1. 歌詞検索UtaTen
  2. GOING UNDER GROUND
  3. 南十字歌詞
よみ:みなみじゅうじ

「南十字」の歌詞

GOING UNDER GROUND
2006.6.28 リリース
作詞
河野丈洋
作曲
河野丈洋
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ながたび記憶きおく
真夜中まよなかしていた時計とけいを もとにもどしてゆく
ゆめれに沿って
あたたかなうみそうとしてる
だれこたえない未来みらいを ずっとひとりで
かぜのようにいでった 無我夢中むがむちゅう

何度なんどちかづけることを それだけをおもって そら
未来みらいへのことをひろげたら かぞえきれない

あさやみをこらしてえがいていた図形ずけい
むねがしてゆく
なみおとって
もうどこにも きみがいないようながする

かがやきだけが をすっとひらいて
ゆめのようにっていた南十字みなみじゅうじ目指めざした

いまてることをたよりにしておいて ボートをいだ
未来みらいへのことひろげたら かぞえきれない

つめたくなったぼくのおなじくらいのつめたさで
いま 気配けはいして頭上ずじょう幽霊ゆうれいくも
まれわった雨粒あまつぶよ すべてを

わすれないこえむねにひとつって
どこにでもきみをえがくようにすす

何度なんどちかづけることを それだけをおもって そら
未来みらいへのことをひろげたら かぞえきれない

いまてるこの世界せかいして いにくんだ
未来みらいへのことひろげたら かぞえきれない

南十字/GOING UNDER GROUNDへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:南十字 歌手:GOING UNDER GROUND