1. 歌詞検索UtaTen
  2. コラム&特集
  3. J-POP
  4. 新しい学校のリーダーズ

新しい学校のリーダーズって何者?メンバーのプロフィールや人気曲を紹介

若者を中心に支持を集めているパフォーマンスグループ・新しい学校のリーダーズ。メンバーは、MIZYU、RIN、SUZUKA、KANONの4人です。この記事では、新しい学校のリーダーズメンバーたちのプロフィールや人気曲などを徹底紹介します。

新しい学校のリーダーズとは何者?


独特なキャラクターと、エッジの効いたパフォーマンスで、世の中をざわつかせている話題のアーティスト・新しい学校のリーダーズ

TikTokでも多くのフォロワーを獲得している彼女たちは、日本だけでなく海外でも活躍の場を広げています。

まずは、新しい学校のリーダーズというグループについてチェックしてみましょう。

世界が注目する4人組パフォーマンス集団

新しい学校のリーダーズは、2015年にMIZYU、RIN、SUZUKA、KANONの4人で結成されたダンス&ボーカルユニット。

所属事務所は、きゃりーぱみゅぱみゅも所属しているアソビシステムです。

彼女たちは「歌い踊るセーラー服、青春日本代表」を自称し、自分たちにしかない個性と自由で「はみ出していく」ことをコンセプトにしています。

「もっと自由にもっと個性を出していける社会」を望む4人は、日本だけでなく世界からも注目を集めるパフォーマンス集団です。

TikTokのフォロワー数は驚異の390万人超え

新しい学校のリーダーズのTikTokフォロワー数は、2022年6月現在390万人を超えています

動画は打ち合わせなしで、人気のダンスを即興でアレンジして撮影したものを投稿しているそうです。

「TikTokは気軽な気持ちではじめた」とのことですが、新しい学校のリーダーズのパフォーマンスはすぐにバズり、若い世代を中心に多くのファンを獲得するきっかけになりました。

アメリカの有名音楽フェスで世界デビュー

新しい学校のリーダーズは、2020年11月にアメリカの音楽レーベル「88rising」と契約し「ATARASHII GAKKO!」の名義で世界デビューを果たします。

2021年11月6日には、アメリカ・ロサンゼンルスで開催された音楽フェス「Head In the Clouds」に出演

最終人類」や「試験前夜」、「Free Your Mind」などの楽曲が披露されると、2万5,000人規模の会場は熱気に包まれました。

MCでは英語での自己紹介も行われ、堂々としたパフォーマンスで海外初ステージは見事に大成功。

日本を飛び出した彼女たちの、グローバルな活躍にも期待が高まります。

新しい学校のリーダーズメンバーの年齢や魅力を紹介!

新しい学校のリーダーズは、MIZYU、SUZUKA、RIN、KANONの強烈な個性も魅力的なポイント。

4人ともそれぞれ性格が違いますが、固い絆で結ばれているところもグループの強みです。

SNSでも、メンバーたちの仲の良さが分かる写真や動画がたくさん投稿されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

それでは、新しい学校のリーダーズメンバーの詳しいプロフィールを紹介します。

MIZYU(ミヂュ)


誕生日 1998年12月22日
年齢 24歳(2022年時点)
身長 151㎝

ツインテールがトレードマークの美少女・MIZYUは、新しい学校のリーダーズの最年長メンバー。

グループにリーダーはいませんが、しいて言うならMIZYUが最もリーダー的な存在とのこと。

子どもの頃から踊ることが大好きで、小中学生の頃はきゃりーぱみゅぱみゅのバックダンサー「きゃりーきっず」として活動していました。

振り付けも歌声も可愛らしいのが特徴で、手振り系のダンスが得意。

MIZYUの性格について、メンバーたちは「メンバーの中でも1番謎めいてると思う」「1番はみ出してるんちゃうかなと。すごい自由人」とコメントしています。

好きな食べ物はもやしで、自分の好きなところは「髪がキレイなところ」だそうですよ。

SUZUKA(スズカ)


誕生日 2001年11月29日
年齢 21歳(2022年時点)
身長 168㎝

おかっぱヘアと丸メガネという個性的なビジュアルで、新しい学校のリーダーズの顔ともいえるメンバー・SUZUKA

グループのメインボーカルを務めており、強めの楽曲にハマる伸びのある歌声が特徴で、世界中のリスナーを楽曲の世界観に引き込みます。

KANONいわく、いつも歌っていて「今、歌うなよ」という時でも歌っているとのこと。

カラオケの十八番は、中森明菜の「DESIRE」だそうですよ。

メンバーたちからは「奇行癖があって何をするか分からない」「ずっと喋っていて面白い」と言われています。

圧倒的なカリスマ性を放つSUZUKAは、新しい学校のリーダーズのムードメーカーとしてもグループを盛り上げているようですね。

RIN(リン)


誕生日 2001年9月11日
年齢 21歳(2022年時点)
身長 155㎝

元DANSTREETモデルを務めていたRINは、パワフルなダンスが持ち味。

父親の影響でHIPHOPに興味を持ち、本格的にダンスを始めたのは4歳の時だったそうです。

子どもの頃から数々のダンスコンテストでの優勝・受賞歴があり、メンバーたちからも「新しい学校のリーダーズの中で1番ダンスが上手い」と言われています。

日本語でも、RINが歌うと英語のような発音に聞こえるところも特徴です。

メイクやファッションには人一倍こだわっていて、自分に似合うものをよく理解しており、セルフプロデュースが上手とのこと。

RINの性格については、メンバーたちが「見た目だけだと1番強気に見えるけど、1番心配症」「平和主義で場を和ませてくれる」と語っています。

KANON(カノン)


誕生日 2002年1月18日
年齢 20歳(2022年時点)
身長 155cm

大きな瞳が印象的で、クールビューティーなKANON

カッコいいイメージがありますが、実はたまに抜けていてフワフワした可愛らしい性格の持ち主です。

一方、しっかり者で自分に厳しい面も持ち合わせているそうですよ。

また習字が得意で、ライブなどのイベントで壁に張られているものは、全てKANONが書いた作品とのこと。

SNSにも過去の作品が投稿されているので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

パフォーマンスでは、やわらかく美しいダンスを得意としています。

ダンスの恩師がロングヘアだったことから、先生への憧れでずっとロングヘアをキープし続けているとか。

好きな食べ物はマンゴーで、マンゴーへの愛は誰よりも強いとのことです。

新しい学校のリーダーズの凄さとは?

TikTokでバズったことをきっかけに、メディアなどでも特集されることが増えた新しい学校のリーダーズ。

これまでの枠にとらわれない表現力や、確かなパフォーマンス力で、まさに若い世代を代表する新たなリーダー的存在になっています。

ここでは新しい学校のリーダーズの凄さについて、改めてチェックしてみましょう。

ステージ経験の豊富さ

新しい学校のリーダーズは全国各地でライブを開催したり、ワンマンライブを成功させたりしてきた実力派。

「アイドルばかり、バンドばかりのライブに出て、基本浮いていた」「演者さんがギターのチューニングをするなか、制服でストレッチしていた」ということもあったそうです。

しかし、さまざまな状況の中でライブを成功させてきたからこそ「パフォーマンスで観客を楽しませる」という自信をつけてきた新しい学校のリーダーズ。

そのため、アメリカの音楽フェス「Head In the Clouds」に出演した時のことについても、「全然緊張しなかった」と語っています。

ダイナミックなダンス

新しい学校のリーダーズの凄さは、ダイナミックなダンスにもあります。

彼女たちのインパクト抜群のダンスは、短時間の動画を配信するTikTokと相性抜群。

ベトナムで流行っていた肉切りダンスを、彼女たちがアレンジして踊った動画が、ベトナムのニュースサイトで取り上げられて話題になったことも。

ライブやMVでのパフォーマンスはもちろんですが、TikTok動画のダンスにも注目してみてくださいね。

振付はステージに合わせて更新していく

新しい学校のリーダーズの振付は、MVを撮影したあともステージに合わせて更新されています。

メジャーデビュー曲「毒花」も、今でもライブで振り付けを変えているとのこと。

身体の全てを使って感情を伝えるようなパワフルなダンスは、全てメンバーたちが自ら振付したものです。

新しい学校のリーダーズは、Hey!Say!JUMPの楽曲「ネガティブファイター」の振付も手掛けています。

世界的PDにプロデュースを直談判

新しい学校のリーダーズの「Pineapple Kryptonite」は、世界的プロデューサーのマニー・マークが手掛けた楽曲です。

最初にプロデュースを依頼したときは断られたそうですが、諦めきれず、新しいパフォーマンスのデモを送ったとのこと。

すると、マニー・マークがやる気を認めてくれて、プロデュースを引き受けてくれたとのことでした。

並外れた行動力と根性も、彼女たちの凄さと言えるでしょう。

新しい学校のリーダーズの人気おすすめ曲4選!

新しい学校のリーダーズは、エッジが効いたサウンドの楽曲で世界中のファンを魅了しています。

「最近ファンになった!」「どの曲から聴くべき?」という場合は、まずはファンから支持されている人気曲をチェックしてみてはいかがでしょうか?

それでは最後に、新しい学校のリーダーズのおすすめ曲を4曲ピックアップして紹介します。

Pineapple Kryptonite

▲新しい学校のリーダーズ - 『Pineapple Kryptonite』【OfficialMusicVideo】

新しい学校のリーダーズの「Pineapple Kryptonite」は、2021年9月21日に配信されたデジタルシングル。

オルタナティヴ界最高のサウンド・プロデューサーと称される、世界的PDのマニー・マークが手掛けた楽曲で、海外ファンからも支持されています。

中毒性のあるリズムがクセになるナンバーで、TikTokでも大人気。

カリフォルニアの砂漠を舞台に、エイリアンと格闘するユニークなMVも要チェックですよ!

恋ゲバ

▲新しい学校のリーダーズ - 『恋ゲバ』【OfficialMusicVideo】

2019年3月6日に発売された2ndアルバム「若気ガイタル」のリード曲「恋ゲバ」は、2月6日に先行配信されたナンバーです。

サウンドプロデュースを手掛けたのはH ZETT Mで、作詞は松永天馬。

教師と女子生徒の恋を描いた楽曲で、歌い回しにどこか懐かしさを感じる歌謡ロックです。

楽曲の内容をモチーフにしたMVでは、禁断の恋と新しい学校のリーダーズのダンスが激しく交錯しています。



NAINAINAI

▲新しい学校のリーダーズ - 『NAINAINAI』【OfficialMusicVideo】

2021年1月20日にリリースされた「NAINAINAI」は、新しい学校のリーダーズ(ATARASHII GAKKO!)の世界デビュー曲です。

所属事務所88rising主催のグローバルオンライン音楽フェス「DOUBLE HAPPINESS Global Holiday Festival」で初めて披露されました。

海外のリスナーからも「最高にキャッチー」「素晴らしい才能だ!」と絶賛される、新しい学校のリーダーズの人気曲です。

WOO! GO

▲新しい学校のリーダーズ - 『WOO! GO』【OfficialMusicVideo】

2022年4月15日にリリースされた「WOO! GO」は、NIKEの新しい試み「NIKE塾」とコラボしたナンバーです。

プロデュースを手掛けたのはyonkeyで、長時間勉強し続ける学生たちに「Woo! Go! Woo! Go! 動こう!」というメッセージを込めた、パワフルな楽曲になっています。

MVには、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァとダンサーのRIEHATAが登場し、映像でスケートボード選手の堀米雄斗も出演していますよ。

新しい学校のリーダーズのメンバーに世界が注目!ざわつきを生み出し続ける4人から目が離せない

個性豊かな4人で結成された新しい学校のリーダーズは、セーラー服姿で繰り広げる圧倒的なパフォーマンスがTikTokで大人気に。

ひとクセある絶妙なコラボなども話題を呼び、個性と自由で「はみ出して」いく彼女たちは、まさに新しい時代を代表するリーダー的存在になっています。

ATARASHII GAKKO!として世界デビューを果たすなど、日本国内だけにとどまらず、グローバルな活躍にも注目が集まる新しい学校のリーダーズ。

これからも進化し続けるパフォーマンスで、世界中をざわつかせてくれることでしょう。

4人組ダンスパフォーマンスユニット「新しい学校のリーダーズ」。2015年結成。2017年6月にテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「女囚セブン」主題歌、「毒花」でビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。 「踊る、セーラー服と奇行癖。」と称され む、む、む。と、ざわつきながらも···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約