1. 歌詞検索UtaTen
  2. 04 Limited Sazabys

04 Limited Sazabysの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

swim

あの日の自分が許せないな 選び間違えた日々を返せよ あなたの言葉がしがみついて 離れられない逃れられない

monolith

いつから 悲しいとか 優しいとか 涙の 口実

milk

夕焼け照らされて 伸ばされた二つの影 ふたり赤い世界 手と手を繋ぎ歩いて夜のもとへと 夕闇急がされて君も僕もくたびれ

夕凪

進行方向 見失って 混乱中 優しく 嘘ついて

Terminal

最低な世界のまんまじゃ 許されないから 誰かの記憶入り込んで 知ったふりで過ごしている

My HERO

なにがなんだ これで何度目だ 負け越した 夢の行方 取り戻せ

Any

I'm snoring. It's boring, I'm

knife

狭間と狭間に挟まった記憶は 誰かの不正を否定していた かわいい自分には嘘つけず 渇いた硬い音が鳴り響く 若気の至りと至れり尽くせり

climb

もっともっと行ってみる? 何処まで見てみる? ここまで来たなら 信じなきゃなあ もっともっと聴いてみる?

fiction

大切な思い出繋いであみだくじ ああ心ふたつに バラバラバラバラ 平凡なストーリー描き神隠し ああ心見えずに

Chicken race

絡まりあった状態 日に日に眠りは浅くなっていく 勘繰り出して崩壊 本当のこと言えばキリがないだろう 曖昧な言葉は切り貼り

midnight cruising

駄目になりそうな時間帯 刻む時計 リズム 瞼を口説いてる 拭えない

Lost my way

『ねえ 早く急いで 先に帰るよ』 透明な色した

Wednesday

many me living inside my

Now here, No where

ここから見えないほど 汚れた昨日 言葉にできないことの 繰り返しだ

Warp

聴こえる日々のノイズ 嫌になり逃げ込む波の上 聴こえる音に乗せる 言葉に込める ワープの合図

Give me

ひとり足すひとり これからふたり旅 まだまだ同じ 世界にいさせて

soup

向こう岸絶望のナイフを持っていた そう思っていた そこで絶妙な合図を待っていた そう待っていたんだ

Sleepwalking

my heart is empty again

cubic

聞いてないよ なにが起こった 一体全体どうしたらいい もうぐったりぐったり 登り下り残りは

teleport

性懲りも無く 両耳に不法侵入 リズム音符 秒読みで落ち合い 言葉するり染み込む

compact karma

yeah yeah yeah compact in

Feel

途切れた温もり 映らない微笑み 悲しい 綻び 気持ちとはぐれた

hello

退屈そうな表情 膨らんで ケンカしたり 維持してる なにがいったいどうしたの?

nem...

面倒なカッター取りあげ 洗脳で奪ったタイトル 反応ないセンサー 取り替えしょうがないなあ

buster call

I can't be saticefied such

Squall

忘れたいことも 忘れられず 抜け出せなくなり 膝を抱える 応えたい期待

eureka

さよなら きっと 頬を伝って 流れる 夜を越える

days

ライライ 未来へfly ライライ 未来へmy life

bless you

I heard you'd get married

全て見る