1. 歌詞検索UtaTen
  2. たかたかしの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

たかたかしの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

490 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

秘螢

永井みゆき

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:長谷寺の あまた咲く 花の香りに 思慕をよせて 見つめあい

花として 人として

島津亜矢

歌詞:人の子は なぜ泣きながら この地球に 生まれてくるの 人生は悲しみおおい

望郷酒がたり

松前ひろ子

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:雨が降る夜は こころも湿る ましてひとりで 酒飲む夜は どんぶらこ

おまえに惚れた

美空ひばり

歌詞:俺にきめろよ まよわずに 言って振り向きゃ ついてくる 惚れた(惚れた)惚れたよ

恋の酒

細川たかし

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:あんなにいい女 ふたりといない なんで消せよう恋の 恋の火を 未練ごころを

浪花恋しぐれ

都はるみ&岡千秋

作詞: たかたかし

作曲: 岡千秋

歌詞:芸のためなら 女房も泣かす それがどうした 文句があるか 雨の横丁

しあわせワルツ

城之内早苗

歌詞:雨のふる日はさみしくて おもいだすのよ あなたのmemory 時が過ぎれば涙さえ 頬にやさしい

佐渡の恋唄

細川たかし

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:佐渡へ佐渡へと 流れる雲に のせてゆきたい わたしのこころ 離れて四十九里

あばれ太鼓

坂本冬美

歌詞:どうせ死ぬときゃ 裸じゃないか あれも夢なら これも夢 愚痴は

壷坂情話

中村美律子

歌詞:見えぬ あなたの杖になり 越える苦労の人世坂 あなた、離しちゃ だめですよ

恋のわかれ唄

村上幸子

作詞: たかたかし

作曲: 叶弦大

歌詞:越路の里に舞う風花は どこかしあわせ 薄い花 あなたと別れた旅路の果ては 耳をすませば瞽女うたが

倖せさがして

五木ひろし

歌詞:あなたのために 生まれてきたのと おまえは羞らい 小指をからませる さがしていたんだよ

しあわせ岬

都はるみ

作詞: たかたかし

作曲: 岩久茂

歌詞:しあわせになりたいなァ 愛する人の胸に抱かれて ホロホロと泣きたいなァ 悲しみを忘れて あまえてみたい

おまえとふたり

五木ひろし

歌詞:わたしは 不幸ぐせ とれない女と この胸に か細い手をそえて

男の火祭り

坂本冬美

歌詞:日本の男は 身を粉にして働いて 山に海に 生きてきた 女は嫁いで

薔薇の鎖

西城秀樹

歌詞:愛する二人は はなれていても さびしくはないさ 夜も朝も 薔薇の鎖が

寒桜

西方裕之

作詞: たかたかし

作曲: 岡千秋

歌詞:逢えるだけでも うれしい人に 逢えば抱かれて 女にもどる 人目忍んで

大阪すずめ

永井みゆき

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:おしゃべり夜風に誘われながら 淀屋橋から北新地 好きやねん好きやねん あなたが 好きや

裏窓

美空ひばり

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:誰もいない 誰もいない 裏窓ぬらす 雨の音 酒で心を

ふたり酒

川中美幸

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:生きてゆくのが つらい日は おまえと酒が あればいい 飲もうよ

愛のメモリー

松崎しげる

歌詞:愛の 甘いなごりに あなたは まどろむ 天使のような

男の情歌

永井裕子

歌詞:春にそむいて ゆく俺を 路地で見送る 女傘 行くが人生

女のしぐれ

細川たかし

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:雨が降るから 泣けるのか 恋の重さに 泣けるのか 逢えば死ぬほど愛されて

鳰の湖

丘みどり

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:伊吹おろしが 身を切るように わたしの心に 冬をつれて来る 二人で見た夢は

ふたりでよかった

山本譲二

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:なんども 溺れかけてきた 涙で濁った うき世川 ないない尽しで

祝い酒

坂本冬美

歌詞:浮世荒波 ヨイショと越える 今日は おまえの 晴れの門出だよ

朝顔

松原のぶえ

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:ねぇ、あなた 無理して飲む酒は たとえ酔えても 心はだませない そばにわたしがいるじゃない

能登の海風

中西りえ

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:能登の浦里 日が落ちて 海は古代の 闇の中 ドンドドン

古都逍遥

都はるみ

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:春爛漫の 嵐山 落花の雪に 踏み迷う 旅にしあれば

北の尋ね人

細川たかし

作詞: たかたかし

作曲: 弦哲也

歌詞:逢いたい ひとめ逢いたくて はるばると海峡 星と流れて 越えてきた