1. 歌詞検索UtaTen
  2. CHEMISTRY
  3. ガラス越しに消えた夏歌詞
よみ:がらすごしにきえたなつ

「ガラス越しに消えた夏」の歌詞

CHEMISTRY
2019.8.21 リリース
作詞
松本一起
作曲
大沢誉志幸
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
やがてよるける
いまめたいろ
つぎのカーブれば
あの えたなつ

きみさきいそ
ぼくは ふりぎていた
らずにべつみち
いつからかはなれていった

サヨナラをかえ
きみ大人おとなになる
ときめきと とまどいを
そのむねにしのばせて

ツライよるかぞ
ひとみくもらせた
ガラスしのなみ
いまはあたたかい

きみがいないだけ
いまくるしくはない
二度にどとはかえれない
あのびもどすけれど

サヨナラをえただけ
きみ大人おとなだったね
ときめきと とまどいを
そのむねにしのばせて

きみさきいそ
ぼくは ふりぎていた
らずにべつみち
いつからかはなれていった

サヨナラをかえ
きみ大人おとなになる
ときめきと とまどいを
そのむね

サヨナラをえただけ
きみ大人おとなだったね
ときめきと とまどいを
そのむねにしのばせて
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ガラス越しに消えた夏 歌手:CHEMISTRY