「名曲揃いのDA PUMP!堕ちそうな人への決定打「CORAZON」」の全てのレビュー

女性

kuma

2019/08/06 17:28

全く同意致します。昨今の音楽番組はもう観る気も失せていましたが、昨年のISSAの再浮上により各局の特番、歌コンやMステなど殆ど観るようになりました。おかげでJ-POPの良さを想い出し、毎日楽しいですよ。彼には本当に感謝です。まだまだ応援したいですね。この記事もとてもいい内容で嬉しい限りです。ありがとうございます。

女性

るるぶ

2019/08/06 18:43

わたしも簡単に堕ちてしまった1人です。
USAをテレビで見てても、久しぶりに見たな〜としか思っていなかったのに、ライブ映像をきっかけにすっかりDA PUMPの虜になってしまいました。
ここまでハマったアーチストは皆無です。
武道館、城ホ、どちらも行きましたが、歌も、ダンスパフォーマンスも、ファンサもどれも素晴らしくて、3度も行ったのに、またすぐに行きたいと思わせる。なんて魅力的なグループなんだろうと。
CORAZONは今回のライブで1番惹き付けられた曲でした。聴いたことのない方は是非1度この歌を聴いてほしいと思います。

女性

へんとな

2019/08/07 01:12

USAきっかけでDA PUMPさんを聞くよつになりました。

昔の曲、まだまだ知らないのでもっと知りたいと思わせてもらえました!素敵なきしありがとうございますー!

女性

あくび

2019/08/07 05:43

素晴らしいDA PUMPを表現する秀逸な文書有り難うございます。ISSA様の唯一無二の歌唱力、メンバー達の磨きあげた硬派なダンススキルもさることながら、こんなにファンが熱く彼らを応援するのは、DA PUMPやISSAを通して、夢はやり続けることで叶えられるのだと、もう一度本気で信じさせてくれるところ。ISSAやメンバーの諦めずやり抜いた軌跡が、見る人の心を励まし勇気をくれる。だからいつもDA PUMPの歌を聞くたび、パフォーマンスを観るたび、涙がこぼれることも言及させてくださいね。ファミリーか、というぐらい強い絆で結ばれ、いつもファンのことを真剣に考えてくれる心優しいDA PUMPメンバー。これからも何があってもISSA命、DA PUMP命で応援し続けます🥰

女性

エマ

2019/08/07 06:52

デビューした時の衝撃は今でも、残っています。MCATさんがプロデュース。その頃の次々に出てくる沖縄アフターのグループ。それもビジュアルはジャニーズに負けてなく、歌が上手い!!直ぐにファンになりCD買いましたし、、よく聞きました。その後、メンバーの脱退が続き辛くなり、離脱してしまいましたが、曲は大好きでたまに聞いていました。この曲もメロディから好きで、やっぱりISSAの歌声、ダンス素敵です。USAを見た時、何してるの!!と思ってしまいましたが、やっぱりISSAの歌声が耳に残りメロディが残り、再熱。リリイベ、コンサートと今度は家族でハマってます。また行きたい。また会いたいと思わせる、素晴らしいグループです。一緒に歌って踊りましょう!!

女性

2019/08/08 08:36

私も再燃組です。というか、当時はダサさが気になって、ドはまりはしなかったんですが…。CORAZON一番好きだったなー。U.S.A.で過去動画発掘しまくり、武道館も参戦しましたよ。あんまり興味なかった娘もファミリーシートで連れてったら喜び、国フォも同伴予定です!

女性

ふみかん

2019/08/11 19:50

CORAZONの魅力をここまで丁寧に教えてもらって、何だかとっても新鮮でした。USAをきっかけに、過去のモールライブを知り、彼らのひた向きな努力と笑顔と熱意に感動し、レコード大賞でのKENZOさんの涙で完全に沼入りしました。こんなに応援したくなるアーティストと出会えたことに、感謝です。決して大げさではなく、 DA PUMPは私の生活の基盤になっています。彼らの笑顔に救われています。
ISSAが歌い続けてくれたから、今の DA PUMPがあるし、6人のメンバーがずっと居てくれていたから、4人の DA PUMPも色褪せないのだと思います。
タカラジェンヌや仮面ライダーとの共演、アメリカ大使館招待など、 DA PUMPが歴史的偉業を為している瞬間に立ち会えることが、何よりの幸せです。

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
特集ページへ戻る

特集レビューランキング

女性

ゆいたろ

2019/10/19 18:08

自分的には付き合っているけどもすれ違いが増えてきた恋人に対してお互いの為に別れましょう。君にはもっといい人がいるよっていう意味に感じた。
おかれている立場によってこんなにもイメージが変わるとは…

女性

けいな

2019/10/19 23:02

私も付き合っている恋人とうまくいかなくて、でも別れたくはなくて、でも相手のことを思うと別れた方がいい…みたいな歌詞だと感じました。
私も同じ立場にいるからかな、すごく響きました。

男性

ぽんず

2019/10/21 13:45

相手の女性には彼がいる。しかしその女性と関係を持ってしまった男の歌だと思いました。
曲名である、ふりをする、は【好き(本気)になってないふり】だと感じます。
最初は割り切れるはずだった。好き、本気になったら関係が終わる、それを分かりながら割り切れずに好きになってしまい、終わらせないといけない。
切ない歌詞ですね。

男性

たき

2019/10/17 21:51

大人になって仕事でもベテランと呼ばれる様になり要領も良くなって効率を重視して、なかなかガムシャラにに取り組むって事少なくなっちゃったな。何も考えず体動かして仕事した方が良い結果出やすいし、自分の中の満足度も高いのにね。「蜃気楼」は若い頃の自分を思い出しました。

男性

みやむー

2019/10/18 00:29

仕事に対してのがむしゃらさだったり新鮮さって見いだせなくなって久しいけど、有難いことに年に1度エンタメの端っこにしがみつかせてもらってるお陰で、それを始めた頃の20代初期の無邪気さを保ててる気がします。勿論経験値はきちんと上げつつねw
そこにしゅかしゅんとの出会いがあったお陰で自分の歳を忘れて現場ではしゃいでる今があることが嬉しい楽しい。
10-FEETさん、ゲームの世界から帰ってこなくなってた友人がこのバンドに出会ったきっかけでLIVE行きたい!と外に出るよーになった、音楽って凄い!を教えてくれたバンドさん。
こういったバンドさんの歌詞って前向きさと切なさが同居してる具合が良いですよね。

女性

しゅーくりーむ

2019/10/13 14:44

いつも死にたくなってしまった時に聞いています。いつも泣いちゃうんですけどね💦

そのほか

フロイトン

2019/10/18 22:06

ごめんなさい、自分の解釈とまったく違うです。
この歌の主人公は、といっても1人ではないと思います。
「僕は命に嫌われている」ではなく、「僕らは」です。
一人の少年(青年)ではなく、複数人いると思っています。
たぶんみんな10代、20代前半の自我同一性に悩む若者達だと
思いますが。
最後の生命力にあふれたというのは共感出来ます。