1. 歌詞検索UtaTen
  2. 水森かおり

水森かおりの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

水に咲く花・支笏湖へ

水の中にも 花が咲く 北の大地の 湖に あてもないまま

東京のバスガール

若い希望も 恋もある ビルの街から 山の手へ 紺の制服

宗谷本線 比布駅

愛をなくした 女がひとり 涙こらえて 北夜行 花も絵もない

大阪ラプソディー

あの人もこの人も そぞろ歩く宵の街 どこへ行く二人づれ 御堂筋は恋の道 映画を見ましょうか

テネシーワルツ

I was waltzing with my

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて 眠りたい 失くした後で

早鞆ノ瀬戸

海を歩いて 渡れますか 渡れるものなら 行きましょう こんなにまでも

銀座カンカン娘

あの娘可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら

隠岐旅情

おんなの胸の 小さな迷い 確かめたくて 隠岐の旅 岩の架け橋

五能線

どこへ行ったら あなたから 旅立つことが 出来るでしょうか 残りの夢を

釧路湿原

愛の暮しも 月日が経てば どこかでボタンの 掛け違い 釧路湿原…

安芸の宮島

ひとりで旅する おんなの背中 泣いているよに 見えますか あなたをどんなに

大和路の恋

涙で綴った 別れの手紙 あなたに届いた 頃でしょう ひとり大和路

ひとり薩摩路

春は桜の 薩摩路を 行けば涙が こぼれます あなたを忘れる

函館山

どんなにこの手を 伸ばしても 届かぬ星か 女の夢は あなたの噂が

ハワイの夜

ハー ハワイ みどりの夜 月も宵から 波間に燃えて

大糸線

寒いホームで 背中を丸め 列車を待ってた 小さな駅よ 人もまばらな

定山渓

命結んだ この糸で 愛と云う名の 帯を織る それも今では

花の東京

夢の銀座で お買い物 足を延ばして 日本橋 心浮き浮き

庄内平野 風の中

愛という名の 絆の糸は 切れてしまえば 結べない 肩の寒さに

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩先 かばってくれる あなたと出逢って

熊野古道

離れるほどに 恋しさつのる 心はなんて あまのじゃく 列車を何度か

一円玉の旅がらす

一円玉の旅がらす ひとりぼっちで どこへゆく 一円玉の旅がらす あすは湯の町

島のブルース

奄美なちかしゃ 蘇鉄のかげで 泣けばゆれます サネン花ヨ ながい黒髪

ひとり長良川

空は晴れても 心が寒い おんな一人の まよい旅 郡上八幡

東尋坊

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか 日本海 波の花散る

伊勢めぐり

風に吹かれる 木の葉のように 夢はこの手を すり抜ける 肩を寄せ合う

吉里吉里港

たったひとことさよならを そっと手紙に書きのこし 夜の明けない駅までの 道を歩いてゆくわたし

松島紀行

涙どんなに 流してみても 過ぎたあの日は かえらない 別れるための

下町の太陽

下町の空に かがやく太陽は よろこびと 悲しみ写す ガラス窓

全て見る