1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. DA PUMP
  6. 名曲揃いのDA PUMP!堕ちそうな人への決定打「CORAZON」

【歌詞コラム】名曲揃いのDA PUMP!堕ちそうな人への決定打「CORAZON」

このアーティストの関連記事をチェック

DA PUMP 16年ぶり武道館に凱旋…

ようこそ魔界へ!癖になる面白さに「魔入…

昨年『U.S.A』で再ブレイクを果たしたDA PUMP。満を持してのライブツアーではおよそ16年半ぶりの日本武道館公演も成功させ、ファンを熱狂させた。秋以降のツアーも決定し、まだまだ快進撃は止まらない。DA PUMPには確かな実力と、観る者を惹きつける輝き、そして素晴らしい楽曲がある。

公開日:2019年8月6日 更新日:2019年8月11日


この記事の目次 []
  1. ・名曲『CORAZON』の魅力を解説
  2. ・メロディアスなハウスチューン
  3. ・切なくも燃えるような想い
  4. ・22年間いつもISSAがいた
  5. ・注目の新曲

名曲『CORAZON』の魅力を解説

DA PUMPの人気は実に幅広い。

青春時代、彼らの楽曲をMDに落として聴き込んでいた世代のファンもいれば、まさに『U.S.A』からDA PUMPに注目するようになった若いファンもいる。



今回は、先述したライブツアーでも披露された名曲『CORAZON』の魅力を解説していきたい。

DA PUMPの沼はハマると深い。“ダサカッコイイ”だけじゃないDA PUMPの一面を知れば、簡単にハマってしまうことをあらかじめ注意しておく。

メロディアスなハウスチューン


▲CORAZON

デビュー当時のDA PUMPも、キャッチーかつポップないわゆる“ダサカッコイイ”路線であった。

高いスキルを兼ね備えていながら、その若さやビジュアルも相まってアイドル的存在に位置していたといえる。しかし、この『CORAZON』あたりを機に、少しずつアイドルからアーティストへと脱皮していく。

年齢相応の楽曲をパフォーマンスするようになった「大人のDA PUMP」に相応しい、切ない歌詞がメロディアスなハウスチューンに映える。

切なくも燃えるような想い

そもそも『CORAZON』とは、スペイン語で「心」を意味する。



歌詞には、終わった恋に未練を残す男の切なくもアツイ、燃えるような「心」が描かれている。

----------------
会えない 日々が続いた
それはただ僕の
わがままからか Oh
こんなに 胸が苦しい
他の誰といても
君の顔がよぎるよ
≪CORAZON 歌詞より抜粋≫
----------------

恋はもう終わっているのに、君のことが忘れられない。『CORAZON』には終始、その想いが溢れている。

寄せては返すような終わりのない切なさは、Bメロの歌詞によく表されている。

----------------
君がくれた 愛の言葉
今もずっと
めくりめくのさ
ああ嘘じゃない
ああ夢じゃない
でも思いは つのるだけ
≪CORAZON 歌詞より抜粋≫
----------------

たたみかけるように2番ではこう続く。

----------------
強いふりは 弱い僕を
守るための
ぎりぎりでした
もう戻れない
もう何もない
でも気持ちはひとつだけ
≪CORAZON 歌詞より抜粋≫
----------------

嘘じゃない。夢じゃない。戻れない。もう何もない。

恋を失った悲しみを確かめる作業ほど、辛いものはない。うまくメロディにリンクさせながら、こみあげてくる悲しみが表現されている。

----------------
Melancolico,
Triste Corazon
まだ虜会いたい君に
Melancolico,
Triste Corazon
まだ惹かれてる
≪CORAZON 歌詞より抜粋≫
----------------

「Melancolico, Triste Corazon」印象的なサビの意味は「憂うつで寂しい、心が痛い」といったところだろうか。



メンバーはもちろんオーディエンスもみなサビでは手を掲げ歌う、いわゆる「アゲ曲」である『CORAZON』。ライブでも盛り上がりどころのひとつだ。しかしその歌詞を読み解くと、こんなにも切ないものだったのかと驚く。

曲調やパフォーマンス、ISSAの「がなり」を込めた歌い方からも「弱い男」は一切感じさせない。だからこそ歌詞の切なさを見落とされがちなのだが、描かれているのは「強い男の脆い一面」「愛した人への確かな想い」である。

情熱的なラテンの要素をまとう楽曲と、燃えるような恋心を描いた歌詞。ギャップがあるようで、実は非常にうまくマッチしていると言える。

稀代のモテ男といっても過言ではないISSAが、こんなにも未練たっぷりの恋心を紡ぎ、歌うというのがまたニクい。彼にはとても寂しがりやな一面があるという。「実体験ではないか」と推察するのもまた、リスナーの楽しみのひとつであろう。

切ない歌詞、こだわり抜いたパフォーマンス、引き込まれる世界観。『CORAZON』を一度聴いてしまえば、観てしまえば、もうDA PUMPの魅力から抜け出すことは出来ない。

22年間いつもISSAがいた

実は筆者も、今回の「LIVE DA PUMP 2019」に参加したひとりである。

居ても立っても居られないほどの感動に突き動かされ、筆をとった次第だ。

冒頭でも述べたが、DA PUMPのファン層は広い。それはデビューから22年、ISSAがそこに存在し続けてくれたからに他ならない。誰の青春にも「ISSA」というアーティストが、歌声が存在している。



「変わらない」というのは最大のファンサービスだ。

ISSAは当時の曲を当時のまま歌い上げる。伸びやかなハイトーンは、進化はすれどまったく衰えを知らない。

ISSAの声、パフォーマンスは、忘れていた青春の日々をまるで昨日のことのように呼び覚ます。

何にだってなれると思っていた、無鉄砲で無敵だったあの頃の自分にほんのひととき戻ることができる。

現メンバーが参加し11年、DA PUMPは不遇の時代も乗り越えてきた。だからこその輝き、だからこその力がある。

ヒーローは遅れてくるのがストーリーの定説だ。遅れてきた“ホンモノ”が、今後ますます邦楽界を揺るがしてくれることを期待したい。

TEXT シンアキコ

注目の新曲

DA PUMPの魅力が満載!気持ちが上がるパーティチューン!!

ISSA、YORI、TOMO、KIMI、U-YEAH、KENZO、DAICHIの7人からなる、ダンス&ヴォーカルグループ。1997年6月DA PUMPとして、m.c.A・T の音楽プロデュースによりメジャーデビュー。 ヴォーカルISSAのダンスをしながらもぶれない超人的な歌唱力の高さと、ダンスの世界大会で8度の優勝や上位に入賞す···

この特集へのレビュー

女性

エマ

2019/08/07 06:52

デビューした時の衝撃は今でも、残っています。MCATさんがプロデュース。その頃の次々に出てくる沖縄アフターのグループ。それもビジュアルはジャニーズに負けてなく、歌が上手い!!直ぐにファンになりCD買いましたし、、よく聞きました。その後、メンバーの脱退が続き辛くなり、離脱してしまいましたが、曲は大好きでたまに聞いていました。この曲もメロディから好きで、やっぱりISSAの歌声、ダンス素敵です。USAを見た時、何してるの!!と思ってしまいましたが、やっぱりISSAの歌声が耳に残りメロディが残り、再熱。リリイベ、コンサートと今度は家族でハマってます。また行きたい。また会いたいと思わせる、素晴らしいグループです。一緒に歌って踊りましょう!!

女性

2019/08/08 08:36

私も再燃組です。というか、当時はダサさが気になって、ドはまりはしなかったんですが…。CORAZON一番好きだったなー。U.S.A.で過去動画発掘しまくり、武道館も参戦しましたよ。あんまり興味なかった娘もファミリーシートで連れてったら喜び、国フォも同伴予定です!

女性

ふみかん

2019/08/11 19:50

CORAZONの魅力をここまで丁寧に教えてもらって、何だかとっても新鮮でした。USAをきっかけに、過去のモールライブを知り、彼らのひた向きな努力と笑顔と熱意に感動し、レコード大賞でのKENZOさんの涙で完全に沼入りしました。こんなに応援したくなるアーティストと出会えたことに、感謝です。決して大げさではなく、 DA PUMPは私の生活の基盤になっています。彼らの笑顔に救われています。
ISSAが歌い続けてくれたから、今の DA PUMPがあるし、6人のメンバーがずっと居てくれていたから、4人の DA PUMPも色褪せないのだと思います。
タカラジェンヌや仮面ライダーとの共演、アメリカ大使館招待など、 DA PUMPが歴史的偉業を為している瞬間に立ち会えることが、何よりの幸せです。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

UNISON SQUARE GARDE…

「音楽の日」出演のフェアリーズ、大人に…