1. 歌詞検索UtaTen
  2. 奥華子
  3. Rainy day歌詞

「Rainy day」の歌詞 奥華子

2017/5/17 リリース
作詞
奥華子
作曲
奥華子
文字サイズ
よみがな
hidden
あめはただつづいている 鼠色ねずみいろそらした
ひかったアスファルトのうえきらめ戸惑とまどい さまよいながら
きみぼくのこしたもの使つかいかけの化粧水けしょうすい
わった雑誌ざっしやまと テーブルのうえ水色みずいろ手紙てがみ

どうしていつもきみ一人ひとりめてしまうんだろう
ぼくならばきっと平気へいきだとおもってるのかい?
なに物足ものたりないんだよ なにやさしすぎるんだよ
きみ文字もじにぎつぶ部屋へやした

Rainy day いつかれるとっていても
Rainy day いまはただあめれたい
野良猫のらねこみたいにみち横切よこぎっても もうだれぼくさがしはしないんだ

ゆがんだままのカーブミラーは 意味いみぼくうつして
ずぶれのシャツはぼくこころいきころしてつめたくいたまま

あいされることがあんなに素敵すてき日々ひび
かけがえの時間じかんだときみおしえてくれた
だからいまぼくには何一なにひとおも出来できない
きみあふれる水溜みずたまりにおぼれていたいんだ

Rainy day いつかれるとっていても
Rainy day いまはただあめれたい
野良猫のらねこみたいにみち横切よこぎっても もうだれぼくさがしはしないんだ

もしもきみ突然とつぜんもどってきたら なにわずにつよめてしまいそうだけど

Rainy day どこまでもつづみち
Rainy day そそあめにうたれて
きみがいなくてもあるいてけると 見上みあげたそらにいつかおもえるように