1. 歌詞検索UtaTen
  2. 奥華子
  3. 遥か遠くに歌詞

「遥か遠くに」の歌詞 奥華子

2017/5/17 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
見慣みなれている街並まちなみを今日きょうもまた電車でんしゃられている
とおくのいえ まどあかりが せつなくえたのは いつからだろう
やりがいとかあこがれよりも まえ仕事しごとわれる日々ひび
なんため頑張がんばってるんだろう 弱気よわきかおまどうつっていた

見上みあげてた 都会とかいそらは あのころなにわらなくて

こんなにもたくさんのひとがいて すれちが出会であつづけても
わたしってくれるひとなん一人ひとりもいないんだろう
はるとおくにえていた未来みらい今日きょうという現実げんじつなか
たたかいにまぎんでゆく それでも明日あしたしんじているんだよ

大人おとなになるまえわたしこわいものなどなにかったけど
本当ほんとう自分じぶん 誤魔化ごまかすように きずつくことれてしまったのかな

あるいても 辿たどけない ゆめがまだこころにあるから

こんなにもたくさんのひとがいて すれちが出会であつづけても
いたいとおもうのはいつも なんであなた一人ひとりなんだろう
はるとおくにえていた未来みらい今日きょうという現実げんじつなか
しあわせをさがつづけてく 何度なんど明日あしたしんじてゆくんだよ

つよがってたり うそをついたり 見栄みえったり けてきたり
それでもくよ いとしき日々ひびわたしはここだよと

こんなにもたくさんのひとがいて すれちが出会であつづけても
わたしってくれるひとなん一人ひとりもいないんだろう
はるとおくにえていた未来みらい今日きょうという現実げんじつなか
たたかいにまぎんでゆく それでも明日あしたしんじているんだよ
それでも明日あしたしんじているんだよ