主人公が複数いることを表しているのかもしれません。

つまり、『アカリ』の主人公は聴き手である私たちであり、「聴いているあなたも誰かのヒーローだよ」ということを教えてくれているのかもしれませんね。

楽曲『アカリ』は、GReeeeNならではのポジティブな歌詞で聴き手の背中をそっと押してくれるでしょう。

HIDE、navi、92、SOHの男性4人組、福島県で結成されたボーカルグループ。 2007年1月24日シングル『道』でメジャーデビュー。 メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔を伏せて活動中。 『愛唄』『キセキ』『遥か』『オレンジ』等、デビュー以来数々のヒット曲を生み出す。···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【インタビュー】神宿5thアルバムリリ…

Novelbright「ライフスコール…