1. 歌詞検索UtaTen
  2. ACIDMAN

ACIDMANの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

Under the rain

朝焼けの一秒前に見上げた 滲んだ星を思い出す度 心の奥に隠してきた 貴方の声が

your soul

ライムライトが消えて 月明かりだけ 木々と混ざって 眼を閉じてみる

リピート

独りで崩した 祈りに少し似ているような気がして 名付けた明かりを 探して 描いて

アルケミスト

奇跡の声がして 見上げた世界樹 最後の星達が実を付け 金色の子供達

ALMA

銀河の先に生まれた メロディーを信じて 時は流れ 美しすぎる

Star rain

カラスが消えた 不可思議な日 ハレーに似ていた 光が落ちる日

赤橙

眠りの浅い朝の回路 埃にまみれてるカイト フワフワの音が眠ってる そこはかとなく 日々は続き

ミレニアム

太陽が紡いだ 何億もの物語 君の声が聴こえたよ 時を超えて 風の中で

±0

He linked up particles and

HUM

A tiny flap The world

MEMORIES

小さな光が大好きだった 小さな両手で抱きしめていたんだ あの日の僕らは何も知らないまま ただ笑っていた

migration 1064

いつかの星で 見つけた共鳴音 何千と存在 宇宙を流れ 繁栄を求めて

白光

最後の夜が もうすぐ訪れるよ ここから全ては始まったんだよね 足りないものだけ

ワンダーランド

昆虫の殻で心を守っている 瑠璃色のピエロ達 この世界はあまりにも鋭くて 心はもう耐えられない程に

懸命の銘

揺らぐは葉月の風 空蝉 残し 閉ざした 泉の街

白い文明

もう一度太陽を探して もう2度と終わらない言葉で 遠いあの星が光って消えたんだ

EDEN

太陽はそう 君の声に 気付いていたはずだろう? 全てを失ってしまって

君の正体

光の中 浮かんでいた 綺麗な君 涙の音

FREE STAR

月光のない きれいな夜 小さな光を売る声 儚くて 美しくて

暁を残して

遥か、昔 生きた無色の生命 何度も同じ太陽を見てきたのだろう 正しさはいつの世も消えるがただ、 溢れる生命力と暁の一瞬!

新世界

世界の始まりは 静かな柔らかな一つの音だった 僕らはその音の果てに生まれ 朝露にぬれたアカシアは

光に成るまで

遠くの国で 涙が落ちる 僕は独りで 眠れないまま 足りない言葉

黄昏の街

黄昏のあの空を追い掛けていた 僕らそれぞれの旅路を行くだろう 飾られた現実の世界 残したまま

世界が終わる夜

星が煌めいていた 木々も深く眠る夜 足りないものだらけの言葉を ただ紡いで

風追い人(後編)

目が覚めて 旅は終わって 気付いたよ この世界の嘘に

Returning

Nothing is found here in

calm

遥か遠くに 重ねた祈りがある 太古のクローバー 優しい風を知る 春を待つように

and world

絶えない空 弛まぬ空 光の雨降らして 奇跡の海へ

イコール

今、目覚めの中で 募る ただ一つの橋を 願う

Seesaw

Seesaw 青い星が 揺れているよ 誰かが

全て見る