1. 歌詞検索UtaTen
  2. つじあやの
  3. 黄金の月歌詞
よみ:おうごんのつき

「黄金の月」の歌詞

つじあやの
2004.5.19 リリース
作詞
スガシカオ
作曲
スガシカオ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ぼくの情熱じょうねついま
ながしたはずのなみだよりつめたくなってしまった
どんなひとよりも上手うま
自分じぶんのことをいつわれるちからってしまった

大事だいじ言葉ことば何度なんどおうとして
いきはムネの途中とちゅうでつかえた
どんな言葉ことばきみつたえればいい
こえはいつも途中とちゅう途切とぎれた

らないあいだにぼくらは
真夏まなつ午後ごごとおやみ背負せおってしまった
その薄明うすあかかりのなか
手探てさぐりだけでなにもかも上手うまくやろうとしてきた

きみねがいとぼくのウソをわせて
6月ろくがつよる 永遠えいえんちかうキスをしよう
そして夜空よぞら黄金おうごんつきえがこう
ぼくに出来できるだけのひかりをあつめて
ひかりをあつめて…

ぼくの未来みらいひかりなどなくても
だれかがぼくのことをどこかでわらっていても
きみ明日あしたがみにくくゆがんでも
ぼくらが二度にど純粋じゅんすいれられなくても

夜空よぞらひか黄金おうごんつきなどなくても

黄金の月/つじあやのへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:黄金の月 歌手:つじあやの