1. 歌詞検索UtaTen
  2. カトキット
  3. 神様のはからい歌詞

2017.6.21 リリース

「神様のはからい」の歌詞 カトキット

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
くびまわらなくなった扇風機せんぷうき
ホコリがひといたマグカップ
すこしだけのつもりが目覚めざめたら
そらにはよるはじめていて

まどそとだけが淡々たんたんただしくとききざんでいる
きてること無視むしするように
ピクリともしない あたしとこの部屋へや

あとすこしの頑張がんばりで きみしあわせにできたなぁ
あせばんだ背中せなかゆかにつけ だらしなくわっていくなつ

ってるだけでもらえたおかね 後輩こうはい手前てまえおごるラーメン
気持きもくなるためろされた あの可愛かわい清潔せいけつ下着したぎ

あらゆることを理解りかいするたび わせの言葉ことばっていく
それでも うたわなくちゃいけないのは
絶望ぜつぼうの「ぼう」と あたしはってる

プラネタリウムなんてただの 偽物にせもの星空ほしぞら
このとうとさをったような になっていた あのおさな日々ひびですら
時間じかんどおりに 一秒いちびょう 一分いっぷん そのとおりに
いのちけずって きていたなんて まるでまったまぼろしみたいだ

強制的きょうせいてきよるおとず
ねつうしなったかぜいた
それはほとんどやさしさのように
きみわらったかおのように
あまえをうあたしにひとつ
された希望きぼうのように

かみさまのはからい/かときっと

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:神様のはからい 歌手:カトキット

リンクコード:

ブログ用リンク:

カトキット 人気歌詞ランキング

カトキットの歌詞一覧を見る