People In The Boxの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

聖者たち(東京喰種トーキョーグール ED)

街は眠れど 建物はずっと建設中さ 都市計画遂行中 噛み合う蛇 モーフィングした環状線

季節の子供

顔を上げて見渡せば 季節が変わる匂いがした 金色の塵が頬をかすめる 思い出すのはなに

ダンス、ダンス、ダンス

ぼくは大勢のなか ただのひとり 機械が上陸した青い海で 同じ広告が何度も流れる 網膜に強く焼き付いたLED

レテビーチ

むかし、むかし、君の名前が今と違っていた頃 太陽は夜の傷を消毒してくれる親戚みたい でも君は変わった メスをいれて傷を広げる

ストックホルム

気を失うほど楽しいのがいいね 鍵をかけて 空の追跡を巻くよ 虹が出たよ

スルツェイ

2度目の朝を迎えたよ 乾きに震えるカエル 毎日起こる奇跡に苛まれて 逃げてきたんだ

旧市街

朝食に毒を密かに盛れ ながい土曜日を終わらせる為に 軌道を外れた人工衛星の物憂い視線 緩んだ口元 塔の門をくぐってからどのくらいの時間が経っただろうか

JFK空港

君の沈んだプールへ 男たちが飛び込んだ でも君はここにいる 羊飼いが手を上げる たかが知れた痛みのなか

金曜日 / 集中治療室

さあさあ、集まれ 亡くしたもののぜんぶ ここへ 足のもつれた役者の為に 幕が上がる

日曜日 浴室

「水滴のようだよ もういまにも落ちようとしてる」 「君がいる闇へ手を伸ばして かきまわしたい」 「交じりあえたね

レントゲン

朝焼けがいつも投げかけるエックスレイ 僕は一瞬だけいないはずの存在になる さあ虐殺のスタートだ 部屋を跳び出して行け

野蛮へ

親愛なる知的な人々 野蛮へと逆行していく 眠れ 今夜までは

翻訳機

ぼくはきみの翻訳機になって 世界を飛びまわってみたい 高い空を斧でまっぷたつに 箱のなか震える心臓

空き地

空き地のまんなかに立つ 空き地のまんなかに立つ 少し前は駐車場だった その前はなんだったっけ

空地

門を出てどこかへと行くよ 肥えた土地には貧しい果てがあると 知っていても 高く伸びるビルにだって限りはあるし

割礼

きみはたとえば夜行列車で産みおとされた 赤ん坊 その寿命は北半球を行き来する 振り子 永久機関に焦がれた腕が

映画綺譚

ホテルのロビーで瞬くシャンデリア 鍵を受けとって 屋上にドアを放つ 1000

きみが息を吸うときにぼくが吐くよ ふたりは一対の呼吸 だから夜に見る夢は違うけれど 朝には 未来に

手紙

聴こえるかい? 葉っぱを光がつらぬくよ 聴こえるかい? 地中深く伸びる根の音

誰ひとりいれるな その穴のなかには 年齢 性別問わず 年収

鉱山

聖なるビルのふもと 電磁波の降るなかを ぼくは歩いて帰ろう 見上げた空は虹色

物質的胎児

まぶたおろして むをたべてみよう こころをなくして なくのはしないで 影をきりおとせ

リマ

食卓は無政府状態 騎士のカードが華を添える 記念撮影はセルフタイマー レンズは銃口みたい ハイ、チーズ!

月曜日 / 無菌室

太陽のなかで愛されたら 君はもう生きれないかもしれない 木漏れ日模様に脈打った身体 青ざめた朝の路地裏で

水曜日 / 密室

少年少女 迷いの庭で天国夢みる このクラブのリーダーは神ではないのさ 走れ

犬猫芝居

君は証言台に立つ すれ違う瞬間、目があった 世界が始まってから 幾つ目かの革命の昼 地球に煙草を押しつけて

泥の中の生活

Good Morning, My Frog Queen.

ペーパートリップ

風が部屋に吹き荒れる まるで嵐 声を巻き上げ 目には見えないその強盗は 夜の庭に降りた

She Hates December

早すぎる夜明けの訪れ 凍りついた もたらされぬ救い 残虐な朝の光

報いの一日

歌詞公開をリクエスト!

全て見る

関連ハッシュタグ