1. 歌詞検索UtaTen
  2. 人間椅子

人間椅子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

命売ります(BSジャパン連続ドラマJ 三島由紀夫「命売ります」主題歌)

命の歌を聴かせておくれ 哀れな俺の鎮魂歌 仮面を被り茶番を演じ 明日をも知れぬ世捨て人 世界に愛が満ちてるならば

痴人のモノローグ

拗ねちゃいけない 少年 挫けちゃいけない 青年 君の若さは

悪夢の添乗員

ようこそ夢の扉へ 不思議な旅の始まりです 今宵に向かいますのは 地の底はるか地獄の果て

地獄のヘビーライダー

地獄の弾丸バイクが 業火にまみれて突っ込んでくる 憤怒の火柱打ち上げ 怒号で火の海荒れ狂う

もののけフィーバー

内緒のお話 オイラは化け物 零時の時報で 魔性がお目覚め

なまはげ

最果ての土地に 粉雪が舞えば 因習の村は 祝祭の季節 伝説の時を

三途の川

みんな渡る この世別れ いつか渡る 旅立つ日に 心しよう

太陽がいっぱい

真夏の陽射しが照りつける 揺らめく都会は蜃気楼 形も名前も消え失せて 昨日のワインのせいだろう

泥の雨(ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン ED)

僕の家に 黒い雨が降るよ 窓を叩き 黄泉の使者が来るよ

異端者の悲しみ

流離いの魂が 街中に溢れている 諦めの家路就き 今日の日を嘆いている

新調きゅらきゅきゅ節

男子たるもの 生まれたからにゃ (きゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅー) きっと本懐 遂げなきゃならぬ

表徴の帝国

達磨さんが転んだ 面壁九年どっこいしょ 仏法僧が鳴いちっち 三宝唱えあをによし 鎮守の杜の紫陽花は

蜘蛛の糸

ここはどこじゃいな 硫黄華咲く徒し野の 闇に木霊する 嗚咽慟哭すすり泣き

十三世紀の花嫁

ルルル 心に灯を ルルル 面に微笑みを ああ

時間からの影

星雲の静寂には 無慈悲な神が御座すとか 黄金の玉座にて 銀河の夢を聞こし召す 悍ましい尊顔は

眠り男

見世物小屋が やって来る 今日は楽しい 酉の市 だるま女に

がらんどうの地球

夕焼け雲が 不穏に浮かんでいる 波打ち際は 異形の魚の群れ 真夏の雹と

超自然現象

悪の権化が地球を狙っているよ はるか昔の預言も叫んでいるよ 逃げないで 捨てないで

ねぷたのもんどりこ

頭割られて飛び出す目玉 矢尻えぐって潰れる目玉 鴉つついて転がる目玉 土にドロリとこぼれる目玉

虚無の声

地下室を出てみよう 世の中を見てみよう まっさらに 信じられないけど

芳一受難

阿弥陀寺の 丑三つ刻 草木も皆 眠り落ちている 生ぬるい風

菊花の数え唄

ひとつ 人なら情篤く ふたつ 武士なら義理堅く みっつ

地獄の料理人

俺は地獄の大将 庖丁握る赤鬼 暴れる鬼にたらふく食らわせる 彷徨う亡者睨み 旬の食材見抜く

生まれ出づる魂

気がついちまった 限界なんてないと 宇宙の果ても 死なんてものもないと 見えてるものは

悉有仏性

頭で煩悶しても 幸せ一つ見つからない 体は仮の宿りで 心の中に故郷がある

グスコーブドリ

イーハトーヴが 彼の故郷 はるか遠くの ちっちゃな星座 光を越えて

宇宙のシンフォニー

コンサートに出掛けようぜ 隣町じゃ聴けないやつ どこにもない響きだから 夢見心地お気に召すよ

悪魔祈祷書

俺に力をおくれ そう悪魔みたいな 別に誰かを騙す いやそんなのじゃない

恐怖の大王

黙示録の時代 ラッパが鳴り響く 世界のおしまいが 近付いた

狼の黄昏

満月が泣いてる 昔を懐かしみ 断崖に佇む 狼と一緒に

全て見る