1. 歌詞検索UtaTen
  2. 奥華子
  3. 東京暮らし歌詞

「東京暮らし」の歌詞 奥華子

2015/10/28 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
ただいまとえば いつもだれかの おかえりのこえこえていた
夕飯ゆうはんみんなでべてたこと たわいもないはなしわらってたこと

たりまえおもってた日常にちじょうがこんなにも
かけがえのないものだと いまならかるよ
東京とうきょうまち1人ひとり 自分じぶん足音あしおと今日きょう精一杯せいいっぱいひびかせるから

この部屋へやまどからえるそら
昨日きのうよりも今日きょうきだとえるように
西日にしびすこのまどこうに
ふるさとがえる いつもわたしこころなか

やりたいことさえ からなくて なんでも後回あとまわしにしていた日々ひび
1人ひとりじゃなんにも出来できないくせに 物顔ものがおしてきていたね

心配しんぱいしてくれるひとがいてくれること
どれだけあたたかいか いまならかるよ
東京とうきょうまち1人ひとり 自分じぶんあしあるいて 明日あすへのとびらさがしてくから

このまち夕暮ゆうぐれにまるころ
ながしたなみだかわいて わらえるように
ベランダからえる 都会とかいまち
ふるさとにつづみちはいつでも こころなか

ここからはじまる ゆめへの一歩いっぽ
にしたこのかぎ ひらとびらはただひと

この部屋へやまどからえるそら
昨日きのうよりも今日きょうきだとえるように
西日にしびすこのまどこうに
ふるさとがえる いつもわたしこころなか