1. 歌詞検索UtaTen
  2. MIYAVI
  3. 君に願いを歌詞
よみ:きみにねがいを

「君に願いを」の歌詞

君に願いを 歌詞
MIYAVI
2006.7.5 リリース
作詞
雅-miyavi-
作曲
雅-miyavi-
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
色梗いろあせていたあのゆめも、ほこりまみれだった未来図みらいずも、
きみがいつもそこでててくれてたから
かなわないと弱音吐ぼやいてた日々ひびも、遠回とおまわりしてただけのみち
ぼくいまこうしてココにるんだ。

ぼくなにしてあげれたのだろう?なにしてあげれなかったのだろう?
あれからずっと自分じぶんいかけてみたけど、
何度心なんどこころとびらたたいてもむねおくひきだしけてみても
てくるのはたのしかったおもばかりで..

ただぼくはずっとあいしてた。
それだけ、ただそれだけだったけどぼくにはそれしかなかったんだ。
そしていまわらずあいしてる。

いつかほしのキレイな夜空よぞら2人並ふたりならんでおねがいしたよね
あのときのおねがいはもうわすれちゃったけれど、
この瞬間ときがずっとつづけばいいとおもったことだけはおぼえてるよ。
今思いまおもえばそれもおねがいすればかったね。

でも、神様かみさまなんていない。
きみほしになったときそうちかったんだ。
ぼくには神様かみさまなんてらない。そこにきみが、きみさえてくれれば。

きみのいないこのまち今日きょう相変あいかわらずバタバタせわしなく、
まるで何事なにごともなかったかのようれてく。
足早あしばやぎてゆく年月ねんげつと、そっとうつりゆく季節きせつなかで、
ふと夜空よぞら見上みあげるたびあのおもうよ。

そしてぼくはそっとねがうんだ。ほしになったきみねがいを。
「もう大丈夫だいじょうぶ一人ひとりてるから」と。だってぼくひとりじゃないからね。

そうさぼくきみぶんきてく。
きみぼくなかでずっときてくんだ。
だからまたあのころようにずっとそばてておくれ。

Whenウェン Iアイ wishウィッシュ uponアポン youユー, きみねがいを。

君に願いを/MIYAVIへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:君に願いを 歌手:MIYAVI