1. 歌詞検索UtaTen
  2. 話題のハッシュタグ一覧
  3. 紅白歌合戦(昭和35年第11回)に関する歌詞

紅白歌合戦(昭和35年第11回)に関する歌詞


紅組 白組【優勝】
荒井 恵子 青い月夜の散歩道 若山 彰 さいはての岬
宝 とも子 カチート 笈田 敏夫 スター・ダスト
花村 菊江 潮来花嫁さん 橋 幸夫 潮来笠
中原 美紗緒 ロマンティカ 高 英男 ロマンス
藤本 二三代 東京の空の下で 青木 洸一 オーロラ鷗
朝丘 雪路 ドンバン節 旗 照夫 カリーナ
織井 茂子 母の春雷 三船 浩 サワーグラスの哀愁
松尾 和子 誰よりも君を愛す 平尾 昌章 ミヨちゃん
松島 詩子 喫茶店の片隅で 伊藤 久男 山のけむり
水谷 良重 イッツ・ナウ・オァ・ネバー 水原 弘 恋のカクテル
ザ・ピーナッツ 悲しき十六才 和田弘とマヒナスターズ お百度こいさん
越路 吹雪 うちへ帰るのがこわい フランク永井 東京カチート
森山 加代子 月影のキューバ ミッキー・カーチス 恋の片道切符
美空 ひばり 哀愁波止場 春日 八郎 山の吊橋
江利 チエミ ソーラン節 森繁 久彌 フラメンコ・ソーラン節
松山 恵子 アンコ悲しや 守屋 浩 僕は泣いちっち
藤沢 嵐子 ジーラ・ジーラ アイ・ジョージ マラゲーニア
大津 美子 東京ドライブ 神戸 一郎 赤い夕陽が沈む頃
淡谷 のり子 忘れられないブルース 林 伊佐緒 山男の歌
有明 ユリ・小割 まさ江・沢 たまき・高美 アリサ 或る恋の物語 ダーク・ダックス すずらん
石井 好子 黒いオルフェ 芦野 宏 幸福を売る男
コロムビア・ローズ 新調深川節 三浦 洸一 流転
奈良 光枝 ばら色の雲にのせて 若原 一郎 ながれ雲
宮城 まり子 陽気な水兵さん 藤島 桓夫 月の法善寺横丁
ペギー葉山 マンマ フランキー堺 悲しきインディアン
楠 トシエ 駄目デス 三波 春夫 忠治流転笠
島倉 千代子 他国の雨 三橋 美智也 達者でナ

紅白歌合戦(昭和35年第11回)に関する人気歌詞ランキング

紅白歌合戦(昭和35年第11回)に関する歌詞

タイトル / 歌手 歌い出し

潮来笠

橋幸夫

潮来の伊太郎 ちょっと見なれば 薄情そうな 渡り鳥 それでいいのさ

ドンパン節

秋田県民謡

ドンドン パンパン ドンパンパン ドンドン パンパン

ラ・マラゲーニャ

アイ・ジョージ

Que bonitos ojos tienes debajo

月の法善寺横丁

藤島桓夫

庖丁一本 さらしに巻いて 旅へ出るのも 板場の修業 待っててこいさん

達者でナ

三橋美智也

わらにまみれてヨー 育てた栗毛 今日は買われてヨー 町へ行くアーアー オーラ

誰よりも君を愛す

松尾和子&和田弘とマヒナスターズ

誰にも云われず たがいに誓った かりそめの恋なら 忘れもしようが ああ

喫茶店の片隅で

松島詩子

アカシア並木の 黄昏は 淡い灯がつく 喫茶店 いつも貴方と

山の吊橋

春日八郎

山の吊橋ァ どなたが通る せがれなくした 鉄砲うちが 話相手の

悲しき16才

ザ・ピーナッツ

ヤヤヤ……… ひとりぼっち おへやで 夢見るは あの人

他国の雨

島倉千代子

他国の雨 他国の町に 降る雨悲し まして夜更けは なお淋し

お百度こいさん

和田弘とマヒナスターズ

あきらめられない この願い 泣いて船場の こいさんが 芝居の裏の雨の夜

別れのブルース

淡谷のり子

窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風

東京カチート

フランク永井

東京カチート カチート・カチート 赤い灯がつく赤坂タウン 甘くながれる夜の色

僕は泣いちっち(テレビまんが 昭和物語 ED)

守屋浩

僕の恋人 東京へ 行っちっち 僕の気持を 知りながら

潮来花嫁さん

水森かおり

潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟でゆく 月の出潮を ギッチラギッチラ

或る恋の物語

淡谷のり子

私の恋の話は この世によくある話 芝居やロマンの 筋書き通りの お話なのよ

セ・シ・ボン

高英男

セ・シ・ボン だきしめてる 胸できくのよ 甘い言葉…… セ・シ・ボン

サワーグラスの哀愁

三船浩

サワーグラスに 落とした露は なんの男の 涙かよ 今更どうにも

恋のカクテル

水原弘

こんな晩には さびしそうねと 泣いてる娘に グラスをすすめ 今夜は飲みなと

オーロラ鴎

青木光一

好いて好かれて 無情のドラに 仲を裂かれる マドロス稼業 呼んでみたとてヨ

すずらん

ダーク・ダックス

ある夏の夜 しずかな森を ひとり歩くとき いずこともなく ただようその香

ソーラン節

森繁久彌

ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン

バラ色の雲に乗せて

奈良光枝

たそがれに ほのかなる 花のかおり ただよへば 過ぎし日の

アンコ悲しや

松山恵子

赤い椿の花びら噛めば じんと眼に泌むちぎれ雲 アンコ悲しや 都は遠い 噂ばかりを残しつつ

山のけむり

伊藤久男

山の煙の ほのぼのと たゆたう森よ あの道よ いく年消えて

哀愁波止場

美空ひばり

夜の波止場にゃ 誰あれもいない 霧にブイの灯 泣くばかり おどま盆ぎり盆ぎり

山男の歌

林伊佐緒

俺らと お前は山男 行く先ァ 言わずと知れたこと ザイルでつないだ

ながれ雲

若原一郎

赤く咲いても 涙の花は 日昏れの丘の 曼珠沙華 誰れも知らない

ジ-ラ・ジーラ

淡谷のり子

山の端に日は落ちて 果てなき我が旅路 心にしみるは 異国の風よ いとしの君の名を呼びて

月影のキューバ

森山加代子

パヨパヨ パッパラララ パヨパヨ パッパラララ パヨパヨ