1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. yarn.
  6. yarn.「HERO」現実はつらいだけじゃない!大人にこそ沁みる歌詞の意味を考察

yarn.「HERO」現実はつらいだけじゃない!大人にこそ沁みる歌詞の意味を考察

音楽と映像で心に訴えかける正体不明のクリエイターギルド・yarn.の『HERO』は、大人になるということをテーマにした楽曲です。厳しい現実を生きる大人たちの心を軽くしてくれる歌詞の意味を考察します。

公開日:2021年10月8日 更新日:2021年10月8日

Column

MarSali


この記事の目次 []
  1. ・yarn.がすべての大人たちへ贈るメッセージソング
  2. ・支えてくれる人がいれば強く生きられる
  3. ・暗い現実の中にも必ず希望がある
  4. ・「HERO」の魅力をあなたの目と耳で感じて
  5. ・リリース情報

yarn.がすべての大人たちへ贈るメッセージソング


一切顔を出さず、音楽とアートと映像で人の心をリアルに描き出す“正体不明のクリエイターギルド”である『yarn.』。

新進気鋭のアーティストである彼らの楽曲には、誰もが感じたことのある現実の厳しさや心の痛みが表現されているだけでなく、忘れたくない希望にもスポットを当てているため、聴くと爽やかで前向きな気持ちになれるでしょう。

今回紹介する『HERO』も、青春時代を経た大人たちへ優しく語りかけるような楽曲となっています。

どの楽曲も印象的なMVでも楽しませてくれるyarn.ですが、『HERO』では点滅する光とピタゴラ装置の鉄球の動きを追う映像が組み合わされ、歌詞との関連を考えながらMVを見る楽しさもありますよ。
▲yarn. 2nd SINGLE「HERO」Official Music Video


ではさっそく気になる歌詞の意味を考察していきましょう。

----------------
幼い頃、手にしてたものは
大きくなったその手が離すだろう
それが大人になるということで
怖くはないと 僕に語り聞かせていた
≪HERO 歌詞より抜粋≫
----------------

この部分は1番冒頭の歌詞です。

「幼い頃、手にしてたもの」で大人になって手放したものはきっとたくさんあります。

お気に入りで大切にしていたおもちゃが不要になるように、心の中の想いや感情も歳を重ねるにつれて変化するもの。

当たり前に手放してきたものをふと思い返して、不安に駆られることが誰にでもあるでしょう。

それでも「怖くはない」と自分に言い聞かせながら生きているのです。

ジャケットに描かれている手も何かを手放しているように見えるので、大人になるということを象徴したイラストなのかもしれませんね。


支えてくれる人がいれば強く生きられる


----------------
僕が僕であるために今があるなら
君は君らしく今を生きてゆけ
「戻れないよ」と胸が痛むの
嘘になって腐りきってしまう?
≪HERO 歌詞より抜粋≫
----------------

サビの部分では、暗い現実も受け止めて強く生きることを教えてくれます。

何も心配しなくて良かった過去に、戻りたいのに戻れなくて苦しい毎日。

自分が出した言葉が嘘になったり、誰かの嘘の言葉で心が腐ってしまいそうになったりもします。

それでも「君は君らしく今を生きてゆけ」と励ましてくれています。

しかし、一人で頑張る必要はありません。

----------------
君を泣かせないために腕があるなら
僕は迷いなく君を抱きしめよう
だってだってまた
泡になって無駄になってしまうだろうからさ
≪HERO 歌詞より抜粋≫
----------------

主人公が告げる「君を泣かせないために腕があるなら」という仮定のフレーズに注目しましょう。

彼は現実主義で本当に「君を泣かせないために腕がある」と思っているわけではないようです。

それでも、もしそんな風に使うことができるのだとしたら「迷いなく君を抱きしめよう」と歌います。

様々なものが「泡になって無駄になってしまう」ほど現実は厳しいけれど、自分に人を救う力があるなら大切に思う人のために最大限用いたいという純粋な思いが感じられるのではないでしょうか。

彼自身も不安を胸に抱えていながらも、人の助けになろうとする様子に力をもらえますね。


暗い現実の中にも必ず希望がある

----------------
君の思う大人というものは
どんな人だ?僕にも話してよ
泥にまみれたこの世界が楽しいと思えるそんな人だ
僕はいつも一人きりの君と出会えた
≪HERO 歌詞より抜粋≫
----------------

子供の頃に思い描いていた大人のビジョンはどんなものでしたか?

主人公は「泥にまみれたこの世界が楽しいと思える」人と語っています。

現実は多くのものを手放して、悪いと分かっていることに目を背けることで成り立っているような社会です。

そんな世界を楽しむのが大人なら、きっと大人になりたい人はいないと言えます。

しかし反対に言えば、そんな世界でも楽しみを見つけられるなら、生きづらさを感じることはないでしょう。

主人公が「いつも一人きりの君と出会えた」ように、この世界でも必ず喜びや尊さを感じられる出来事があるはず。

現実を変えることは難しいですが、希望を捨てる必要はないのです。

つらい現実に思わず泣いてしまいそうな時もあります。

それでも「僕」には希望となってくれた「君」がいて、「君」には悲しい時に駆けつけてくれる「僕」がいるように、きっと誰のそばにも助けてくれる“HERO”がいるはずです。

何かを手放した手には、他の大切な何かが掴めるでしょう。

現実から逃げるのではなく、大切な人と共に自分らしく“今”を生きたいと思わせてくれる楽曲ですね。


「HERO」の魅力をあなたの目と耳で感じて

yarn.の『HERO』に綴られているように、大人になることには不安や戸惑いがつきものです。

しかし、思い合い助け合える人がいるこの世界はまだまだ捨てたものではありません。

『HERO』には他にもたくさんの魅力的なフレーズがあるので、ぜひMVをチェックして音楽と映像と共に楽しんでくださいね。

TEXT MarSali


リリース情報


yarn. 2nd SINGLE
「HERO」
▶︎配信はこちら

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【歌割り・パート割り】King & P…

OH MY GIRL(オーマイガール)…