1. 歌詞検索UtaTen
  2. 米倉利紀
  3. ボクノキミ、キミノボク歌詞
よみ:ぼくのきみ、きみのぼく

「ボクノキミ、キミノボク」の歌詞

米倉利紀
2019.1.23 リリース
作詞
toshinori YONEKURA
作曲
toshinori YONEKURA
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
えないふり、こえないふり
ほんとはちいさな吐息といきさえ、こころはいつもかんじてるのに
そんなあいかたおしえてくれた あの日々ひびぼくつよくする

ふたりで、あるいた七里ヶ浜しちりがはま 潮風しおかぜ信号しんごう
それぞれ、なにおもうのか ただおもわせぶりなの?

まだ、半信半疑はんしんはんぎ 自問自答じもんじとうこいなみあそばれて

気付きづかないふり、どうじないふり
ほんとはちいさなまばたきも、こころはいつもかんじてるのに
そんなあいかたおしえてくれた あの日々ひびぼく

ひとりで、ねむれないよる見返みかえすフォトアルバム
い、なにおもうのか ただおもわせぶりなの?

せて、めて ボクノキミになって キミノボクになる

えないふり、こえないふり
ほんとはちいさな吐息といきさえ、こころはいつもかんじてるのに
そんなあいかたおしえてくれた あの日々ひびぼくつよくする

気付きづかないふり、どうじないふり
ほんとはちいさなまばたきも、こころはいつもかんじてるのに
そんなあいかたおしえてくれた あの日々ひびぼく

えないふり、こえないふり
ほんとはちいさな吐息といきさえ、こころはいつもかんじてるのに
そんなあいかたおしえてくれた あの日々ひびぼくつよくする

ふたりで、あるいた七里ヶ浜しちりがはま だれにもわないでおこう...

ボクノキミ、キミノボク/米倉利紀へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ボクノキミ、キミノボク 歌手:米倉利紀