1. 歌詞検索UtaTen
  2. People In The Box

People In The Boxの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

聖者たち(東京喰種トーキョーグール ED)

街は眠れど 建物はずっと建設中さ 都市計画遂行中 噛み合う蛇 モーフィングした環状線

水曜日 / 密室

少年少女 迷いの庭で天国夢みる このクラブのリーダーは神ではないのさ 走れ

泥棒

ディスプレイのまわりに花を供える 塩素の匂いで虫もこない いるようでいないようなものでもあてにするんだな? いいんだな?

動物になりたい

目にもとまらない速さで処理されていく風景を 銀行のソファで眺める 西陽射す午後3時 スキャンした馬の走りで駆けていく 雪の道を

報いの一日

夜を粉々に壊したら 空が真っ青に腫れた どこへいった楽しいひと どこへいった優しかったあのひと 騒ぎのあとで

町A

ここは天国ではない まして楽園でもない でもだからといって地獄ですらない 夜が去った後には 夜がやって来るだけ

かみさま

かみさまはいつだって優しい嘘をつく きみの顔を覚えているだとか きみは大丈夫だとか 困り顔で 予行演習を上から

月曜日 / 無菌室

太陽のなかで愛されたら 君はもう生きれないかもしれない 木漏れ日模様に脈打った身体 青ざめた朝の路地裏で

はじまりの国

架空の国境を跨ごうとしている まばたき忘れ 呼吸忘れ また振り出しに戻った 扉から細く漏れる光

無限会社

ひっくり返してぶちまける箱いっぱいのキャンディー リスク、見返りも顧みず遊ぶサルヴァドール・ダリ ガラス窓越しぬりたくるカラフルな雨 インフォメーション 高層ビル走る馬

デヴィルズ&モンキーズ

ジェームスディーンにマリリンモンロー 政治家も吸血鬼も 鳥を帯びた木のそばを ありふれた都市に変える 警察、ジャンキー、アナーキスト

眼球都市

点/線/矩形/曲線 フェイズ/トレース/彩色/カレイドスコープ 巨大なステップ踊るコルトレーン 描くトライアングル

エンジェルダスト

そして広場には 独り 僕が居て ブリキで出来た固い馬車に 乗り遅れたら

空は機械仕掛け

大きな音が聴こえた 灼けるように暑い日で 湯気のように漂う人たち 口笛 吹き荒れている

映画綺譚

ホテルのロビーで瞬くシャンデリア 鍵を受けとって 屋上にドアを放つ 1000

あなたのなかの忘れた海

海へいこうよ 今夜 電球の柔らかく照らす 明日じゃもう手後れになる あなたはもう手後れになるから

翻訳機

ぼくはきみの翻訳機になって 世界を飛びまわってみたい 高い空を斧でまっぷたつに 箱のなか震える心臓

世界陸上

興奮と怒号の渦まくあの金融街 今日も手を休めず わかってる 世界が手招く熱狂をあなたにあげるよ

夜戦

きみはまだ起きてる 空に目凝らして 壁のように分厚い雲 浮き足立ってしまって 窓をとびだして

机上の空軍

砂と人の行く果ては 風に訊くしかない 1000 年前の声を聴くが 話す言葉がわからない

野蛮へ

親愛なる知的な人々 野蛮へと逆行していく 眠れ 今夜までは

さようなら、こんにちは

雨の街に傘を降らす それを奇跡と呼んだよ まわる まわる 地球儀に

日曜日 浴室

「水滴のようだよ もういまにも落ちようとしてる」 「君がいる闇へ手を伸ばして かきまわしたい」 「交じりあえたね

始まりの国

架空の国境を跨ごうとしている まばたき忘れ 呼吸忘れ また振り出しに戻った 扉から細く漏れる光

昏睡クラブ

誰かが同時に存在してるって エベレストは神の見張り台さ 窓からぶら下がった 跳ねるトゥシューズ

あのひとのいうことには

いかれた猛獣使い 噛みつかれたら抱きしめかえすの この完璧ではない世界で ただひとつ完璧なこと

セラミック・ユース

あくびをひとつ 遠くの煙突へと 青く開いた 朝の空へと やかんを火にかけながら

逆光

馬車が駆け抜ける 世界の真ん中へ バックファイア噴かして 雲の柱の隙間 くぐり抜ける

きみが息を吸うときにぼくが吐くよ ふたりは一対の呼吸 だから夜に見る夢は違うけれど 朝には 未来に

天国のアクシデント

それはラジオの合図だった 花が降り 空を飾る 森の深くにサイレンを聴く 子守唄のように

全て見る

関連ハッシュタグ