1. 歌詞検索UtaTen
  2. けやき坂46(ひらがなけやき)
  3. おいで夏の境界線歌詞
よみ:おいでなつのきょうかいせん

「おいで夏の境界線」の歌詞

けやき坂46(ひらがなけやき)
2018.6.20 リリース
作詞
秋元康
作曲
中山聡,足立優
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
そら入道雲にゅうどうぐもがやけにもったいぶってたけど
つよ日差ひざしをやっとれてたよ
まえひろがるうみまぶしくて このかざせば
ひかりさかなたちがねてる

(今年ことし水着みずぎはどう?)
いたずらっぽくきみかれたけど
(なんだかずかしくて)
視線しせんはずして 動揺どうようかくしながら
いいんじゃないかな
こえうわずる

(おいで)きみきだっておう
(おいで)言葉ことばにしなきゃつたわんない
(おいで)季節きせつなんてぎてしまうんだ
(おいで)友達ともだちのままじゃいられない
(おいで)むねおくあつくなる
そんな葛藤かっとう なにせずに ぼくはいいひとのままで

もう来年らいねん
卒業そつぎょうだから
そう 絶対ぜったいに…

砂浜すなはまうえはまるで けたフライパンみたいで
裸足はだしねるぼくきみわら
波打なみうぎわまではしって てのひらすくったみず
いっこして距離きょりちぢまって

(きなひととかいるの?)
ついでのようにさりげなくいたよ
(なにこたえるまえに)
興味きょうみないような どうだっていいような
カッコつけたのは
になってるから

(まさか)えるわけないじゃないか
(まさか)ぼくをどうおもうなんて…
(まさか)いま関係かんけい こわしたくないよ
(まさか)このままだってかまわない
(まさか)ずっと そばにいたいんだ
そんな本音ほんねなみがさらうよ きみづかれないまま

(おいで)きみきだっておう
(おいで)言葉ことばにしなきゃつたわんない
(おいで)季節きせつなんてぎてしまうんだ
(おいで)友達ともだちのままじゃいられない
(おいで)むねおくあつくなる
そんな葛藤かっとう なにせずに ぼくはいいひとのままで

もう来年らいねん
卒業そつぎょうだから
そう 絶対ぜったいに…

おいで夏の境界線/けやき坂46(ひらがなけやき)へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:おいで夏の境界線 歌手:けやき坂46(ひらがなけやき)