1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 春だったね歌詞

1990.9.15 リリース

「春だったね」の歌詞 吉田拓郎

iTunesで購入
曲名
春だったね
アルバム
Forever Young Concert in つま恋 2006 (Live)
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ぼくわすれたころ
きみわすれられない
そんなぼく手紙てがみがつく

くもりガラスのまどをたたいて
きみ時計とけいをとめてみたい
あゝぼく時計とけいはあのときときのまま
かぜきあげられたほこりのなか
二人ふたりこええてしまった
あゝ あれははるだったね

ぼくおもになるころ
きみおもにできない
そんなぼく手紙てがみがつく

かぜれるタンポポをそえて
きみなみだをふいてあげたい
あゝぼくなみだはあのときのまま
ひろ河原かわら土手どてうえ
ふりかえりながらはしった
あゝ あれははるだったね

ぼくわすれたころ
きみわすれられない
そんなぼく手紙てがみがつく

くもりガラスのまどをたたいて
きみ時計とけいをとめてみたい
あゝぼく時計とけいはあのときのまま
かぜきあげられたほこりのなか
二人ふたりこええてしまった
あゝ あれははるだったんだね

はるだったね/よしだたくろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:春だったね 歌手:吉田拓郎

リンクコード:

ブログ用リンク:

吉田拓郎 人気歌詞ランキング

吉田拓郎の歌詞一覧を見る

吉田拓郎のニュース