1. 見上げた流星歌詞

「見上げた流星」の歌詞 日本テレビ系 土曜ドラマ「高校生レストラン」主題歌 TOKIO

2011/5/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ねぇ おさなころ さがしていた夜空よぞら流星りゅうせい
さまざまなねがつたえたこと そのかがやきときそうように

あぁ いつのにか 日々ひびなかでうつむいてばかり
まって空見上そらみあげること づいたらひとはみなわすれていた

無力むりょく自分見じぶんみつめて あきらめそうになるとき
不器用ぶきようわらったともの あのぬくもりをこころともすよ

おな時間とき おなそらしたおないたみをいながら
ひとつひとつのちいさなゆめおおきな星座せいざになるから

わりつづける世界せかいなかわらないものがきっとあるんだ
じてしんじれば そのむねかがやいてるよ

ねぇ だれもがみな 孤独こどくなか ふるえてたのなら
こころかさねて 今出逢いまであえた その意味いみたしかめてあるそうよ

理不尽りふじん現実げんじつしそうになるとき
記憶きおくなかきてく あの笑顔えがおこころうつすよ

いくつものった季節きせついまはもうかえりはしない
旅路たびじてにつかめるものが きっとあるとしんじてるから

わりつづける時代じだいなかで やがてはなれてく運命うんめいだって
ともにいる この瞬間ときを いつのめていくよ

いま星屑ほしくずみたいなゆめも いつかはつよかがやはじめる
ひとりひとりがって おおきな星座せいざになるから

あの日瞬ひまたたいたながぼしわらずにいまでもそこにあって
じてしんじれば そのむねかがやいてるよ
きみのことらしているよ