1. 歌詞検索UtaTen
  2. コラム&特集
  3. バンド
  4. マカロニえんぴつ

マカロニえんぴつ「ブルーベリー・ナイツ」が切ないを通り越して胸が痛い!歌詞の意味を考察

若い世代を中心に大人気の4人組バンド『マカロニえんぴつ』。そんな彼らの代表曲とも言える『ブルーベリー・ナイツ』の歌詞の意味に迫ります。可愛らしいタイトルとは裏腹に、切なすぎる歌詞にご注目ください。

主人公はどんな人物?

▲マカロニえんぴつ「ブルーベリー・ナイツ」MV
----------------
傷つかないための気付かないふりばかりだ
信じることは悲しいこと
≪ブルーベリー・ナイツ 歌詞より抜粋≫
----------------

こんな不穏な歌詞から始まるのは、人気バンド『マカロニえんぴつ』の人気曲『ブルーベリー・ナイツ』という楽曲。

可愛らしいタイトルですが、同曲は「元恋人」をイメージして作ったそうです。

つまり冒頭の歌詞は失恋した女性の心情。

彼の気持ちが離れていることに薄々気付きながらも「そんなことはない」と彼を信じようとしているようです。

----------------
夜の幻 さよなら25時
忘れちゃうのに求め合うのは身体が空っぽだから

姑息で孤独なあなたが嫌いで、でも好きで
そんな自分も好きだった

合鍵は返してね
愛がないならもう会えないよ
≪ブルーベリー・ナイツ 歌詞より抜粋≫
----------------

続く歌詞からは、関係は破たんしつつも2人がまだ一緒にいることがわかりますね。

しかし、サビ直前では「愛がないならそんな関係ももう終わりにしよう」という女性の意志が歌われています。

とはいえ綺麗さっぱり相手の男性を忘れることはできない様子。

続くサビで歌われている悲痛な思いに注目です。

----------------
冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
愛して まだ相手してほしくて
なんてもう、馬鹿だよな
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
運命の誰か、あたしを掬って食べて
マイ・ブルーベリー・ナイツ
≪ブルーベリー・ナイツ 歌詞より抜粋≫
----------------

愛がないなら一緒にいたって仕方ないけれど、でも相手のことを忘れられない。
しかし「一緒にいたい」と願っても愛がないからもう叶わない。

とても切なくて胸が痛くなりますね。

後半部分ではやや自暴自棄気味に他人へ救いを求めているのがさらに切ないポイント。

共感してしまう人も多いのではないでしょうか?

消えない彼の温もり


----------------
冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
愛して まだ相手してほしくて
なんてもう、馬鹿だよな
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
運命の誰か、あたしを掬って食べて
マイ・ブルーベリー・ナイツ
≪ブルーベリー・ナイツ 歌詞より抜粋≫
----------------

続く歌詞でははっきりと恋に別れを告げています。

このまま彼を信じても報われないと、頭ではしっかり理解しているようです。

しかし、頭ではわかっていても心はなかなか切り替えられないもの。

彼の残り香に涙する切ない様子が次のサビで歌われています。

----------------
冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
残って離れてくれない匂いが
愛おしくて、許せないの
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
誰でもいいよ、あたしを潰して舐めて
マイ・ブルーベリー・ナイツ
≪ブルーベリー・ナイツ 歌詞より抜粋≫
----------------

ふと元恋人の香りを感じて切なくなるという体験をしたことがあるという人もいるかもしれませんね。

彼の残り香すら愛おしくて、でも許せない。

そんな絶妙な恋心に多くの女性が「わかる!」とうなずきたくなると思いますが、同曲の作詞を務めたボーカルのはっとりは男性。

なぜこんなにも女心がわかるのか不思議なほど、恋の終わりで揺れ動く女性の心がリアルに描かれています。

届かぬ願い、自暴自棄な思い


----------------
冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
残って離れてくれない匂いが
愛おしくて、許せないの
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
誰でもいいよ、あたしを潰して舐めて
マイ・ブルーベリー・ナイツ
≪ブルーベリー・ナイツ 歌詞より抜粋≫
----------------

こちらは比喩表現であると解釈できます。

おとぎ話のような素敵な展開はなく、現実は冷たく荒んだ展開であったということでしょうか。

最後の1行からは「神様は願いを叶えてくれない=元の関係には戻れない」という様子が伝わってきますね。

----------------
覚めないで 夢なら
忘れたいの 本当なら
行かないで 棄てないで
もう縋ったって遅いかな
≪ブルーベリー・ナイツ 歌詞より抜粋≫
----------------

覚めないで欲しいのは「彼と一緒に過ごしている」という夢で、忘れたいのは「彼と一緒に過ごした日々」のことであると考察できます。

そして後半の2行は彼女の思い。

本当は彼と離れるべきだとわかっているけれど、どうしても離れたくないようです。

----------------
冷めないで 消えないで そう願ったって遅いのに
愛して まだ相手してほしくて
なんてもう、馬鹿だよな
ねぇ行かないで 棄てないで もう縋ったって遅いけど
運命の誰か、あたしを掬って食べて
誰でもいいよ、あたしを潰して舐めて
マイ・ブルーベリー・ナイツ
≪ブルーベリー・ナイツ 歌詞より抜粋≫
----------------

同作品では2人の結末は描かれていません。

無事にお別れし、それぞれの恋を歩めているのでしょうか?

みなさんも曲を聴きながら自分の考察や想像を楽しんてみてくださいね。

MVでは別の説が浮上!?


『ブルーベリー・ナイツ』の歌詞や考察についてご紹介しました。

ミニアルバム『LiKE』、アルバム『hope』に収録されているので、ぜひ聴き込んでみてください。

今回は楽曲ベースで考察しましたが、MVでは別の展開も描かれています。

なんと男性2人・女性1人の三角関係が描かれているのです!

それも踏まえて聴き込めば、また別の考察も楽しめるはず。

気になった方はぜひMVもチェックしてみてくださいね。

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約