1. 歌詞検索UtaTen
  2. 人気のハッシュタグ一覧
  3. 紅白歌合戦(昭和48年第24回)に関する歌詞

紅白歌合戦(昭和48年第24回)に関する歌詞


紅組【優勝】 白組
小柳 ルミ子 漁火恋唄 布施 明 甘い十字架
いしだ あゆみ ブルーライト・ヨコハマ 西郷 輝彦 星のフラメンコ
森 昌子 せんせい 野口 五郎 君が美しすぎて
南 沙織 色づく街 堺 正章 街の灯り
朱里 エイコ ジェット最終便 美川 憲一 さそり座の女
和田 アキ子 笑って許して 橋 幸夫 潮来笠
金井 克子 他人の関係 フォーリーブス 若いふたりに何かが起る
八代 亜紀 なみだ恋 菅原 洋一 今日でお別れ
チェリッシュ てんとう虫のサンバ ガロ 学生街の喫茶店
麻丘 めぐみ 私の彼は左きき 三善 英史 円山・花町・母の町
山本 リンダ 狙いうち ぴんから兄弟 女のみち
ザ・ピーナッツ ウナ・セラ・ディ東京 上條 恒彦 シャンテ
アグネス・チャン ひなげしの花 郷 ひろみ 男の子女の子
天地 真理 恋する夏の日 にしきの あきら はじめは片想い
由紀 さおり 恋文 鶴岡雅義と東京ロマンチカ 君は心の妻だから
欧陽 菲菲 恋の十字路 沢田 研二 危険なふたり
佐良 直美 世界は二人のために フランク永井 有楽町で逢いましょう
青江 三奈 長崎ブルース 森 進一 冬の旅
水前寺 清子 いっぽんどっこの唄 三波 春夫 大利根無情
ちあき なおみ 夜間飛行 五木 ひろし ふるさと
都 はるみ 涙の連絡船 水原 弘 君こそわが命
島倉 千代子 からたち日記 北島 三郎 帰ろかな

紅白歌合戦(昭和48年第24回)に関する人気歌詞ランキング

紅白歌合戦(昭和48年第24回)に関する歌詞

タイトル / 歌手 歌い出し

恋文

由紀さおり

アズナヴール 流しながら この手紙を 書いてます 秋祭に

からたち日記

島倉千代子

こころで好きと 叫んでも 口では言えず たゞあの人と 小さな傘を

大利根無情

三波春夫

利根の利根の川風 よしきりの 声が冷たく 身をせめる これが浮世か

はじめは片想い

錦野旦

君は僕を愛しているかい 僕は君をとてもとても愛しているけど もしも君が他の人を 愛していたら 僕の恋は片想いだね

君は心の妻だから

鶴岡雅義と東京ロマンチカ

愛しながらも 運命にまけて 別れたけれど 心はひとつ ぼくの小指を

円山・花町・母の町

三善英史

母になれても 妻にはなれず 小さな僕を 抱きしめて 明日におびえる

なみだ恋

八代亜紀

夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 誰を恨んで

漁火恋唄

小柳ルミ子

誰にも言わずに 裏木戸をぬけて 海辺の坂道 駆けてゆく 紅い椿の

世界は二人のために

佐良直美

愛 あなたと二人 花 あなたと二人 恋

甘い十字架

布施明

帰っちゃいけない 今ここで ふたりのみつめる ろうそくが お前の黒い瞳から

ブルー・ライト・ヨコハマ

いしだあゆみ

街の灯りが とてもきれいね ヨコハマ ブルー・ライト・ヨコハマ あなたと二人

涙の連絡船

都はるみ

いつも群飛ぶ かもめさえ とうに忘れた 恋なのに 今夜も

潮来笠

橋幸夫

潮来の伊太郎 ちょっと見なれば 薄情そうな 渡り鳥 それでいいのさ

星のフラメンコ

西郷輝彦

好きなんだけど 離れてるのさ 遠くで星をみるように 好きなんだけど だまってるのさ

いっぽんどっこの唄

水前寺清子

ぼろは着てても こころの錦 どんな花より きれいだぜ 若いときゃ

笑って許して

和田アキ子

笑って許して ちいさなことと 笑って許して こんな私を だきしめて

他人の関係

金井克子

逢う時にはいつでも 他人の二人 ゆうべはゆうべ そして今夜は今夜 くすぐるような指で

若いふたりに何かが起る

フォーリーブス

ついておいで その代りに 黙ってただ 僕のそばに ついておいで

君こそわが命

水原弘

あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと

有楽町で逢いましょう

フランク永井

あなたを待てば 雨が降る 濡れて来ぬかと 気にかかる ああ

長崎ブルース

青江三奈

逢えば別れが こんなにつらい 逢わなきゃ 夜がやるせない どうすりゃいいのさ

夜間飛行

ちあきなおみ

最後の最後まで 恋は私を苦しめた 指をつきぬけ涙が あふれそうよ そして

女のみち

宮史郎とぴんからトリオ

私がささげた その人に あなただけよと すがって泣いた うぶな私が

ジェット最終便

朱里エイコ

すべてつくして 愛したひとの 別れ言葉をかみしめて 東京発の 最終便で

今日でお別れ

菅原洋一

今日でお別れねもう逢えない 涙を見せずにいたいけれど 信じられないのそのひとこと あの甘い言葉を ささやいたあなたが

狙いうち

山本リンダ

ウララ ウララ ウラウラで ウララ ウララ

冬の旅

森進一

ある日何かで これを読んだら 恋人 あなたは わかってくれ

色づく街

南沙織

いまもあなたが好き まぶしいおもいでなの あの日別れた駅に立たずみ ああ青い枯葉かんでみたの 街は色づくのに

ふるさと

五木ひろし

祭りも近いと 汽笛は呼ぶが 洗いざらしの Gパンひとつ 白い花咲く

わたしの彼は左きき

麻丘めぐみ

小さく投げキッス する時も する時も こちらにおいでと 呼ぶ時も