1. 歌詞検索UtaTen
  2. 楠トシエ
  3. 石松金毘羅道中歌詞

2015.3.1 リリース

「石松金毘羅道中」の歌詞 楠トシエ

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
よみがな
たびはなうた あおそら もり石松いしまつはるばると
金毘羅こんぴら代参だいさん 無事ぶじにすみ やれうれしやと った
ちゃわんに とろりと さけいろ てば 海路かいろ日和ひよりかな
いしみねえ、みねえ、寿司すしくいねえ、もっとこっちへんねえ、江戸えどだってねえ」
きゃく神田かんだうまれよ」
いし「そそうだってねえ、へエー、次郎長じろちょうっていうのはそんなにえれえのか」
きゃく「えれえのかなんてえのは、あんなもんじゃねえネエー、おまえさんいっとく
けどね、次郎長じろちょうばかりがえれえんじゃないぜ、清水しみず二十八にじゅうはちにんしゅうというネ、いい子分こぶんがいるからだぜ」
西にし夕日ゆうひ茜雲あかねぐもかぜがなぜやらにしみる
清水しみず 二十はたち八人はちにんしゅう その どこいらに おれの
はいっているかと もそぞろ もり石松いしまつ 愛嬌者あいきょうもの
いし「ところで、その次郎長じろちょう子分こぶんなかで、一番いちばんつよいのは、いったいどこのだれれだ」
きゃく「ウン一番いちばんつよいのは…あっ、いました、いました、遠州えんしゅうもりうまれだ、石松いしまつってえんだが、こいつが一番いちばんつよいや」
いし「ハハ…うれしいことをいうじゃないか、おまえさんみねえ、みねえ、寿司すしくいねえ、もっとこっちえんねえ、江戸えどだってねえ」
きゃく神田かんだうまれよ」
いし「そそうだったねえ、ところで石松いしまつってえのは、そんなにつよいのか」
きゃくつよいのなんのって、滅法めっぽうつよいんだが、あいつはどうも人間にんげんがバカだからねえ」
うまくはなしちこんだ 石松いしまつとたんに ああ にがかお
愚痴ぐちをいうは ないけれど 寿司すしやら さけやら ふるまって
ばかといわれちゃ 世話せわがない ばかはななきゃ なおらない