1. 歌詞検索UtaTen
  2. ACIDMAN

ACIDMANの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

赤橙

眠りの浅い朝の回路 埃にまみれてるカイト フワフワの音が眠ってる そこはかとなく 日々は続き

アルケミスト

奇跡の声がして 見上げた世界樹 最後の星達が実を付け 金色の子供達

Under the rain

朝焼けの一秒前に見上げた 滲んだ星を思い出す度 心の奥に隠してきた 貴方の声が

造花が笑う

味気ない花の色に染められた あの人の眼には何が映るだろう 変わり始めてる青い鳥の声 音が揺れたとて誰が気付くか

migration 1064

いつかの星で 見つけた共鳴音 何千と存在 宇宙を流れ 繁栄を求めて

to live

拝啓 この平和な世界で ワケを求めて苦しみ彷徨う あなたの様に美しく 但し破壊を求む者達へ

MEMORIES

小さな光が大好きだった 小さな両手で抱きしめていたんだ あの日の僕らは何も知らないまま ただ笑っていた

風が吹く時

尽きぬ闇に 駆ける 独り 息を潜めて

HUM

A tiny flap The world

懸命の銘

揺らぐは葉月の風 空蝉 残し 閉ざした 泉の街

ノエル

曖昧な事だらけ 偽りの事だらけ 深海の鳥の声 深淵の国の果て 僕らはいつまでも

prana

乾いた地平に シリウスの歌が降る 染み込んで 心を染める

Seesaw

Seesaw 青い星が 揺れているよ 誰かが

FREAK OUT

YESかNOか有か無か 良く出来た嘘か? 今日は 逃亡者一人 通り

リピート

独りで崩した 祈りに少し似ているような気がして 名付けた明かりを 探して 描いて

揺れる球体

白濁していく空気感の中 靴鳴らし進む少年の歌が 響き渡る楕円形の球体 生命が宿り絶えゆく球体

光に成るまで

遠くの国で 涙が落ちる 僕は独りで 眠れないまま 足りない言葉

黄昏の街

黄昏のあの空を追い掛けていた 僕らそれぞれの旅路を行くだろう 飾られた現実の世界 残したまま

世界が終わる夜

星が煌めいていた 木々も深く眠る夜 足りないものだらけの言葉を ただ紡いで

SUSY

君は知っているかな? 僕らが生まれたこの世界の裏には もう一つ 目には見えない世界

±0

He linked up particles and

So Far

町の片隅に忘れた音があって ハーモニカで奏で届ける人がいたり 古い街灯は月より優しくて 君が笑っているかのようで

白い文明

もう一度太陽を探して もう2度と終わらない言葉で 遠いあの星が光って消えたんだ

最後の星

浅い眠り 虹の世界で 君の名前 繰り返し呼ぶよ

ハレルヤ

時の無い 密かなる世界で バタフライは行く ひっそりと

EVERLIGHT

We found an everlight

プリズムの夜

銀色の森を探しに 静かな線路を歩いて このまま新しくなる 繋いだ言葉を辿って ただ

O

朝靄の中 水の音咲く 柔らかな鼓動 息をまた吐く 木々の眠りは

SIX DAY WONDER

SIX DAY WANDER I SAW

愛を両手に

嗚呼 人が皆 神様がいなければ良かったと思ってしまったそんな夜 嗚呼

全て見る