ACIDMANの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. ACIDMAN
  3. ACIDMANの歌詞一覧

ACIDMANの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月29日

135 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

懸命の銘

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:揺らぐは葉月の風 空蝉 残し 閉ざした 泉の街

migration 1064

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:いつかの星で 見つけた共鳴音 何千と存在 宇宙を流れ 繁栄を求めて

赤橙

ACIDMAN

歌詞:眠りの浅い朝の回路 埃にまみれてるカイト フワフワの音が眠ってる そこはかとなく 日々は続き

新世界

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:世界の始まりは 静かな柔らかな一つの音だった 僕らはその音の果てに生まれ 朝露にぬれたアカシアは

color of the wind

ACIDMAN

歌詞:You think I'm an ignorant

±0

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:He linked up particles and

世界が終わる夜

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:星が煌めいていた 木々も深く眠る夜 足りないものだらけの言葉を ただ紡いで

Under the rain

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:朝焼けの一秒前に見上げた 滲んだ星を思い出す度 心の奥に隠してきた 貴方の声が

季節の灯

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:水色の風が 通り雨に濡れて ふとあの日の街を 思い出しました

白い文明

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: 大木伸夫

歌詞:もう一度太陽を探して もう2度と終わらない言葉で 遠いあの星が光って消えたんだ

ある証明

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:鮮やかだったあの太陽が 剥がれ落ちて 過去を閉ざして 世界が止んだ ほんの数秒に

Rebirth

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: 大木伸夫

歌詞:七色の虹が生まれた朝 鳥たちは羽根を拡げてゆく 答えなんて何処にもないからさ それを描きに行こう

ALMA

ACIDMAN

歌詞:銀河の先に生まれた メロディーを信じて 時は流れ 美しすぎる

TO THE WORLD'S END

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:星も眠る夜に独り佇む 土の声は鼓動として響く 風の笑みを愛と例えるなら 次は何処へ辿り着くのだろう

Your Song

ACIDMAN

歌詞:When I look up at

snow light

ACIDMAN

歌詞:静かなる雪 結晶を宿して 重なり合って 舞い降りていた 世界の色を包んでゆく

EDEN

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:太陽はそう 君の声に 気付いていたはずだろう? 全てを失ってしまって

カタストロフ

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:その鳥は最後の朝を告げに来た 枯れ果てた 湖の底の国から 昨日は汚れた光が降った日

ノエル

ACIDMAN

歌詞:曖昧な事だらけ 偽りの事だらけ 深海の鳥の声 深淵の国の果て 僕らはいつまでも

REAL DISTANCE

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:あなたと笑う 世界のほとり 月の調べ 小さな灯 言葉の果てに

千年歩行

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:時間は溶けて 廻る星 いつも通り 光は闇に似てて また愛されて

calm

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:遥か遠くに 重ねた祈りがある 太古のクローバー 優しい風を知る 春を待つように

造花が笑う

ACIDMAN

歌詞:味気ない花の色に染められた あの人の眼には何が映るだろう 変わり始めてる青い鳥の声 音が揺れたとて誰が気付くか

永遠の底

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:汚れてしまったんだ 何処までも堕ちて行く その心は 雪の様に

香路 -second line-

ACIDMAN

歌詞:溺れそうな加速していく夜 風一つ 無表情な浅い海 限り無いノルドの音色 目をつむる音に負ける

ストロマトライト

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:Standing in the middle of

REMIND

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:"I was standing in the

innocence

ACIDMAN

歌詞:触れたら壊れそうな 小さな風が吹き またあなたの事を思い出したよ 無表情な街に

愛を両手に

ACIDMAN

歌詞:嗚呼 人が皆 神様がいなければ良かったと思ってしまったそんな夜 嗚呼

アルケミスト

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:奇跡の声がして 見上げた世界樹 最後の星達が実を付け 金色の子供達

ワンダーランド

ACIDMAN

歌詞:昆虫の殻で心を守っている 瑠璃色のピエロ達 この世界はあまりにも鋭くて 心はもう耐えられない程に

Can't Help Falling In Love

ACIDMAN

歌詞:Wise men say only fools

HUM

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:A tiny flap The world

Ride the wave

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:ある波動 唯一 流る絶音のミュージック 想像超える現実 相対し変わる原理

灰色の街(番組「Love music」5 月度オープニングテーマ)

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: 大木伸夫

歌詞:灰色 灰色の街の中 僕らは夢を見た 何も

追憶のライラック

ACIDMAN

作詞: 谷中敦

作曲: 沖祐市

歌詞:鍵をかけてしまいこんでた思い出を 開いて出かけてみたんだ 風に吹かれ歩いて空を見上げたら 新たな未来が巡るよ

街の輪郭

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:春の朝 生まれたての街のメロディーが 近づいた季節にこだまして 振り向いた風の向こう側へ 世界を色付けてゆく

So Far

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:町の片隅に忘れた音があって ハーモニカで奏で届ける人がいたり 古い街灯は月より優しくて 君が笑っているかのようで

prana

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: 大木伸夫

歌詞:乾いた地平に シリウスの歌が降る 染み込んで 心を染める

空白の鳥

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: 大木伸夫

歌詞:また月の影に 僕ら 隠れていた 繰り返し

SIX DAY WONDER

ACIDMAN

歌詞:SIX DAY WANDER I SAW

ミレニアム

ACIDMAN

歌詞:太陽が紡いだ 何億もの物語 君の声が聴こえたよ 時を超えて 風の中で

最期の景色

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:時が過ぎれば 全てが消えて その痛みさえ 綺麗に消えて

ハレルヤ

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:時の無い 密かなる世界で バタフライは行く ひっそりと

your soul

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:ライムライトが消えて 月明かりだけ 木々と混ざって 眼を閉じてみる

レガートの森

ACIDMAN

歌詞:種子の願い抱き旅する風 太陽と泣き笑い合う蝉 互いに命を紡ぎあって 世界を今、生きている

OVER

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:嗚呼、透明なカケラを追いかけてゆくように いつだって笑い合っていた 未来を思い描いていた 見上げた夜空に誓って

FREE STAR

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:月光のない きれいな夜 小さな光を売る声 儚くて 美しくて

金色のカペラ

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:最後の動物達が消えてしまった夜 傘はヒラヒラと舞い降りて海へ帰る 今日が美しい事 君はまだ歌にして

toward

ACIDMAN

作詞: 大木伸夫

作曲: ACIDMAN

歌詞:嗚呼 来たる未来 無くして イルカの涙が海に溶け出して 溢れてしまう前に

ACIDMAN(アシッドマン)は、日本の3人組ロックバンド。Virgin MusicとFREE STARに所属している。キャッチコピーは『音の力。詩の力。』『深淵・迷走・創造・騒々』など。 wikipedia