米倉利紀の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 米倉利紀
  3. 米倉利紀の歌詞一覧

米倉利紀の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月28日

206 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

月と太陽

米倉利紀

作詞: 米倉利徳

作曲: 米倉利徳

歌詞:月の側で眠る日は 夢に生きてる時 太陽の側で笑う日は 現実を感じてる時 Uh

vintage

米倉利紀

歌詞:そう、あなたは言う 車で僕が通り過ぎたと 同じようにカフェの前に立つ あなたの姿を僕は見付けたんだ

elephant LOVE

米倉利紀

歌詞:ひとりで強く生きてるようで 繊細に気遣う手の表情 あなたと向き合う時間を 照らす情熱の太陽

THIS IS ME

米倉利紀

歌詞:そんなに人の目気にして生きて、自分を愛せていますか? 所詮、人が作り上げた常識、本当の自由ってなんだろうね 無駄に律儀に生き過ぎてしまう なにか物足りない毎日の意味

大丈夫っ!

米倉利紀

作詞: 米倉利紀

作曲: 米倉利紀

歌詞:想い出の温もり 優しく振り向く表情 凄く、凄く柔らかい 呼吸が響く

I'm in trouble

米倉利紀

作詞: Shane August ..

作曲: 関根安里

歌詞:Baby, tonight is the night

キーホルダー

米倉利紀

歌詞:きっとなんでもない約束だったのかも 少し無理をして待ち合わせたけれど 二人の温度差も感じてはいるけど 少しくらいの寝不足も実は楽しめてる

なんて素敵なことだろう

米倉利紀

歌詞:なにかひとつだけでもいい なにか自慢できることを 僕にすら言わなくていい 僕に自慢できそうなこと

SHINE and BRIGHT

米倉利紀

歌詞:SHINE どんな夢、叶えたい? その先に続いていく道 SHINE この手に

PIECE OF MY WISH

米倉利紀

作詞: 岩里祐穂

作曲: 上田知華

歌詞:朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る 太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから

カサブランカ・ダンディ

米倉利紀

作詞: 阿久悠

作曲: 大野克夫

歌詞:ききわけのない女の頬を 一つ二つはりたおして 背中を向けて煙草をすえば それで何もいうことはない

layers

米倉利紀

歌詞:時間に追われた日は、歩幅を倍にして歩く 窮屈に汗を流して、無理したくない 言葉に疲れた日は、無言で孤独に過ごす 退屈を持て余すような、馬鹿じゃない

more than sorry

米倉利紀

歌詞:青い空に見える 想い出にそっと、胸の扉開いてみる 白い雲が流れて 数えきれない程のページを 時間忘れて捲る

道 ~walk with you~ -live rendition from 2007-

米倉利紀

歌詞:君と歩いた道 これから歩く道 何を見てきたかな? 何を見れるのかな? 何気ない寄り道

DANCE UP

米倉利紀

歌詞:give me the light and

瑠璃色の地球

米倉利紀

作詞: 松本隆

作曲: 平井夏美

歌詞:夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツリ言う 燈台の立つ岬で 暗い海を見ていた

caramel magic

米倉利紀

歌詞:It's magic shooting star 君に届け

SPARK

米倉利紀

作詞: 松井五郎

作曲: 野崎昌利

歌詞:うっかりしてられない その瞳 まだやましいつきあいしそうで しっくりいかなけりゃ そうすぐに

浪漫飛行

米倉利紀

作詞: 米米CLUB

作曲: 米米CLUB

歌詞:「逢いたい」と思うことが 何よりも大切だよ 苦しさの裏側にあることに眼を向けて 夢をみてよ

higher and higher

米倉利紀

歌詞:do what you gotta do,

like, love, need.....

米倉利紀

作詞: 米倉利徳

作曲: 米倉利徳

歌詞:好きだから..... 激しく打つ雨音さえ 僕を優しくする 二人だけの秘密の声

strawberry cheese cake

米倉利紀

歌詞:地下鉄に揺れながら 懐かしく想いに耽る 道に迷った僕等 突然の大雨 びしょ濡れで小走りに

モノクローム トラブル(BASTARD!! 暗黒の破壊神 ED)

米倉利紀

作詞: 真間稜 ..

作曲: 関根安里

歌詞:鎖骨の鎖 乱れてたから 舌で絡めとってあげる 上向きのボディ 支えきれずに

Keep this love

米倉利紀

作詞: 米倉利紀

作曲: 米倉利紀

歌詞:yeah yeah… ah ah ah…

ココロ

米倉利紀

歌詞:気付いてるんだろう?僕の気持ち 桜の花びら舞う日から 気付いてるんだろう?僕への気持ち 自分らしく生きることの意味も

そっと、ずっと

米倉利紀

歌詞:君が僕を見上げる目、優しく眉上げて想い寄せる 好きになってしまいそうな、この気持ち信じて良いのかな? そっと、ずっと信じてる 誰かを好きになるって、こんなに楽しかったかな

君は僕の大切

米倉利紀

歌詞:寂しそうに俯いて、涙堪えてるその横顔 僕が放っておけるはずがない、君は僕の大切 信じることって そんなに簡単じゃないよ

ボクノキミ、キミノボク

米倉利紀

歌詞:見えないふり、聞こえないふり ほんとは小さな吐息さえ、心はいつも感じてるのに そんな愛し方を教えてくれた あの日々が僕を強くする

僕と君の関係

米倉利紀

歌詞:WOW WOW WOW 凍てついたconcrete jungleも悪くない

ALL I WANT IS YOU

米倉利紀

歌詞:曖昧なときを、曖昧な態度で 過ごしてきたつもりはないんだけど 近過ぎない距離を、模索し過ぎたみたい 少しの隙間に惑わされたみたい

消しゴム

米倉利紀

歌詞:なにも恐れを知らず、描き続けた人生は 色とりどりの景色、消しゴムはない ふわりふわり慈しむ 青空に浮かぶ雲が

誰より好きなのに

米倉利紀

作詞: 古内東子

作曲: 古内東子

歌詞:「君には何でもはなせるよ」と笑う顔が淋しかった あの夜 重ねたくちびるさえ忘れようとしてるみたい もう一度出会った頃に戻れたなら もっと上手に伝えられるのに

喝采

米倉利紀

作詞: 吉田旺

作曲: 中村泰士

歌詞:いつものように 幕が開き 恋の歌うたう わたしに 届いた報らせは

距離

米倉利紀

歌詞:今日より明日のあなたは 僕を手放せなくなるよ そして、昨日より今日のあなたから 僕は深く愛される

lemon and lime

米倉利紀

歌詞:i was with you... right

sunrise and sunset

米倉利紀

歌詞:君の笑顔が一つ、隣に笑顔がまた一つ 笑い合えば世界中に ONE LOVE 手が届く

believe

米倉利紀

歌詞:i believe in you, so

faith

米倉利紀

歌詞:僕の夢 君の愛で抱きしめてくれる、温もりは キスするより 抱き合うより 大事な二人の約束になる

natural thang

米倉利紀

歌詞:不規則で 身勝手な愛に 愛想尽かして 言葉無くして 手に入れた

lover's error

米倉利紀

歌詞:綺麗事並べるより 嫌いだと言ってよ 想い出がより苦く、色褪せなくなるよ いっそ笑顔なんかより 泣き崩れたままで

奇蹟-heart-

米倉利紀

作詞: 米倉利徳

作曲: 米倉利徳

歌詞:愛したり 愛されたり 信じたり 信じてくれたり 強がって走る僕の

たったひとりの君だけに

米倉利紀

作詞: 松井五郎

作曲: 伊秩弘将

歌詞:好きだったんだよ わかってたんだ でもそっけない二人でいるね 抱きしめたくて のばす腕

SAVE THE DANCE

米倉利紀

歌詞:出逢いは秋の空 ふたり、はじまりのとき やっと出逢えたように どこか、懐かしくなる

CASABLANCA

米倉利紀

歌詞:果てしなく続く、僕らの物語を 途絶えないように守っていく 終わりなく続く、僕らの物語を 色褪せないように守っていく

米倉利紀

歌詞:一枚の紙に 心ない言葉を 叫んで汚すと ぐしゃぐしゃになるでしょう どんなに丁寧に

CICADA

米倉利紀

歌詞:「どうしてるんだろう?」 そっと気に掛けるとき 少し胸が締め付けられるような 愛おしさに 「愛してるよ」と

米倉利紀

歌詞:窓を打つ雨、雫に君を想い描く 幻なのかもね... 一粒輝いて流れた 願いよ、届きますように

ぬくもり、やさしさ

米倉利紀

歌詞:失ってはじめて、気付くあなたのぬくもり 同じように気付くだろう、失った僕のぬくもり 愛し合えるぬくもり、まためぐりくるのだろうか 繰り返す間違いから学ぶこと

ユルイ LIFE

米倉利紀

歌詞:詰め込んだCLOSET全開にして 着古したお気に入りのT-SHIRTは 想い出と一緒に袖切り落として 新しいsTYleで着こなしてみるよ

BRIGHT LIGHT

米倉利紀

歌詞:i won't let you down,

米倉 利紀(よねくら としのり、1972年10月21日 - )は、日本の歌手。大阪府豊中市出身。血液型はB型。本名は米倉利徳(読み方同じ)。 身長181cm。 wikipedia