1. 歌詞検索UtaTen
  2. 大川栄策
  3. 雨の港歌詞
よみ:あめのみなと

「雨の港」の歌詞

雨の港 歌詞
大川栄策
1994.11.21 リリース
作詞
たかたかし
作曲
遠藤実
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
わかれりゃ他人たにんのはずなのに
からだがあのひとおぼえてる
さけくちべにみなと酒場さかば
あめこいしくて
だめねおんなはひとりじゃねむれない

やさしくかれたあのよる
着物きもの今夜こんやさけをつぐ
霧笛むてきほつれ東京とうきょうなまり
わかれ演歌えんかけてくる
えばつらいわむかしにまたもど

あれほどうらんだひとなのに
いいことばかりをかぞえてる
なみだためいき哀愁あいしゅうみなと
ふねでゆくひとかえるひと
明日あすわたしにいいゆめつれて

雨の港/大川栄策へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:雨の港 歌手:大川栄策