1. 歌詞検索UtaTen
  2. 人気のハッシュタグ一覧
  3. 紅白歌合戦(昭和61年第37回)に関する歌詞

紅白歌合戦(昭和61年第37回)に関する歌詞


紅組 白組【優勝】
荻野目 洋子 ダンシング・ヒーロー 少年隊 仮面舞踏会
大月 みやこ 女の港 新沼 謙治 情け川
小泉 今日子 夜明けのMEW 三波 春夫 あゝ北前船
斉藤 由貴 悲しみよこんにちは 吉 幾三 雪國
小柳 ルミ子 田原 俊彦 あッ
中森 明菜 DESIRE 沢田 研二 女神
テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 山川 豊 ときめきワルツ
研 ナオコ Tokyo見返り美人 シブがき隊 トラ!トラ!トラ!
五輪 真弓 時の流れに~鳥になれ~ 小林 旭 熱き心に
河合 奈保子 ハーフムーン・セレナーデ 近藤 真彦 青春
川中 美幸 ふたりの絆 大川 栄策 雨の港
和田 アキ子 もう一度ふたりで歌いたい 菅原 洋 小雨降る径(みち)
松田 聖子 瑠璃(るり)色の地球 加山 雄三 今は別れの時 フェアウェル
岩崎 宏美 好きにならずにいられない 角川 博 波止場シャンソン
水前寺 清子 男三百六十度 チェッカーズ Song for U.S.A.
松原 のぶえ 演歌みち 千 昌夫 望郷旅鴉
八代 亜紀 港町純情 細川 たかし さだめ川
島倉 千代子 くちべに挽歌 村田 英雄 男吉良常
小林 幸子 別離(わかれ) 五木 ひろし 浪花盃
石川 さゆり 天城越え 森 進一 ゆうすげの恋

紅白歌合戦(昭和61年第37回)に関する人気歌詞ランキング

紅白歌合戦(昭和61年第37回)に関する歌詞

タイトル / 歌手 歌い出し

仮面舞踏会

少年隊

Tonight ya ya・・・ tear Tonight

天城越え

石川さゆり

隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られる

ダンシング・ヒーロー

荻野目洋子

「愛してるよ…」なんて 誘ってもくれない キャンドル・ライトが 素敵な夜よ ガラスの靴なら

時の流れに身をまかせ

テレサ・テン

もしも あなたと 逢えずにいたら わたしは何を してたでしょうか

DESIRE~情熱~

中森明菜

Get up,Get up Get up,Get

瑠璃色の地球

松田聖子

夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツリ言う 燈台の立つ岬で 暗い海を見ていた

ハーフムーン・セレナーデ

河合奈保子

あなたのもとへ 届くなら 水面に散った 琥珀の枯れ葉を 風つまびく音符にして

Tokyo見返り美人

研ナオコ

シートベルトを外して 車を飛びだしたらば 外は雨 こぬか雨 舗道が濡れてる

雪國

吉幾三

好きよ あなた 今でも 今でも 暦はもう少しで

悲しみよこんにちは(めぞん一刻~移りゆく季節の中で~ ED)

斉藤由貴

手のひらのそよ風が 光の中 き・ら・き・ら 踊り出す おろしたての笑顔で

Song for U.S.A

チェッカーズ

桟橋で君を抱きしめ 見果てぬ夢を 夢中で話してたね 彗星が海超えてくよ 夜間飛行の

あゝ北前船

三波春夫

男命の 北前船は 宝運びの 心意気、心意気よ 海が時化たと弱音を吐くな

情け川

新沼謙治

くわえ煙草の 赤い火が 指ではじけて 螢になった なにか言ってよ

時の流れに~鳥になれ~

五輪真弓

今 時の流れに この手をひたせば 泡のように浮かび来る それは悲しみたち

女の港

大月みやこ

口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば よかったかしら 二ヶ月前に

熱き心に

小林旭

北国の旅の空 流れる雲 はるか 時に 人恋しく

フェアウェル(今は別れの時)

加山雄三

別れのときが来たようだ 思い出をくれてありがとう さよならめぐりあう日を 僕らは信じよう 太陽は一度消えても

演歌みち

松原のぶえ

爪先あがりの この坂を 誰が名づけた 浮世坂 風が背をおす

さだめ川

細川たかし

明日のゆくえ さがしても この眼に見えぬ さだめ川 あなたの愛の

浪花盃

五木ひろし

約束の うれしさ胸に 口紅をさす 待ち人 待つ夜の

波止場シャンソン

角川博

ドラが響けば 桟橋あたり 赤いランプが 波に散る くわえ煙草でタラップ踏めば

雨の港

大川栄策

別れりゃ他人のはずなのに からだがあの人おぼえてる お酒くち紅港の酒場 雨の降る夜は恋しくて だめね女はひとりじゃ眠れない

男吉良常

村田英雄

恩を忘れちゃ 男がすたる 意地も未練も 今はない じゃまにならない

トラ! トラ! トラ!

シブがき隊

愛人Sexy Love 燃えりゃ極楽 愛人Sexy Love

夜明けのMEW

小泉今日子

夜明けの Mew 君が泣いた 夜明けの Mew

小柳ルミ子

天窓をあけると 銀色の夜風 私を抱くあなたを 三日月が斬る 死にたいとささやく

ふたりの絆

川中美幸

はなればなれは 淋しいけれど こころひとつで 結びあう それがふたりの

港町純情

八代亜紀

酒を浴びせて グラスを砕き 後ろも見ないで 消えたひと あなたの思いの

望郷旅鴉

千昌夫

昔話しはヨー 真ッ平ご免 なまじ振り向きゃ こころが痛む 生まれ在所に

もう一度ふたりで歌いたい

和田アキ子

もう一度ふたりで歌いませんか 気の合ったデュエットを してみませんか 今ならば あなたに心を合わせ