1. 碧空の記憶歌詞

「碧空の記憶」の歌詞 THE ALFEE

2015/12/23 リリース
作詞
高見沢俊彦
作曲
高見沢俊彦
文字サイズ
よみがな
hidden
あのころというダイアリー
ふとかえしてみれば
記憶きおく片隅かたすみ
なつかしいゆめ欠片かけらきらめく

とき魔法まほうあやつられ
偶然二人ぐうぜんふたり 出会であったね
キャンパスのカフェテラス
おだやかな午後ごご あわこい予感よかん

さかうえのチャペル
ヴァレリーの詩集抱ししゅうかかえて
微笑ほほえきみ何故なぜいま
せつないほどいとしくて

未来みらいなんにもえなかった
青空あおぞらだけがまぶしかった

若葉わかばころって
まち景色けしきわったけど
ながいそのかみ やさしいひとみ
おもはあのころのまま

ギターをそっとつま
あのよみがえ
突然風とつぜんかぜかれたように
ぼくらはわかれたよ

おないたみをかんじながら
あい言葉ことば出来できなかった

未来みらいなんにもえなかった
青空あおぞらだけがまぶしかった

もうかえれない
あのひかりのなか

すべてがあまりにすぎて
きずつけうのがこわかった

青春せいしゅんわりげるかね
とおはる陽差ひざしのなか

未来みらいなにえなかった
青空あおぞらだけがまぶしかった