1. 歌詞検索UtaTen
  2. ビアンコネロ
  3. 蹉跌フィクション歌詞
よみ:さてつふぃくしょん

「蹉跌フィクション」の歌詞

ビアンコネロ
2006.7.19 リリース
作詞
古賀たかし , 稲田裕之
作曲
古賀たかし
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ゆっくりとながれていたはずの時間じかん
いつのにやら表情ひょうじょうえて
何度なんどでも見送みおくってきたはずの奇跡きせき
もう二度にどれないがした

ちいさなころなら自在じざいあやつ
あらゆるそらていた
うるんだひとみ見上みあげたくも
たまにならせてくれた

あそぶこともわすれて
まぶしい君達きみたちていた
ぼくさき何処どこ

ゆっくりとながれていたはずの時間じかん
いつのにやら表情ひょうじょうえて
何度なんどでもこるとしんじていた奇跡きせき
もう二度にどえないがした

うしろめたい気持きもちで
あつめていたしあわせを
ひたすらにそそいだささやかなゆめ
後戻あともどりできぬ恐怖きょうふつつんでいた

ゆっくりとながれていたはずの時間じかん
心配しんぱいそうにぼくていた
いまやらなきゃこのさきにもみちいんだ・・・
いんだ

蹉跌フィクション/ビアンコネロへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:蹉跌フィクション 歌手:ビアンコネロ