1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 福山雅治
  6. 不器用な役も器用にこなす福山雅治とは何者だ!?

【歌詞コラム】不器用な役も器用にこなす福山雅治とは何者だ!?

このアーティストの関連記事をチェック

「桜坂」が誰もに愛されてしまう特別な理由

ドラマチック!福山雅治の役者魂が魅せる…

『バクマン』や『モテキ』の監督で知られる映画監督:大根仁の新作映画『SCOOP!』が 2016年秋に公開予定だ。主演の福山雅治をはじめ、キャストも豪華な顔ぶれだ。若手実力派の二階堂ふみ、吉田羊・滝藤賢一などの味のある個性派、大根作品の常連リリー・フランキーと申し分ない。福山は今回、スクープを追いかけるパパラッチの汚れ役を演じる。

公開日:2016年4月11日 更新日:2016年6月30日


この記事の目次
  1. ・福山雅治 最新情報
  2. ・ライブ情報
  3. ・福山雅治 リリース情報
  4. ・福山雅治 Profile


『バクマン』や『モテキ』の監督で知られる映画監督:大根仁の新作映画『SCOOP!』が 2016年秋に公開予定だ。主演の福山雅治をはじめ、キャストも豪華な顔ぶれだ。若手実力派の二階堂ふみ、吉田羊・滝藤賢一などの味のある個性派、大根作品の常連リリー・フランキーと申し分ない。福山は今回、スクープを追いかけるパパラッチの汚れ役を演じる。

歌手・俳優・カメラマンなど、なんでも器用にこなす福山。“イケメン”の称号をほしいままにしてきて苦労なんて無さそうに見える。しかし、そんな福山が不器用に生きる人の心境を歌った「明日の☆SHOW」をご存知だろうか

--------
だって心はもうわかってる
自分らしくってこと
素直に生きること

ただそれだけで良いはずなのに
それが一番難しい生き方
なんて無情…

故郷の友よ 答えは出たかい
「幸せ」と呼べる
涙流せる場所はあるかい?

もう帰ろう

あした天気になれ ちょっと雨宿り
君の前で泣いてもいいかな ねぇ

憧れ描いた夢は ちょっと違うけれど
この場所で戦うよ
倒れたって何度でも立ち上がれ
明日の☆SHOW

--------

世間体・見栄・プライド・立場……意思決定を阻害するものを挙げだすとキリがない。言われるがままで流されてしまう自分。 自分の生き方を自分で決めるってことが難しいなんて悲しすぎる。社会人の大半はこんな悩みを抱えて今日も会社に通っている。

田舎の友達はどうしているかな。もう結婚して家族がいたりして…自分が望んだ仕事に就けているだろうか…なんて友達のことを考える。雨の降る帰り道に考えるのは、明日の天気と自分の現状。田舎を出てくる時に考えていた大人に自分はなれてないかもしれないけど…。
福山自身もサラリーマンをしていた頃、こんなことを考えながら悶々としていたのかもしれない。

--------
僕のヒーローは
どんなに辛く苦しい時も
自分にウソはつかなかったんだよ

愛すべき日々よ 懐かしき学び舎よ
生きるということは
何故にわからぬこと増えていくのか


あの日燃え尽きること 出来なかったけど
「このリングでヒーローになる…」
胸の奥で握りしめた拳よ
明日の☆SHOW

--------
タイトルからもわかるが、「あしたのジョー」のオマージュになっている。矢吹丈はどんなに辛い時も自分に嘘はつかなかった。矢吹にとってのリングは、自分にとっての会社だと言い聞かせて気合を入れる。嫌々で仕事を片付けてしまったこともあった。そんなんじゃいつまでたっても矢吹みたいにヒーローになれない。自分を奮い立たせるために胸の中で拳を握り締めた。明日から変われる気がする。

コーヒー「FIRE」のCMソングとして使用され、サラリーマンの指示を得た。「嘘は嫌いだ」や「その男、FIRE」などストレートなキャッチコピーも曲とマッチしていたが、不器用に生きる男性になりきった福山の演技力も大きい。今でこそ多岐にわたる活躍を見せる福山だが、そもそもサラリーマンを辞めて長崎から上京した目的は“少女隊のバックバンドをするため”だったとか。

上京時に憧れ描いた夢を遥かに凌ぐ活躍を見せる福山。デビューして今年で25年も愛され続けてきた。それを記念して12月23日にはベストアルバム『福の音』も発売される。俳優業だけでなく、音楽活動も絶好調ではないか。

彼は決して不器用な人間にはみえない。しかし不器用な面は誰にでもある。“不器用な役”も器用に演じているように見えるのは福山の日々の努力の賜物であり、その努力を見せないところもさすがだ。
そんな爽やかでカッコイイ福山に私たちは素直に憧れるとしよう
さすが福山雅治!!

TEXT:田中利知 https://twitter.com/toshichika8855

福山 雅治(ふくやま まさはる)は1969年2月6日生まれ、長崎県長崎市出身のシンガーソングライター、俳優。所属事務所はアミューズ、所属レコード会社はユニバーサルミュージック。1990年3月21日発売のシングル"追憶の雨の中"でデビュー。1992年5月21日に発売された5thシングル"Good night"が自身が出···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

月9のヒロインが決定した瞬間、藤原さく…

次世代アーティストが示したライブ音楽と…