国境の町 歌詞 東海林太郎 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 東海林太郎
  3. 国境の町歌詞
よみ:こっきょうのまち

国境の町 歌詞

友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
そりすずさえ さびしくひび
ゆき曠野こうやまち
ひとやましゃ 他国たこくほし
こおりつくよな国境くにざかい

故郷こきょうはなれて はるばる千里せんり
なんでおもいが とどこうぞ
とおきあのそら つくづくなが
男泣おとこなきするよいもある

行方ゆくえらない さすらいぐら
そら灰色はいいろ また吹雪ふぶき
おもいばかりが ただただえて
きみうのはいつの

国境の町 / 東海林太郎 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/04/14 14:04

日本は島国で単一民族であったので普通の人が国境を意識することは有りませんでしたが、満州入植などで海外に出た人が初めて国境を意識しました・・橇の鈴さえ寂しく響く一つ山越沙しゃ他国の星が凍り着くよな国境・・故郷離れてはるばる千里・・君と逢うのはいつの日ぞ・・男泣きする夜もある・・広大な土地に初めて国境を実感したのである・・

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:国境の町 歌手:東海林太郎