1. 歌詞検索UtaTen
  2. 水槽のクジラ
  3. いずれまた春に歌詞

2016.7.6 リリース

「いずれまた春に」の歌詞 水槽のクジラ

作詞
西田諒平
作曲
水槽のクジラ
iTunesで購入
曲名
いずれまた春に
アルバム
かたちのおわり / かたちをかえて - EP
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
れてしまったね、さくらのはなは。
気付きづけば いつかたがちがえて
こころひだなかかくした
花弁かべんもまたつぼみになるくらいに

とお何処どこかで夢見ゆめみていたんだ。
むすんだ うみもほどけていってしまう。
情熱じょうねつはどこかふかねむって
今更いまさら今更いまさらなにおもえばかった?

いつもわらって、綺麗きれいなままじゃ もう
いられないんだよ時間じかんだけがぎていく
ぼくらはどうして間違まちがえてしまう?
のぞまないかたちでどうして、おぼれてしまうんだ?

半透明はんとうめいまどにはぼくと、きみまちにおい。
「うまれていくこと、おわりはくるもの。」
気付きづいたって 何一なにひとつも
くさないでいたかった!

いつもわらって、綺麗きれいなままじゃ もう
いられないんだよ時間じかんだけがぎていく
ぼくらはどうして間違まちがえてしまう?
のぞまないかたちでもう、おぼれはしないように!

いつのことかもうおもせないくらい
ぼくわっていくあなたもわっていく
たがちがかさなるまわまわ季節きせつ
れていったぼくらがわらえることを。

いずれまたはるに/すいそうのくじら

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:いずれまた春に 歌手:水槽のクジラ

リンクコード:

ブログ用リンク: