1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 南波志帆
  6. 永遠にして一瞬の「こどなの階段」を昇る季節

永遠にして一瞬の「こどなの階段」を昇る季節

マジック・ヴォイスと表現される透明感のある歌声を持ち、シンガーとして活躍する南波志帆。15歳という年齢で若くしてデビューした彼女が、18歳の時に発表したファーストアルバムが「水色ジェネレーション」だ。このアルバムでは様々な有名ミュージシャンが提供した楽曲が南波志帆によって歌われている。

公開日:2016年3月3日 更新日:2016年6月30日




マジック・ヴォイスと表現される透明感のある歌声を持ち、シンガーとして活躍する南波志帆。15歳という年齢で若くしてデビューした彼女が、18歳の時に発表したファーストアルバムが「水色ジェネレーション」だ。このアルバムでは様々な有名ミュージシャンが提供した楽曲が南波志帆によって歌われている。

その中に収録されているのが「こどなの階段」。作詞はBase Ball Bearの小出祐介、作曲はサカナクションの山口一郎。人気バンドのフロントマン同士の合作ということから、シングル発売時より注目されていた楽曲だった。


----------
「"大人"でも"子供"でもない僕らは"こどな"だね」と笑う君の笑顔が眩しい
----------
タイトルにも使われている「こどな」という不思議な言葉の正体は、「おとな」と「こども」の中間。歌っている当時の南波志帆本人がまさに体感していた世界だ。

----------
くちづけをした 平手打ちをした 檸檬が弾けた だからsizzle sizzle私の現在

ここからが 大人だと 気付かずに いさせてよ
----------
10代も後半に差し掛かり、様々な経験をする時代。いつまでも子供ではいられない。はじめてのくちづけをしたり、張り裂けるような恋の痛みを知ったり。甘酸っぱい雫の滴る今この瞬間から大人に近づいてしまう。興味はあってもそれは怖いもの見たさにも似ていて、本当に近づいていくには覚悟が足りない。それならばいっそ気付かずにいたかった。ジレンマを抱え、もどかしい気持ちが見え隠れする。

----------
ゼッケン5追いかけ 胸鳴りの夏
焼却炉 煙が少し悲しい秋
君に逢いたい 電飾の冬融かして
誰よりも 早く半袖を着たい春
----------

駆け抜けていく季節がまるで写真のようにひとつずつ見えてくる歌詞だ。季節が過ぎるごとに階段を一段ずつ昇って「こどもでいたい」から「早くおとなになりたい」へと変わる心の動きが隠れている。


----------
大人でも子供でもない季節を もう二度と戻らない風景感じて
制服がゆらゆら 君がきらきら
こどなの階段昇って ゆらゆら…きらきら…さよなら
----------

歌う本人は高校生の時「青春ごっこ」をしていたという。友だちと一緒に何気ない瞬間を写真に撮ったりしていたそうだ。誰だって本当はちゃんと分かっている。制服に袖を通す時間には終わりがあるということ。過ぎた風景は戻ってこないこと。それでも、この瞬間の永遠を願う気持ちと未来への希望を一緒に抱えて足を踏み出す。

「ティーンネイジャーのわたしよ、さようなら。
こどなの階段を昇りきって今、晴れてわたしは大人になります。」

南波志帆は成人を機に更新したブログにこう記していた。10代で打ち立てた「日本武道館でライブができるシンガーになる」という目標はまだ達成されていない。今まではこどなであるがゆえの揺らぎや迷いがあったはずだ。だが、それにもさよなら。ここから先には一層の決意が求められている。そのことを充分に分かっているからこそのブログの言葉だ。

こどなでいる季節だけではない、人生そのものだって階段だと言える。わたしたちも昇り続けている階段を、彼女もまたひとつずつ昇っているのだ。



TEXT:asta

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

「君がいないと僕は…」平井堅の想う、と…

「君の声」があったから―アンダーグラフ…