1. 歌詞検索UtaTen
  2. けやき坂46(ひらがなけやき)
  3. 三輪車に乗りたい歌詞
よみ:さんりんしゃにのりたい

「三輪車に乗りたい」の歌詞

けやき坂46(ひらがなけやき)
2018.6.20 リリース
作詞
秋元康
作曲
Kaz Kuwamura(CWF),カトウリョータ(CWF),小木岳司(CWF)
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
アパートのまえ はしせた三輪車さんりんしゃ
(わすれられて)
ちかくにんでいる子供こどものものだろう
(迷子まいごみたい)

あお塗料とりょうちたのは
放置ほうちしたあいのせい
月日つきひぎる
(わがままに)

ぼくはここだよ
(大人おとなになってしまったけど)
おおきなこえ
(なにわっていないんだ)
さけんでるのに…
(そんなのうそだとバレているよね)
おもりたい
ちいぎたとしても…

ひっくりかえあまざらしの三輪車さんりんしゃ
(さびしそうで)
だれかにとって大事だいじなものだったのに…
(邪魔じゃまなだけだ)
人間ひと気持きもちがびるのは
しあわせになれすぎて
普通ふつうになるから
(ときめきも)

きみはどこなの?
(あれからずっとっていないし)
あのころのように
(アパートしたといた)
いたいけれど
(むかしのことなんか興味きょうみないか)
三輪車さんりんしゃれない

まちあかりがいつのまにかいている
「もうこんな時間じかんなのかなんてそら気配けはいづいて」
影法師かげぼうしながさがなんだかなつかしかった
なにかに夢中むちゅうになるっていいもんだ

ぼくはここだよ
(大人おとなになってしまったけど)
おおきなこえ
(なにわっていないんだ)
さけんでいるのに…
(そんなのうそだとバレているよね)
おもりたい

きみはどこなの?
(あれからずっとっていないし)
あのころのように
(アパートしたといた)
いたいけれど
(むかしのことなんか興味きょうみないか)
三輪車さんりんしゃれない

ぼくはもう子供こどもじゃない

ぼく三輪車さんりんしゃのベルをらした

三輪車に乗りたい/けやき坂46(ひらがなけやき)へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:三輪車に乗りたい 歌手:けやき坂46(ひらがなけやき)