1. 歌詞検索UtaTen
  2. People In The Box

People In The Boxの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

聖者たち(東京喰種トーキョーグール ED)

街は眠れど 建物はずっと建設中さ 都市計画遂行中 噛み合う蛇 モーフィングした環状線

JFK空港

君の沈んだプールへ 男たちが飛び込んだ でも君はここにいる 羊飼いが手を上げる たかが知れた痛みのなか

町A

ここは天国ではない まして楽園でもない でもだからといって地獄ですらない 夜が去った後には 夜がやって来るだけ

あのひとのいうことには

いかれた猛獣使い 噛みつかれたら抱きしめかえすの この完璧ではない世界で ただひとつ完璧なこと

逆光

馬車が駆け抜ける 世界の真ん中へ バックファイア噴かして 雲の柱の隙間 くぐり抜ける

あなたのなかの忘れた海

海へいこうよ 今夜 電球の柔らかく照らす 明日じゃもう手後れになる あなたはもう手後れになるから

翻訳機

ぼくはきみの翻訳機になって 世界を飛びまわってみたい 高い空を斧でまっぷたつに 箱のなか震える心臓

はじまりの国

架空の国境を跨ごうとしている まばたき忘れ 呼吸忘れ また振り出しに戻った 扉から細く漏れる光

無限会社

ひっくり返してぶちまける箱いっぱいのキャンディー リスク、見返りも顧みず遊ぶサルヴァドール・ダリ ガラス窓越しぬりたくるカラフルな雨 インフォメーション 高層ビル走る馬

ダンス、ダンス、ダンス

ぼくは大勢のなか ただのひとり 機械が上陸した青い海で 同じ広告が何度も流れる 網膜に強く焼き付いたLED

月曜日 / 無菌室

太陽のなかで愛されたら 君はもう生きれないかもしれない 木漏れ日模様に脈打った身体 青ざめた朝の路地裏で

かみさま

かみさまはいつだって優しい嘘をつく きみの顔を覚えているだとか きみは大丈夫だとか 困り顔で 予行演習を上から

もう大丈夫

知っているよ 知っているよ きみはいま大丈夫じゃない じぶんでいうから なおさら

空地

門を出てどこかへと行くよ 肥えた土地には貧しい果てがあると 知っていても 高く伸びるビルにだって限りはあるし

ベルリン

-レッドライト/グリーンライト ひと振りのインクで 夜は産まれる 飛び散るアルファベット カーテンと窓

マルタ

水圧に押されて割れた窓 星のようだ 石ころ 口にほおばって

日曜日 浴室

「水滴のようだよ もういまにも落ちようとしてる」 「君がいる闇へ手を伸ばして かきまわしたい」 「交じりあえたね

泥の中の生活

Good Morning, My Frog Queen.

世界陸上

興奮と怒号の渦まくあの金融街 今日も手を休めず わかってる 世界が手招く熱狂をあなたにあげるよ

デヴィルズ&モンキーズ

ジェームスディーンにマリリンモンロー 政治家も吸血鬼も 鳥を帯びた木のそばを ありふれた都市に変える 警察、ジャンキー、アナーキスト

新聞

円の中心に立って雨を待ち望むとき 人は守られている 空想の卵のなか もう一歩も踏み出せない 外の世界で砂埃が舞っている

球体

球体 球体に守られて だれもが痣だらけ 球体に守られて だれもが痣だらけ

水曜日 / 密室

少年少女 迷いの庭で天国夢みる このクラブのリーダーは神ではないのさ 走れ

土曜日 / 待合室

朝、蒸気のような雨が吹きつけて 通りは輝きだした 目の褪せたサイコロを振って 思い出の街を行く

ヨーロッパ

君は両手を床につけた 居間の吹き抜けの10:00AM 革命に揺れるシチューの鍋 こんにちは

6月の空を照らす

雲の上 猫 唸りを上げていた 粘土の空 うごめいた

ぼくは正気

完璧な一日に追いついてしまったら 太陽に焦がされてとりみだしてしまうかな 目蓋を降ろすと消えゆくものたち それから

エンジェルダスト

そして広場には 独り 僕が居て ブリキで出来た固い馬車に 乗り遅れたら

空き地

空き地のまんなかに立つ 空き地のまんなかに立つ 少し前は駐車場だった その前はなんだったっけ

映画綺譚

ホテルのロビーで瞬くシャンデリア 鍵を受けとって 屋上にドアを放つ 1000

全て見る

関連ハッシュタグ