1. 歌詞検索UtaTen
  2. 海蔵亮太
  3. ぬくもりを残して歌詞

2019.1.23 リリース

「ぬくもりを残して」の歌詞 海蔵亮太

作詞
西田美津希
作曲
西田美津希
iTunesで購入
曲名
ぬくもりを残して
アルバム
Communication
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
はじめて
きみなみだおもすよ
まるで時間じかんまったみたい
ぼくらせなかった

まぶしいときは
またたとおぎて
すべてをったつもりでいた
やさしいうそにもづかず

秋風あきかぜ街路樹がいろじゅ
オレンジいろめてく
つないだねがめた
ふたりをりに

いつか また
運命うんめいいとをたどってもう一度いちど
いまはそっときしめて
ここにのこるぬくもりを

ねむれないよる
むねおくはなしかけるよ
それはあてのない手紙てがみのように
とどくはずもないけれど

たしかなものなんて
ひとつもない世界せかい
きみまもりたい」つよくなれた
さきおしえてくれた

花束はなたばむねにかかえ
ただ無邪気むじゃきわらって
いていったかなしみは
ぼくけよう

いつか また
ながたびえるころにもう一度いちど
いまはひとあるいてゆく
きみのいないこのみち

出逢であえたことに意味いみがあるなら
さよならもまたおなじだろうか
ねえ きみはしあわせでしたか
なさけないほど、あいしていたよ

秋風あきかぜ街路樹がいろじゅ
オレンジいろめてく
つないだねがめた
ふたりをりに

いまはそっときしめて
ここにのこるぬくもりを

ぬくもりをのこして/かいぞうりょうた

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ぬくもりを残して 歌手:海蔵亮太

リンクコード:

ブログ用リンク:

海蔵亮太 人気歌詞ランキング

海蔵亮太の歌詞一覧を見る

海蔵亮太の特集

海蔵亮太のニュース

海蔵亮太のニュースを全て見る