1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松尾太陽
  3. 掌歌詞
よみ:てのひら

「掌」の歌詞

松尾太陽
2020.8.27 リリース
作詞
松尾太陽
作曲
松尾太陽,山口寛雄
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
夜行やこうバスのまどから いつもている景色けしき
孤独こどく午前ごぜん3 月明つきあかりがほおらしてく

ねむれないよるごして だれにも上手うまえなくて
大人おとなになんてなれないな
1人ひとりかくれているよる明日あしたばしてる

えそうなゆめとどかないひかり
ぼくにはきっとまだ 早過はやすぎたのかな...
あふれだしたおもい ギュッとはなさないよう
むねおく、しまっておくよ
大丈夫だいじょうぶだから...」背伸せのびしたこえ
ぼやけた未来みらいあざやかにらす
真実ほんとう自分じぶんつけ
ぼく都会ここきてく

ふゆかぜえた目線めせんたかくかざして
空色そらいろげた指先ゆびさき決意けついめる

けがれない時代ときごして 限界げんかいつくりたくなくて
自分じぶん居場所いばしょさがしてた
だけどもうかえらずに 明日あしたとびらけよう

大丈夫だいじょうぶだから...」背伸せのびした日々ひび
過去むかし自分じぶんえてみせる
だれのためじゃないゆめあきらめないで
太陽たいよう味方みかただから
大人おとなになったって 過去かこわすれないで
ぼくだけがえが未来みらい青空あおぞら
真実ほんとう自分じぶんかた
ぼく都会ここ

えそうなゆめとどかないひかり
あのにかざした てのひらわすれない
あふれだしたおもい ギュッとはなさないよう
むねおく、しまってるから
大丈夫だいじょうぶだから!」つよがりのこえ
ぼやけた未来みらいあざやかにしめ
だれなやみだってえる
ぼくうたつづける
ぼく都会ここきてく

掌/松尾太陽へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:掌 歌手:松尾太陽