1. 歌詞検索UtaTen
  2. 人間椅子

人間椅子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

命売ります(BSジャパン連続ドラマJ 三島由紀夫「命売ります」主題歌)

命の歌を聴かせておくれ 哀れな俺の鎮魂歌 仮面を被り茶番を演じ 明日をも知れぬ世捨て人 世界に愛が満ちてるならば

がらんどうの地球

夕焼け雲が 不穏に浮かんでいる 波打ち際は 異形の魚の群れ 真夏の雹と

虚無の声

地下室を出てみよう 世の中を見てみよう まっさらに 信じられないけど

雪女

地吹雪の舞い散る夜道 流離いの旅人一人 白銀の迷宮呑まれ 一時の庵を叩く

宇宙のシンフォニー

コンサートに出掛けようぜ 隣町じゃ聴けないやつ どこにもない響きだから 夢見心地お気に召すよ

猫じゃ猫じゃ

猫じゃ猫じゃとおっしゃるが 猫は下駄など履きやせぬ 二人水性の忍び逢い 修羅の果てまでサンサノサ

泥の雨(ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン ED)

僕の家に 黒い雨が降るよ 窓を叩き 黄泉の使者が来るよ

超能力があったなら

おいらに テレパシーを 授けて くれませんか あの娘の

マダム・エドワルダ

飾り窓から 涅槃が見える 虚無と脂粉の 曼陀羅絵巻

生まれ出づる魂

気がついちまった 限界なんてないと 宇宙の果ても 死なんてものもないと 見えてるものは

グスコーブドリ

イーハトーヴが 彼の故郷 はるか遠くの ちっちゃな星座 光を越えて

痴人のモノローグ

拗ねちゃいけない 少年 挫けちゃいけない 青年 君の若さは

眠り男

見世物小屋が やって来る 今日は楽しい 酉の市 だるま女に

三途の川

みんな渡る この世別れ いつか渡る 旅立つ日に 心しよう

地獄の球宴

暴れる獄卒が まさかり振り回わし 生首ふっ飛んだ ぶるんぶるん 仲間の獄卒が

なまはげ

最果ての土地に 粉雪が舞えば 因習の村は 祝祭の季節 伝説の時を

隷従の叫び

微睡みの中に 人生は過ぎる 幻燈のように 刻限に追われ

地獄変

地獄の叫びを 聞いてみたくないか 悩み疲れた君に ふさわしい贈り物

ねぷたのもんどりこ

頭割られて飛び出す目玉 矢尻えぐって潰れる目玉 鴉つついて転がる目玉 土にドロリとこぼれる目玉

新調きゅらきゅきゅ節

男子たるもの 生まれたからにゃ (きゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅー) きっと本懐 遂げなきゃならぬ

風神

生きてることを忘れたなら 死ぬぐらいの目遭ってみなよ ゾロアスターになれなくとも 自分自身に還れるだろ

月夜の鬼踊り

泣いだわらし そごいねが 何さ泣いだ ごんぼほり 思い通り

もののけフィーバー

内緒のお話 オイラは化け物 零時の時報で 魔性がお目覚め

太陽がいっぱい

真夏の陽射しが照りつける 揺らめく都会は蜃気楼 形も名前も消え失せて 昨日のワインのせいだろう

地獄のヘビーライダー

地獄の弾丸バイクが 業火にまみれて突っ込んでくる 憤怒の火柱打ち上げ 怒号で火の海荒れ狂う

菊花の数え唄

ひとつ 人なら情篤く ふたつ 武士なら義理堅く みっつ

狼の黄昏

満月が泣いてる 昔を懐かしみ 断崖に佇む 狼と一緒に

黄泉がえりの街

正法も像法も 徒らに終わった 観音の功徳なき 今はただ末法 法忘れ慈悲忘れ

宇宙船弥勒号

旅行に出ようぜ ナイトフライトさ 街の果て 海の果て 地球の果てまで

十三世紀の花嫁

ルルル 心に灯を ルルル 面に微笑みを ああ

全て見る