1. 歌詞検索UtaTen
  2. VALSHE
  3. アルビレオ歌詞
よみ:あるびれお

「アルビレオ」の歌詞

VALSHE
2020.4.1 リリース
作詞
doriko
作曲
岡田ピロー
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ゆめたものは 水底みずぞこ摩天楼まてんろう
いきができないと あのおぼれてゆく
せるみず独善どくぜんまったバイナリ

畏敬いけいねんさえ 上部じょうぶだけをなぞった
いのちうるわしき ニヒリストの天上てんじょう
はなかせよう 路地裏ろじうらひらくラフレシア

しずかにねむっていたいのにアラームはひび
からだつノイズもイヤホンからこえてる

せん花火はなび花火はなびよるらせ
またたまたた一度いちどきりのめぐ
かさなりかさなる ひとつになれ
れたはだいたくなるくらい

くびからしたはもう やすらぎをもとめてた
くびからうえだけ 矜恃きょうじをまだもとめた
みぎひだりも そうかりえはしないまり

重力じゅうりょくかれて どこまでもちてゆく
すべきことなど 多分たぶんなにもできない
ねがわくばだれかと そんな日々ひび意味いみかんじさせて

のこったものだけ明日あしたがあるというなら
ゆるして 大義たいぎなきさびしさからの逃避行とうひこう

三千世界さんぜんせかい世界せかいてのほし
もがいてもがいた きずだらけのからだ
かさなりかさなる ひとつになる
どちらがえても づかないほど

ああ みつむしばまれ
いたままでけてしまえれば
どれほどらくだろうか

しずかにねむってたのにアラームはひび
けばまだ自分じぶんでいられた
いまなにもかもをあきらめはしない

せん花火はなび花火はなびよるらせ
またたまたた一度いちどきりのめぐ
ふたぼし
うつくしい輪郭りんかくまじわらず
その気高けだかさを一人ひとり見上みあげた

アルビレオ/VALSHEへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:アルビレオ 歌手:VALSHE